1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 風土記
  10. >
  11. 出雲国風土記
国史大辞典

出雲国風土記
いずものくにふどき
和銅六年(七一三)五月二日、元明天皇によって風土記撰進の詔が出され、諸国から奏進された解文の一つとされる。巻首の総記から巻末の署名まで完全に存する唯一の風土記。一巻。天平五年(七三三)二月三十日の年紀を帯び、勘造者は出雲国秋鹿郡の神宅臣金太理、責任者は出雲国造で意宇郡大領外正六位上勲十二等の出雲臣広嶋。昭和二十五年(一九五〇)藪田嘉一郎『出雲風土記剥偽』によって本書は延長三年(九二五)以後の偽撰とされたが、これが契機となって本書の研究が俄かに進み、同二十八年平泉澄監修『出雲国風土記の研究』によって偽撰説が否定された。ただし天平五年が和銅の詔から二十年もへだたっており、一方、『常陸国風土記』や『播磨国風土記』が和銅の詔よりおそらく数年を出でずして成立したと認められることなどから、本書を再撰とみる説もある。内容は出雲国の地勢、広さ、国名地名の由来をはじめ、行政上の区画、郷里の状況、各地の伝説、駅家の配置、社寺の列名、山野河海の形勢、道路橋梁の設備、港の収容力、動植物の分布、正倉の配置、郡家より各地への里程などを載せ、最後に道度、軍団・烽・戍の所在を記している。神話には八束水臣津野(やつかみずおみつの)命の国引きをはじめ天の下造らしし大神大穴持(おおなもち)命の所伝などに記紀と異なった特色がある。本書の古写本として管見に入ったのは約五十であるが、系統は四類に大別される。その一は細川本で、これは慶長二年(一五九七)十月十二日という奥書の明らかな最古写本である。その二は倉野本で、書写年代も細川本と前後し、系統も両者は祖本を共通にする従兄弟またはそれに類する並列関係と思われる。その三は岸崎時照の『出雲風土記鈔』に代表される系統、その四は『万葉緯』所収本の系統である。細川本・倉野本・日御碕神社本・万葉緯本の影印が『出雲国風土記諸本集』と題して刊行されている。刊本として千家俊信『訂正出雲風土記』をはじめ『続群書類従』雑部、『出雲国風土記の研究』『日本古典文学大系』二、『日本古典全書』『神道大系』古典編七、『日本古典文学全集』五所収本などがある。
[参考文献]
内山真竜『出雲風土記解』、後藤蔵四郎『出雲国風土記考証』、加藤義成『出雲国風土記参究』、水野祐『出雲国風土記論攷』、田中卓『出雲国風土記の研究』(『田中卓著作集』八)、秋本吉郎『風土記』解説(『日本古典文学大系』二)、植垣節也『風土記』解説(『日本古典文学全集』五)、荻原千鶴『出雲国風土記』解説(『講談社学術文庫』)、『群書解題』二一
(田中 卓)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
出雲国風土記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 846
検索コンテンツ
1. 『出雲国風土記』
日本史年表
733年〈天平5 癸酉③〉 2・30 『出雲国風土記』 成る(巻末署名)。  ...
2. 出雲国風土記
日本大百科全書
地誌。1巻。現存する五風土記のうち唯一の完本。733年(天平5)2月成立。出雲国9郡の地理、産物、伝説、神話などを郡ごとに記す。編集部 ...
3. 出雲国風土記
世界大百科事典
→風土記 ...
4. いずものくにふどき【出雲国風土記】
デジタル大辞泉
奈良時代の地誌。1巻。出雲臣広島編。和銅6年(713)の詔により撰進された風土記の一つで、天平5年(733)成立。出雲地方の地勢・地名・物産・伝説などを記す。現 ...
5. いずものくにふどき【出雲国風土記】
全文全訳古語辞典
[書名]⇒いづものくにふどき(出雲国風土記)  ...
6. いずものくにふどき【出雲国風土記】
国史大辞典
[参考文献]内山真竜『出雲風土記解』、後藤蔵四郎『出雲国風土記考証』、加藤義成『出雲国風土記参究』、水野祐『出雲国風土記論攷』、田中卓『出雲国風土記の研究』(『 ...
