1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. >
  10. 名古屋城
日本大百科全書(ニッポニカ)
名古屋城
なごやじょう

戦国期~江戸期の城。名古屋市中区本丸(ほんまる)にあり、天守閣の鯱鉾(しゃちほこ)が青銅の鋳物に薄い金板を張っていることから金鯱(きんこ)城ともいう。城は名古屋台地の北西隅、台地が北方の低湿地へ突き出た丘陵の突端を利用して築かれた平城(ひらじろ)である。名古屋は古くは那古屋と書かれ、戦国期の城は那古屋城である。位置は江戸期名古屋城の二の丸一帯とされている。戦国期那古屋城を築いたのは駿河(するが)の戦国大名今川氏親(うじちか)で、大永(たいえい)年間(1521~28)に末子氏豊(うじとよ)を置いたのが初めといわれる。氏豊は織田信秀(のぶひで)に城を奪われ、信秀は生後まもない吉法師(きちぼうし)(信長)をこの城に置いていたが、1555年(弘治1)信長が城を清洲(きよす)(西春日井(かすがい)郡)に移すとともに廃城となった。のち1607年(慶長12)徳川家康の9子義直(よしなお)が清洲城に入ったが、清洲城が城地狭く、また水害のおそれがあったことから新たに城を築くことになり、選ばれたのが戦国期那古屋城の場所であった。1610年家康は豊臣(とよとみ)恩顧の大名20人に名古屋城の手伝い普請(ふしん)を命じた。城は西と北の二面に高い石垣を築いて堀を巡らし、東と南には深い空堀を設け、内側に高い土塁を築き、入口に桝(ます)形をつくり楼門が設けられている。本丸、二の丸、三の丸、西の丸、御深井丸に分かれ、本丸にはさらに深い空堀を巡らせている。天守閣は1612年にできあがったが、二の丸御殿までを含めての完成ということになると、大坂冬の陣・夏の陣を挟んで1620年(元和6)ころまで大掛りな工事が進められたことになる。名古屋城がこのように豪壮なのは、家康の子の居城であるというだけでなく、大坂方への備えとして築かれたことを示している。尾張(おわり)徳川家は61万石余を領し、徳川御三家の一つとして義直から16代義宜(よしのり)まで続いて明治維新に至った。
 本丸西北の天守台に築かれた天守閣は五層五重、穴蔵一重で、小堀政一(まさかず)を作事奉行(さくじぶぎょう)、中井正清(まさきよ)を大工棟梁(だいくとうりょう)とし、さらに大工頭に岡部又右衛門(またえもん)、天守台石垣は加藤清正(きよまさ)という当代一流の築城家の手になるものであった。この大天守と小天守の連結式天守閣は、内部の144面に及ぶ障壁画とともに1945年(昭和20)の空襲によって焼失してしまった。焼失を免れたのは西南隅櫓(すみやぐら)、東南隅櫓、西北隅櫓(清須櫓)、表二の門、東鉄(くろがね)門、西鉄門のみである。
 現在の天守閣は1959年(昭和34)鉄筋コンクリートにより復原されたものである。
名古屋城[百科マルチメディア]
徳川家康の命によって築かれた平城(ひらじろ)。天守閣上の金の鯱鉾(しゃちほこ)は有名で、別名を金鯱城(きんこじょう)という。1610年(慶長15)から築城が開始され、天守閣は1612年に完成した。古来から「尾張(おわり)名古屋は城でもつ」とうたわれた名古屋市の象徴である。天守閣は1945年(昭和20)の空襲によって焼失、1959年に復原された。国指定特別史跡 愛知県名古屋市 (C)一般社団法人愛知県観光協会

[小和田哲男]


名古屋城と同じカテゴリの記事
大坂城跡(日本歴史地名大系)
日本歴史地名大系/平凡社/[現]東区大阪城。東区の北東の一角にある城跡で、本丸と二ノ丸のほぼ全域七三万平方メートルが国の特別史跡。城跡にもと玉造定番屋敷・同与力同心屋敷の一部を加えた約一〇三万平方メートルが大阪城公園となっている。
伏見城跡(日本歴史地名大系)
伏見山(桃山丘陵)に豊臣秀吉によって築かれた城。関ヶ原の合戦に伴う東軍と西軍の攻防戦で被害を受けた後、徳川家康の手で大規模な修築復興がなされたが、元和九年(一六二三)廃城になった。
井伊谷城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷の盆地北側、標高一一四メートルの城(しろ)山の山頂とその南東方向の麓にあった居館。井伊(いい)城ともいい、井伊氏の居城。なお史料上、南北朝期にみえる井伊城は三岳(みたけ)城をさす。
三岳城跡(日本歴史地名大系)
