『古事類苑』は、明治・大正年間に編纂されたわが国最大の百科史料事典です。
1879年(明治12)に文部省大書記官・西村茂樹が類書編集を建議し、小中村清矩らによって編集が開始されました。その後、紆余曲折を経て、1895年(明治28)に神宮司庁が編集を継続、実に35年の歳月を費やし、1914年(大正3)に完成しました。
歴代の制度・文物・社会百般の事項を30部門に分類し、各事項についてその起源・内容・変遷を、平安時代初期の「六国史」から江戸時代終焉の1867年(慶応3)までの基本的な文献から、当該箇所を原文のまま採取して列挙したものです。
その全貌は、巻数1,000巻となり、分装和装本では351冊、洋装本では51冊(総目録・索引含む)となりました。総頁数は洋装本にして6万7,000ページ余、五十音索引の見出語は6万4,246項目、総目録の見出語は4万354項目におよぶものとなりました。
現在においても、様々な分野の研究者にとって、江戸時代以前の日本文化を知る上での重要な史料集成と言えるでしょう。

コンテンツ情報

底本名 古事類苑
データ提供 国際日本文化研究センター「古事類苑ページ検索システム」
書籍版刊行日 明治29年11月~大正3年3月
書籍価格
JK公開日 2012年9月24日
項目数 五十音索引見出語:64,246項目
総目録見出語:40,354項目
文字数
検索について 本棚あります
更新頻度
(2015年3月現在)
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
科学
記事・コラム
叢書
JKBooks