7. いづものくにふどき【出雲国風土記】
全文全訳古語辞典
[作品名]和銅六年(七一三)の詔によって作られた風土記の一つ。一巻。天平五年(七三三)成立。出雲国九郡の地理・産物を記し、出雲系神話も多く収められている。現存す ...
8. 出雲国風土記(風土記)
日本古典文学全集
風土記とは、土地の名前の由来や、その土地に伝わる伝承、神々や天皇のエピソード、特産品など、その国の状況や成り立ちがわかるような報告をするよう中央政府が地方に命じ ...
9. 出雲国風土記[文献解題]島根県
日本歴史地名大系
一冊 別称 出雲風土記 成立 天平五年二月三〇日勘造 写本 島根大学附属図書館(出雲国風土記鈔本)・細川護貞(細川家本)・上賀茂神社三手文庫(万葉緯本)・ ...
10. いずものくにのふどき[いづものくにのフドキ]【出雲国風土記】
日本国語大辞典
〓いずもふどき(出雲風土記) ...
11. 出雲国風土記鈔[文献解題]島根県
日本歴史地名大系
行ったかは定かでないが、伝写本としても優れた史料といえる。諸所に写本・伝書本があり、「出雲国風土記諺解鈔」「出雲国風土記俗解鈔」という書名で伝わったものもあるが ...
12. あいかぐん【秋鹿郡】
国史大辞典
西は楯縫郡に接し、南は宍道湖、北は日本海に面していた。『和名類聚抄』に「安伊加」と註している。『出雲国風土記』は当郡を恵曇(えとも)・多太(ただ)・大野・伊農( ...
13. あいかぐん【秋鹿郡】島根県:出雲国
日本歴史地名大系
部に「安伊加」、同書名博本は「穐鹿」と記してアイカとする。アキカとする説もある。〔古代〕「出雲国風土記」の郡名伝承に、郡家の北に秋鹿日女命が座していたのがその名 ...
14. あいかむら【秋鹿村】島根県:松江市/旧秋鹿郡地区
日本歴史地名大系
北は日本海に臨む島根半島を縦断する村。日本海側に六坊浦(現在の秋鹿北港)があり、海上に鼻繰島がある。同島は「出雲国風土記」の秋鹿郡白島に比定され、「紫苔菜生へり ...
15. あいごう【阿位郷】島根県:出雲国/仁多郡
日本歴史地名大系
「和名抄」所載の郷。諸本とも訓を欠くが、アイであろう。「出雲国風土記」に記載がなく、仁多郡四郷の一つ三沢郷のうちであったとされ、阿位村とみえる。古老の伝えによれ ...
16. あいみぐん【会見郡】鳥取県:伯耆国
日本歴史地名大系
北西へ突き出し美保湾と中海を分ける弓浜半島部からなる。〔古代〕天平五年(七三三)二月三〇日完成の「出雲国風土記」には「伯耆の国郡内の夜見の嶋」と記される。「夜見 ...
17. あいみちょう【会見町】鳥取県:西伯郡
日本歴史地名大系
西部が同郡天万郷(同書)の郷域であったと推定される。北部を山陰道が横断していたと思われ、「出雲国風土記」にみえる「手間〓」の所在を ...
18. あかつかむら【赤塚村】島根県:簸川郡/大社町
日本歴史地名大系
るが、同一四年に同村から分離した杵築西村の一部となる。山辺神社は赤人さんとも通称される。「出雲国風土記」の出雲郡山辺社に比定され、「雲陽誌」に山部赤人の霊を祀る ...
19. あかなとうげ【赤名峠】島根県:飯石郡/赤来町/上赤名村
日本歴史地名大系
赤来町と広島県双三郡布野村の境にある峠で、標高六三〇メートル。古来出雲国と備後国を結ぶ交通の要衝で、「出雲国風土記」飯石郡条には「三次郡の堺なる三坂に通ふは、八 ...
20. あがりはらむら【上里原村】広島県:比婆郡/高野町
日本歴史地名大系
「荒鹿山」とし、「今上里原村の内に赤の谷といへるあり、或は荒鹿の転称にてもあるべきか」と記す。「出雲国風土記」の飯石郡の条に「備後の国恵宗の郡の堺なる荒鹿の坂に ...