[現]引佐町三岳・川名。三岳山の山頂部にある山城跡。標高四六六・八メートルの山頂を中心として東西約七〇〇メートルにわたる尾根上に築かれていた。国指定史跡。井伊氏の本城で、平時の居館であった井伊谷(いいのや)の井伊谷城に対し、詰の城として利用され、当城と井伊谷城は同一視されていた。御嵩城・三嶽城・深嶽城あるいは井伊城
(日本大百科全書(ニッポニカ))
塁、堀、柵など外敵の侵入を防ぐために設けられた軍事的構築物のことをいい、さらにそれによって防衛された地域もいう。城郭という語も城と同義に用いられる。しかし火器の発達した近代に構築された軍事的防衛施設は城とよばず要塞とよばれる。最初は自然の地形を利用して防衛のためにのみ築城したが
城と同じカテゴリの記事をもっと見る


「名古屋城」は寺・神社・城に関連のある記事です。
その他の寺・神社・城に関連する記事
井伊谷宮(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷 神宮寺川右岸に位置し、南に龍潭寺がある。祭神は後醍醐天皇皇子の宗良親王。旧官幣中社。明治元年(一八六八)明治新政府は神祇官を復活し山陵の修復などに着手した。これに対し、井伊谷を訪れた宗良親王の墓碑と親王の諡号冷湛寺殿の霊牌を守護してきた龍潭寺と
大坂城(日本大百科全書(ニッポニカ))
戦国期から江戸期の城。大阪市中央区大阪城にある。金城(錦城)ともいい、明治以後は大阪城と書かれる。南から北に延びた高さ20メートルほどの台地が淀川流域の低地に突き出た北端(上町台地)に位置し、大和川がその東を巡り、三面を水に囲まれた要害の地に築かれていた。
方広寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町奥山 地内の北部中央に位置する臨済宗方広寺派の本山。深奥山と号し、本尊は釈迦三尊。境内に半僧坊大権現を祀り、周辺に多くの塔頭がある。〔中世〕井伊氏一族の奥山朝藤(法名是栄)が後醍醐天皇の皇子である無文元選を招いて開山としたのが当寺の始まりである(無文選禅師行業・無文元選禅師行状)
名古屋城(日本大百科全書(ニッポニカ))
戦国期~江戸期の城。名古屋市中区本丸にあり、天守閣の鯱鉾が青銅の鋳物に薄い金板を張っていることから金鯱城ともいう。城は名古屋台地の北西隅、台地が北方の低湿地へ突き出た丘陵の突端を利用して築かれた平城である。名古屋は古くは那古屋と書かれ、戦国期の城は那古屋城である。
弘前城(国史大辞典)
青森県弘前市下白銀町に中心部のある城。築城当初は高岡城と呼ばれた。平城。津軽平野南部の盆地状地形の中の台地北端に位置する。慶長八年(一六〇三)に大浦(津軽)為信が起工し同十六年為信の子信枚の時に一応の完成を見た。為信はもと大浦城におり元亀二年(一五七一)ごろから津軽統一への歩みを開始したが
寺・神社・城に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る
名古屋城の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 307
検索コンテンツ
1. 名古屋城画像
日本大百科全書
利用して築かれた平城(ひらじろ)である。名古屋は古くは那古屋と書かれ、戦国期の城は那古屋城である。位置は江戸期名古屋城の二の丸一帯とされている。戦国期那古屋城を ...
2. 名古屋城[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
徳川家康の命によって築かれた平城(ひらじろ)。天守閣上の金の鯱鉾(しゃちほこ)は有名で、別名を金鯱城(きんこじょう)という。1610年(慶長15)から築城が開始 ...
3. 名古屋城
世界大百科事典
名古屋市中区に所在。1521年(大永1)今川氏豊が現名古屋城二の丸付近に城を築き,那古野(なごや)城と呼ばれ,その後,織田信秀・信長の居城となったが,信長が尾張 ...
4. なごや‐じょう【名古屋城】画像地図
デジタル大辞泉
名古屋市中区にある城。慶長15年(1610)徳川家康が築いた典型的な平城(ひらじろ)。同17年に完成した天守は加藤清正の造営で、大棟上の金の鯱(しゃちほこ)は有 ...
5. なごや‐じょう[:ジャウ]【名古屋城】
日本国語大辞典
愛知県名古屋市中区にある平城。徳川家康が西南諸大名に命じ慶長一四年(一六〇九)着工、同一九年完成。尾張徳川家の居城で天守閣は加藤清正が造営、金の鯱(しゃち)を飾 ...
