第77回
方言だとは気づかなかった「はぐる」

 本当は方言なのに話し手が共通語だと思い込んで使っていることばを、方言研究者は「気づかない方言」と呼んでいる。筆者は千葉県の出身であるが、東京に近い土地で生まれ育ったため、自分が使っていることばは共通語だと長い間思い込んでいた。
 ところがあるとき新宿出身の知人に、「それ、方言じゃないですか」と言われすっかり自信を無くしてしまった。それが「~はぐる」という言い方である。
 共通語の「~はぐる」は「~しそこなう」の意味で、「食べはぐる」「見はぐる」は、食べたり見たりする機会を失うの意味になる。
 ところが、筆者が「遅刻しはぐった」とか「死にはぐった」とか言うと、それは遅刻しそうになる、死にそうになるという、「あやうく~しそうになる」という意味なのである。
 筆者の方言を指摘した知人は筑波大学の出身で、大学のある茨城の人がやたら「はぐる」を使うのでかなり違和感をもったらしい。この「~しそうになる」の意味の「~はぐる」は茨城だけでなく栃木県にも分布しているそうだ。
 思い当たるのは筆者の両親の親が、それぞれ父方か母方の一方が茨城の出身者だったことだ。文字通り気づかないうちに受け継がれてきたらしい。
 編集部ではこのような「気づかない方言」を、編集部の「Web日本語」というホームページで毎月紹介している。ひとつは東京女子大学篠崎晃一教授の連載コラム『共通語な方言』、もうひとつは篠崎教授とそのゼミ生による『女子大生でも気づかない方言』である。
 後者は方言ネタの4コマ漫画の吹き出しを実際に方言ネイティブの女子大生の声で聞くことができる。アクセスしていただけると幸いである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る