21. あぐじんじゃ【阿吾神社】島根県:簸川郡/斐川町/上阿宮村
日本歴史地名大系
[現]斐川町阿宮 上阿宮の南、畑谷川の東方城平山の南西麓に位置し、通称お子守様とよばれる。「出雲国風土記」の出雲郡阿具社、「延喜式」神名帳の阿吾神社、「雲陽誌」 ...
22. あごごう【阿吾郷】島根県:簸川郡/斐川町
日本歴史地名大系
月一八日御遷宮、祖父国造兼宗申寄外遥勘・河午郷」とみえるが、これは阿午郷の誤記であろう。「出雲国風土記」や「延喜式」神名帳にみえる阿具社・阿吾神社のあった古代の ...
23. あさくみごう【朝酌郷】島根県:出雲国/島根郡
日本歴史地名大系
「和名抄」所載の郷。諸本とも訓を欠くが、アサクミであろう。「出雲国風土記」によれば島根郡八郷の一つで、郡家の南一〇里余に郷長の家があり、地名は熊野大神命が朝夕の ...
24. あさくみむら【朝酌村】島根県:松江市/旧島根郡地区
日本歴史地名大系
大橋川左岸に位置し、北に和久羅山がある。西は西尾村、大橋川対岸は意宇郡矢田村。和久羅山は「出雲国風土記」にみえる島根郡の女岳山に比定され、「郡家の正南二百三十歩 ...
25. あさやまごう【朝山郷】島根県:出雲国/神門郡
日本歴史地名大系
「和名抄」所載の郷。諸本とも訓を欠くが、アサヤマであろう。「出雲国風土記」によれば、神門郡八郷の一つで、郡家の南東五里余に郷長の家があり、地名は所造天下大神大穴 ...
26. あさやまじんじゃ【朝山神社】島根県:出雲市/上朝山村
日本歴史地名大系
[現]出雲市朝山町 朝山町西端の山腹にあり、主祭神は真玉著玉之邑日女命。旧県社。「出雲国風土記」の浅山社、「延喜式」神名帳の朝山神社である。風土記の伝承はこの地 ...
27. あじすきたかひこね‐の‐かみ[あぢすきたかひこね:]【味耜高彦根神】
日本国語大辞典
大国主命の子。母は田霧姫命(たぎりひめのみこと)で、古事記、日本書紀、出雲国風土記などにみえる。奈良県御所市の高鴨神社の祭神。迦毛大御神(かものおおみかみ)。高 ...
28. あずきじんじゃ【阿須伎神社】島根県:簸川郡/大社町/遥堪村
日本歴史地名大系
宝治二年(一二四八)頃に作成されたと推定される杵築大社并神郷図(千家家蔵)でもこれを確認できる。「出雲国風土記」の出雲郡阿受伎社、「延喜式」神名帳にみえる同郡「 ...
29. あせりぐん【汗入郡】鳥取県:伯耆国
日本歴史地名大系
汗入郡の郡家もこの付近に置かれたと推定する説もある。汗入郡の伝馬は五疋と定められていた(同書)。「出雲国風土記」に「大神嶽」とみえる大山は奈良時代に山岳修行の聖 ...
30. あだかえむら【出雲郷村】島根県:八束郡/東出雲町
日本歴史地名大系
の鳥居から東に続く町家のなかに御茶屋がいちだんと大きな構えで描かれている。阿太加夜神社は「出雲国風土記」に載る意宇郡の阿太加夜社とされる。「雲陽大数録」には出雲 ...
31. あなみむら【穴見村】島根県:飯石郡/掛合町
日本歴史地名大系
この地域に跳梁する鷲尾猛の住む洞窟(穴)を見たという故事による(「出雲神社巡拝記」県立図書館蔵)。穴見社は「出雲国風土記」に記される。寛文四年(一六六四)には高 ...
32. あのぐん【安濃郡】
国史大辞典
南東部に三瓶山がそびえ、郡内は山地が多いが、静間川の流域および海岸に小平地がある。郡名は『出雲国風土記』および『文徳実録』嘉祥三年(八五〇)条には「安農」とある ...
33. あのぐん【安濃郡】 : 安濃郡/(二)
国史大辞典
南東部に三瓶山がそびえ、郡内は山地が多いが、静間川の流域および海岸に小平地がある。郡名は『出雲国風土記』および『文徳実録』嘉祥三年(八五〇)条には「安農」とある ...
