1.初版の経緯

日本図書館学会は、『学術用語集 図書館情報学編』の刊行後に、この用語集に収録された用語を解説する『図書館情報学用語辞典』を編集、刊行することを計画し、1995 年10 月に「図書館情報学用語辞典編集委員会」を組織した。出版社は、『学術用語集』と同じく丸善株式会社とした。

『日本図書館学会会報』(No. 79 1995 年12 月発行)に「『図書館情報学用語辞典』の項目執筆の公募について」を「収録用語一覧」(1,593項目)とともに掲載した。応募のあった項目について応募者に執筆を依頼し、応募のなかった項目については、学会員の中から執筆者を選定し、執筆を依頼した。

1996 年から1997 年にかけて編集作業を行い、1997 年9 月に『図書館情報学用語辞典』(初版)を刊行した。(初版の編集過程の詳細は、初版の前文に掲載)


2.第2版の経緯

日本図書館情報学会(1998 年10 月に「日本図書館学会」から改称)は、『図書館情報学用語辞典』の改訂のために2000 年6 月に「図書館情報学用語辞典編集委員会」を組織した。改訂方針は、(1)初版の方針を継承し、印刷版で、なるべく多くの項目を収録した「辞典」とする、(2)新しく収録する項目については、初版と同じく執筆者を公募する、(3)2002 年秋の刊行を目指す、などとした。

『日本図書館情報学会会報』(No. 98 2000 年7 月発行)に「図書館情報学用語辞典の改訂にあたってのお願い」を掲載し、会員に初版への意見や収録希望項目を求め、『同会報』(No. 99 2001 年1 月発行)に「『図書館情報学用語辞典 第二版』の項目執筆の公募について」を「収録用語一覧」(201語)とともに掲載した。応募のあった項目について応募者に執筆を依頼し、応募のなかった項目については、学会員の中から執筆者を選定し、執筆を依頼した。

2001年から2002 年にかけて編集作業を行い、2002 年8 月に『図書館情報学用語辞典』(第2版)を刊行した。(第2版の編集過程の詳細は、第2版の前文に掲載)


3.第3版の経緯

日本図書館情報学会は、『図書館情報学用語辞典』の改訂のために2005 年9 月に「図書館情報学用語辞典編集委員会」を組織した。改訂方針は、(1)初版、第2版の方針を継承し、印刷版で、第2版の規模に準じた「辞典」とする、(2)新しく収録する項目については、初版、第2版と同じく執筆者を公募する、(3)2007 年秋の刊行を目指す、(4)編集委員会のメーリングリストを運用して委員会の会合を減らす、(5)執筆者との連絡、原稿の送付は原則として電子メールで行う、とした。

『日本図書館情報学会会報』(No. 119 2005 年12 月発行)に「図書館情報学用語辞典の改訂にあたってのお願い」を掲載し、会員に第2版についての意見や新規収録項目の提案を求め、『同会報』(No. 120 2006 年4 月発行)に「『図書館情報学用語辞典 第3版』の項目執筆の公募について」を「用語辞典 執筆公募項目」(68語)とともに掲載した。応募のあった項目について応募者に執筆を依頼し、応募のなかった項目については、学会員の中から執筆者を選定し、執筆を依頼した。

2006 年から2007 年にかけて編集作業を行い、2007 年10 月に『図書館情報学用語辞典』(第3版)を刊行した。(第3版の編集過程の詳細は、第3版の前文に掲載)


4.第4版の経緯

日本図書館情報学会は、『図書館情報学用語辞典』の改訂のために2011 年7 月に「図書館情報学用語辞典編集委員会」を組織した。

第1 回編集委員会(2011 年7 月11 日)において、(1)初版、第2版、第3版の方針を継承し、印刷版で、第3版の規模に準じた「辞典」とする、(2)新しく収録する項目については、初版、第2版、第3版と同じく執筆者を公募する、(3)2013 年の刊行を目指す、(4)編集委員会のメーリングリストを運用して委員会の会合を減らす、(5)執筆者との連絡、原稿の送付は原則として電子メールで行う、などの方針を定めた。

『日本図書館情報学会会報』(No. 143 2011 年9 月発行)に「『図書館情報学用語辞典』改訂にあたってのお願い」を掲載し、会員に第3版についての意見や新規収録項目の提案を求めた。

第2 回編集委員会(2011 年11 月25 日)では、会員および編集委員より提案のあった新規収録項目候補、編集委員による第3版見直し作業による削除項目候補を点検し、第4版への収録項目を検討した。

『日本図書館情報学会会報』(No. 144 2012 年2 月発行)に「『図書館情報学用語辞典 第4版』の項目執筆の公募について」を「用語辞典 執筆公募項目」(47語)とともに掲載した。応募の締切は2012 年3 月31 日とした。

執筆応募締切りの時点で、36名から、47項目中44項目(94%)について応募があった。応募のなかった項目については、項目の分野を勘案して執筆依頼候補者を選出し、編集委員より執筆の打診を行った。並行して、第3版編集時に使用した「『図書館情報学用語辞典』執筆の手引き」を改訂した。

4 月2 日に執筆依頼を発送し、締切を7 月31 日とした。この間に編集委員が分担して第3版刊行以後の変化を反映させるために第3版掲載の全項目の見直し、修正作業を行った。

原稿提出締切りの時点で入手できなかった項目については督促を行い、執筆依頼項目すべての原稿を調達することができた。

2013 年の8 月まで、原稿の修正、調整等の編集作業を行い、その後校正作業を経て刊行にいたった。

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
科学
記事・コラム
叢書
JKBooks