6. なごやじょう【名古屋城】
国史大辞典
名古屋市・内藤昌編『旧国宝名古屋城本丸御殿資料調査報告書』、内藤昌編『名古屋城』(『日本名城集成』)、城戸久『名古屋城』(『東亜建築撰書』三)、名古屋市編『国宝 ...
7. なごやじょう【名古屋城】愛知県:名古屋市/中区
日本歴史地名大系
書)とあり、この時期には名古屋城はほぼ完成していたと推察されるが、元和元年(一六一五)二月一〇日、徳川義直は本丸に移り、同年四月、義直と紀州浅野幸長の女春姫と名 ...
8. 名古屋城
日本史年表
1610年〈慶長15 庚戌②〉 閏2・‐ 幕府、諸大名の普請役で 名古屋築城 に着手、市街地造成(9月、竣工)(実紀)。  ...
9. なごやじょうか【名古屋城下】愛知県:名古屋市
日本歴史地名大系
町奉行支配であったと思われる。〔城下〕城下の範囲については、あまり判然としない。名古屋城下図、例えば精密に描かれた小納戸役所旧蔵の尾州名古屋城下図によれば、町続 ...
10. なごやじょうてんしゅかくかいづか【名古屋城天守閣貝塚】愛知県:名古屋市/中区
日本歴史地名大系
[現]中区本丸 昭和三二年(一九五七)名古屋城天守閣の再建工事中に天守閣礎石下で貝層が発見され、名古屋台地の北西、標高一二メートル前後における縄文晩期貝塚の存在 ...
11. 名古屋城博
デジタル大辞泉プラス
愛知県で開催された博覧会。開催期間は1984年9月29日から11月25日。入場者数は約192万人。 2012年06月 ...
12. 名古屋城叢書[文献解題]愛知県
日本歴史地名大系
七冊 名古屋城振興協会刊 成立 昭和四一年 解説 名古屋城の歴史、そこに生活した人物、城を中心とする文書・記録などを資料として編集。 構成 (一)名古屋城 ...
13. 御城絵図(名古屋城郭絵図)[文献解題]愛知県
日本歴史地名大系
一枚四五九×五八一・三センチ 成立 元禄一〇年 原図蓬左文庫 解説 現存する名古屋城全図としては最古で最も大きい。京間の二分半を一間とするヘラ引と、一〇間ご ...
14. 御城図面(名古屋城二之丸御殿図)[文献解題]愛知県
日本歴史地名大系
間・表御舞台・御楽屋が描かれ、往時藩主が政務をつかさどった居城の全貌を知ることができる。複製名古屋城古絵図第八図  ...
15. 愛知(県)画像
日本大百科全書
熱田(あつた)面、大曾根(おおぞね)面、鳥居松(とりいまつ)面へと低くなり沖積低地へと続く。名古屋城下町は熱田面に、名古屋城は台地北端の崖(がけ)上に位置する。 ...
16. あいちぐん【愛知郡】
国史大辞典
し、のち郡内に古渡城・末盛城を築いて勢力を固めた。慶長十五年(一六一〇)徳川義直の居城として名古屋城が築城された。城下の人口は元禄五年(一六九二)六万三七〇〇余 ...
17. あいちぐん【愛知郡】愛知県
日本歴史地名大系
弟の義直が継ぎ尾張藩が成立した。同一五年名古屋築城が始まり、尾張の中心は清須から当郡に移ったが、完成した名古屋城下とその南に続く熱田の市街によって、村方は東西に ...
18. あいち戦国姫隊[新語流行語]
イミダス 2016
6人。名古屋市で人気を集める「名古屋おもてなし武将隊」の女性版という位置づけ。11年8月に「名古屋城宵まつり」で初お披露目され、12年3月まで県内各地の観光名所 ...
19. あおつかむら【青塚村】愛知県:津島市
日本歴史地名大系
[現]津島市青塚町 名古屋城下と津島村、さらに木曾川を渡って支藩高須城下(現岐阜県海津郡海津町)をつなぐ上街道(津島街道・高須街道)の南に沿っており、北は蜂須賀 ...
20. あかいけむら【赤池村】愛知県:愛知郡/日進町
日本歴史地名大系
尾張藩成立後は村の大部分がその重臣遠山氏の給知(一部は蔵入地)と代わり、鳴海代官所支配となった。村は名古屋城下の東南二里半に位置する。交通の要地で平針街道(駿河 ...