34. あのぐん【安濃郡】島根県:石見国
日本歴史地名大系
郡、南は邑智郡、西は邇摩郡、北は日本海に接し、ほぼ現在の大田市中・東部にあたる。〔古代〕「出雲国風土記」神門郡条に「石見国の安農郡の堺なる多伎々山に通ふは、三十 ...
35. あまくだりしんわ【天降神話】
国史大辞典
この神話の古い形を伝えている地方伝承である。そうした天降神話の原像的なものは他にも類例が多く、『出雲国風土記』の飯梨郷(いいなしのさと)条に大国魂命が天降ったと ...
36. あまてらすおおみかみ【天照大神】
国史大辞典
その民族の神についていえることであり、地方的にも『常陸国風土記』では鹿島の神が大神であり、『出雲国風土記』では大国主神が大神である。また大和の三輪の神もその土地 ...
37. あまりべのさと【余戸里】島根県:出雲国/島根郡
日本歴史地名大系
「和名抄」に記載がないが、「出雲国風土記」では島根郡八郷以外に余戸里とみえる。のちの「和名抄」記載の多久郷である可能性が高い。 ...
38. あまりべのさと【余戸里】島根県:出雲国/意宇郡
日本歴史地名大系
「和名抄」に記載はない。「出雲国風土記」によれば、意宇郡一一郷のほかに余戸里がみえ、郡家の東六里余に位置した。神亀四年(七二七)編戸(戸籍の編成)により設けられ ...
39. あまりべのさと【余戸里】島根県:出雲国/楯縫郡
日本歴史地名大系
「和名抄」に記載されない。「出雲国風土記」に楯縫郡四郷と別に余戸里とみえる。現平田市の北西部、十六島半島を含む一帯か。 ...
40. あようごう【阿用郷】島根県:出雲国/大原郡
日本歴史地名大系
「和名抄」所載の郷。諸本とも訓を欠くが、アヨウであろう。「出雲国風土記」によれば大原郡八郷の一つで、郡家の南東一三里余に郷長の家があり、地名はかつて当地に山田を ...
41. あらわいじんじゃ【阿羅波比神社】島根県:松江市/松江城下/外中原町
日本歴史地名大系
旧県社。「出雲国風土記」の島根郡阿羅波比社に比定される。もと西方の洗合山(荒隈山)に鎮座していたが、永禄六年(一五六三)毛利元就が洗合城を築いたため現在地に遷座 ...
42. あわしまむら【粟島村】鳥取県:米子市
日本歴史地名大系
実った粟の茎にはじかれて常世の国へ渡ったという伝説をもつ標高約三八メートルの孤島であった。「出雲国風土記」意宇郡条にも北の入海(中海および現在の島根県宍道湖)に ...
43. あわだにむら【粟谷村】島根県:飯石郡/三刀屋町
日本歴史地名大系
紙漉一軒がある。寺院は法華宗高徳寺(現日蓮宗)のほか辻堂六軒がある。神社は吉備津大明神(現粟谷神社で、「出雲国風土記」の粟谷社)と正八幡(現不明)がある。城主不 ...
44. あんだむら【案田村】島根県:飯石郡/三刀屋町
日本歴史地名大系
三刀屋川の支流古城川左岸の段丘沿いに集落が点在し、東は給下村、南は古城川を隔てて尾崎村。「出雲国風土記」所載の飯石郡田中社(現田中神社)がある。後背の通称じゃ山 ...
45. いいしぐん【飯石郡】
国史大辞典
三刀屋川と神戸川の流域に小平地があるにすぎない。郡名は『和名類聚抄』に「伊比之」と註している。『出雲国風土記』によると、郡内には熊谷(くまたに)・三屋(みとや) ...
46. いいしぐん【飯石郡】島根県
日本歴史地名大系
山陽を結ぶ交通の大動脈となっている。「和名抄」東急本国郡部は「伊比之」と訓じる。〔古代〕「出雲国風土記」の飯石郡飯石郷に「本の字は伊鼻志」とあり、同郷内に祭神伊 ...
47. いいしごう【飯石郷】島根県:出雲国/飯石郡
日本歴史地名大系
「和名抄」所載の郷。諸本とも訓を欠くが、郡名に従いイイシとする。「出雲国風土記」によれば飯石郡七郷の一つで、郡家の東一二里に郷長の家があり、地名は伊 ...