21. 不開門
日本大百科全書
がんぎょうじ)に入御の際、ひそかにこの門を出て以来閉め切られたため、不開門とよばれた。また、名古屋城本丸から御深井丸(おふけいまる)の東へ抜ける大奥間道の秘門の ...
22. あすかむら【飛鳥村】大阪府:羽曳野市地図
日本歴史地名大系
られる河内飛鳥寺の跡と推定され、昭和二年(一九二七)にこの地より巨大な塔心礎が出土した(現在名古屋城内にある)。寺山の麓にあった行基の開基と伝える飛鳥山常林寺は ...
23. 熱田
世界大百科事典
704)の調査で南北27町29間余,東西6町40間余。別に東脇,大瀬子,須賀の三ヵ浦がある。名古屋城下から南へ,新尾頭町(1664開発)で熱田に入り,熱田神宮の ...
24. あつたく【熱田区】愛知県:名古屋市
日本歴史地名大系
余で、ほかに東脇・大瀬子・須賀の三ヵ浦を含み、寛文四年(一六六四)開発の新尾頭町を北端として名古屋城下に接していた。伝馬町・神戸町など三五ヵ町からなり、戸口は熱 ...
25. あつたまえしんでん【熱田前新田】愛知県:名古屋市/港区
日本歴史地名大系
賞が与えられ、触により入植者を募った。文化二年(一八〇五)検地。地主として伊藤次郎左衛門など名古屋城下の豪商が入った。しかし完成後も、愛知郡熱田前新田御築立之訳 ...
26. 安土桃山時代
世界大百科事典
配し,石垣と堀で囲まれた城郭的な庭園建築である。築城は17世紀初頭(慶長10年代)からいっそう盛んになった。名古屋城,姫路城,彦根城,高田城などは,外壁が白く塗 ...
27. 安土桃山時代美術画像
世界大百科事典
9)では技術的・造形的にも格段の発達を示している。濠や石垣などの構成が特に優れている城郭には名古屋城(1612)などがあり,土塀,渡櫓の構成がよくわかるものには ...
28. 穴生
世界大百科事典
書く。現,大津市)に住んだ石工(いしく)。穴生衆ともいう。城の石垣を築く技術に優れ,安土城,名古屋城,駿府城,江戸城などの石垣造営に活躍した。《駒井日記》(15 ...
29. あまのさだかげ【天野信景】
国史大辞典
残翁・白華・問津亭・運甓斎・輟棹翁・凝寂堂・信阿と号した。寛文三年(一六六三)九月二十五日、名古屋城下南大津町に出生(『塩尻』)。父信幸は禄高四百五十石、町奉行 ...
30. いかだがわ【筏川】愛知県:海部郡
日本歴史地名大系
の新田を縫って伊勢湾岸に達する。寛永六年(一六二九)尾張藩領の木曾山檜材が、江戸城・駿府城・名古屋城などの幕府造営事業の給源と着目され、堀川筋に集材地が置かれ、 ...
31. いしおとし【石落し】
国史大辞典
天守の中には、目立たなくするために、それを二重目に設けて開口を初重軒裏にとったものもあり(松江城・名古屋城)、初重の床を全体的に石垣上端より張り出させ、有事の際 ...
32. いしこし【石川氏】画像
国史大辞典
に仕え慶長十五年(一六一〇)一万石余を領した。同十七年尾張の徳川義利(義直)に付けられ、のち名古屋城代。以後家老職を襲職。正章の時、石河と改む。明治に至り男爵。 ...
33. いしづぐん【石津郡】岐阜県:美濃国
日本歴史地名大系
された。養老山地の東側にあたる山崎地区ではミカンの栽培が行われ、養老山地からは石を産出した。名古屋城の築城には多くの石を出したという。〔近代〕明治五年の寺院明細 ...
34. いしぼとけむら【石仏村】愛知県:名古屋市/昭和区
日本歴史地名大系
改めて蔵入地として検地がなされた(徇行記)。村名は、石畑毛の転声(尾張国地名考)、観音堂内の石像(徇行記)、名古屋城築城の際の石工のいたところ(尾張志)などの諸 ...
35. いなばみちくに【稲葉通邦】画像
国史大辞典
研究を編集した『講令備考』が知られている。享和元年(一八〇一)四月二十五日五十八歳で没した。名古屋城南門前町、浄土宗徳林寺に葬る。 [参考文献]『名古屋市史』人 ...
36. いぬやまじょう【犬山城】愛知県:犬山市/犬山城下
日本歴史地名大系
[現]犬山市犬山 北古券 木曾川に北面する標高八〇メートルの丘陵にある。名古屋城より直線にして約二二キロの地点。別名白帝城。天守閣は国宝。文明元年(一四六九)五 ...