48. いいしじんじゃ【飯石神社】島根県:飯石郡/三刀屋町/多久和村
日本歴史地名大系
配祀神として誉田別命・足仲津彦命・息長足姫命を祀る。旧県社。「出雲国風土記」に飯石社、「延喜式」神名帳に飯石神社とみえる古社である。「出雲国風土記」によると、飯 ...
49. いいなしがわ【飯梨川】島根県:能義郡
日本歴史地名大系
ル高い。川幅は河口付近で約二四〇メートル、水位は最大三・八メートル。「出雲国風土記」意宇郡条に飯梨川とあり、「出雲国風土記鈔」は「今の富田川なり」としている。風 ...
50. いいなしごう【飯梨郷】島根県:出雲国/能義郡
日本歴史地名大系
「和名抄」には記載がない。「出雲国風土記」によれば、意宇郡一一郷のうちで郡家の南東三二里に郷長の家がある。地名はかつて飯成で、大国魂命が当地で食事をとったことに ...
「出雲国風土記」の情報だけではなく、「出雲国風土記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

出雲国風土記と同じ風土記カテゴリの記事
風土記(改訂新版・世界大百科事典)
奈良の地に壮大な都城(平城京)が造営され,大化改新後の地方制度も整備された元明天皇時代に,諸国の国司・郡司を総動員して作成させた郷土誌的文書をいう。中国の制度文物の移植に熱心な時代だから,中国で多く作られた地誌類に範をとったものであろうが,とくに南北中国を統一した隋代に《諸郡物産土俗記》
常陸国風土記(国史大辞典)
和銅六年(七一三)五月の詔制に応じて撰進されたとみられる常陸国の地誌。巻頭に「常陸国司解 申古老相伝旧聞事」とあって、常陸国司から「解」の形式で提出された文書であることが知られる。はじめに常陸国全般にかかる総括的な記事が置かれ、ついで新治・筑波・信太・茨城・行方
出雲国風土記(国史大辞典)
和銅六年(七一三)五月二日、元明天皇によって風土記撰進の詔が出され、諸国から奏進された解文の一つとされる。巻首の総記から巻末の署名まで完全に存する唯一の風土記。一巻。天平五年(七三三)二月三十日の年紀を帯び、勘造者は出雲国秋鹿郡の神宅臣金太理、責任者は出雲国造で
風土記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「出雲国風土記」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
愚管抄(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉時代初期に成った日本の通史。慈円(慈鎮)作。七巻。『本朝書籍目録』に六巻とあるのはあるいは第一・二巻を合わせた表現か。また『愚管抄』第二巻記述中に、山門のことを記した「一帖」があるとみえるのは、別に現存する、延暦寺勧学講の記録断簡にあたると思われる
承久記(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
承久の乱に関する軍記物語。一名、『承久兵乱記』。異本が多く、同名異書もある。すべて作者・成立年代未詳。古くは、『公定公記』応安七年(一三七四)四月二十一日条に「承久物語三帖」、『蔗軒日録』文明十七年(一四八五)二月七日条に
閑居友(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
随想的性格の強い中世の仏教説話集。二巻。古く慈円の著といわれてきたが、書中に著者が入宋したと述べているのを手がかりとして、契沖は慶政が著者であろうと推測した。決定的資料を欠くが内部徴証や各種情況証拠からみて、慶政著作説は動かないと思われる。成立は跋文相当箇所に
海道記(国史大辞典・日本大百科全書)
鎌倉時代の京都・鎌倉間の紀行。一冊。『鴨長明海道記』と題した本もあり、源光行・如願法師を著者とする説もあるけれど、いずれも年齢的に合わないので誤り。著者は不明であるが本書の序の部分に、白河のわたり中山の麓に閑居幽棲する侘士で齢は五旬、遁世して頭陀を事としている者とある
建礼門院右京大夫集(日本国語大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉初期の私家集。二巻。建礼門院右京大夫の歌を収める。自撰。貞永元年(一二三二)頃の成立。承安四年(一一七四)からの歌約三六〇首をほぼ年代順に収めたもの。建礼門院への宮仕え、平資盛との恋愛、平家没落、大原の建礼門院訪問、後鳥羽院への再仕など
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る