37. イルカ画像
日本大百科全書
鴟尾が本来の形に戻ったのは、織田信長が1576年(天正4)に築いた安土(あづち)城以後のことであり、それが名古屋城の金の鯱(しゃち)(金〓 ...
38. いわさきむら【岩崎村】愛知県:愛知郡/日進町
日本歴史地名大系
寛文一一年(一六七一)の家数一〇〇、人数七六八(寛文覚書)。「徇行記」に村の広さは東西一里一二町・南北一里余、名古屋城下から三里一〇町、概高八四五石余、田五四町 ...
39. いわさきやま【岩崎山】愛知県:小牧市/岩崎村
日本歴史地名大系
指呼の間に望むことができる。「徇行記」に「御天守御用又ハ建中寺御用ニ付石ヲキリ出セリ」とあり、名古屋城や建中寺(現名古屋市)を造る時、この山の石も切出された。頂 ...
40. うえまつしげおか【植松茂岳】
国史大辞典
通称は庄左衛門、松蔭・不言・不知と号した。寛政六年(一七九四)十二月十日、名古屋藩士小林常倫の次男として名古屋城下流川町で出生。十歳で父を失い貧しかったため、版 ...
41. うんが【運河】
国史大辞典
伏見では淀川筋の三十石船と連絡していた。名古屋の堀川運河は同十五年、名古屋城築城の際の材木運搬のため、熱田に近い大瀬子橋から北へ六十六町余、名古屋城前の朝日橋に ...
42. えちごつきぬけちょう【越後突抜町】京都市:中京区/本能学区地図
日本歴史地名大系
小堀氏は近江国出身で、小堀遠州政一(一五七九―一六四七)は、徳川家康・秀忠・家光に仕え、作事奉行として名古屋城天守・伏見城本丸・仙洞御所・二条城二丸の普請を担当 ...
43. 江戸時代美術画像
世界大百科事典
と,大坂城,名古屋城上洛殿,大徳寺,京都御所など幕府の用命に従って,上方,江戸の殿舎,寺院の障壁画制作に活躍するが,その過程で彼は,狩野永徳風の誇張された巨樹表 ...
44. エビザベス
デジタル大辞泉プラス
愛知県名古屋市で主に活動する地域キャラクター。2008年登場。名古屋城がモチーフの女の子。金のシャチホコのひとつはエビフライになっている。2010年の「名古屋開 ...
45. えんめいじ【延命寺】愛知県:津島市/津島村
日本歴史地名大系
[現]津島市今市場町 参道の入口は名古屋城下・熱田への道下街道に面しているが、境内は奥深くにあり、東側は弥生町の蓮慶寺に、西側は池麩町の宝泉寺に接している。大安 ...
46. おおうちやまむら【大内山村】三重県:度会郡/大内山村
日本歴史地名大系
れた。「大内山村誌」によれば、慶長(一五九六―一六一五)頃、熊野路の木材搬出があったようで、名古屋城築城に用いられたという。「野後旧記」(大宮町奥山家蔵)によれ ...
47. おおさか‐じょう【大坂城/大阪城】画像地図
デジタル大辞泉
大阪市中央区にある城。豊臣秀吉が石山本願寺跡に、天正11年(1583)から3年かけて築いた。名古屋城・熊本城とともに三名城の一。元和元年(1615)大坂夏の陣で ...
48. おおぞねむら【大曾根村】愛知県:名古屋市/東区
日本歴史地名大系
春日井郡の南端に位置し、東は矢田村と鍋屋上野村(現千種区・東区)、北は山田・下飯田(現北区)の両村、南は名古屋城下の東北部に隣接。木曾方面へ向かう交通および軍事 ...
49. おおもりむら【大森村】愛知県:名古屋市/守山区
日本歴史地名大系
大森村では馬継ぎが行われ宿駅のようであったが、貞享四年(一六八七)願いによって取止めとなった。名古屋城城門の門松は毎年一二月にこの村から献じる習わしであった(雑 ...
50. おかべまたえもんのじょうたくあと【岡部又右衛門尉宅跡】愛知県:名古屋市/熱田区/宮宿/中瀬町
日本歴史地名大系
。以言の孫宗光は京都大仏殿(方広寺)の造営(天正一四年)に当たり、慶長一四年(一六〇九)より名古屋城築城にも携わったという。天正一一年に織田信雄から中島郡赤池郷 ...
「名古屋城」の情報だけではなく、「名古屋城」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る