1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. >
  8. 雑誌
  9. >
  10. 科学雑誌
改訂新版・世界大百科事典
科学雑誌
かがくざっし

狭義には,科学研究成果の主たる発表メディアであって,ふつう活字印刷された定期刊行物で,学会などの刊行母体をもち,学会員によって投稿を購読されるもの(scientific periodicalまたはscientific journal)。広義には,科学記事を中心とする商業雑誌scientific magazineを含む。

 印刷が普及する以前の写本時代には,学問研究発表は主としてアリストテレスの著述のような古典の写本への注釈の形で行われていた。印刷術の到来とともに,古典の部分には学界に共通の版が成立するので,もはや写す必要がなくなり,注釈が独立して論文となった。また実験の報告のような近代科学的研究には古典が存在しない。このような論文や報告は一つ一つが独立した短いものであるが,それをためて一定の大きさの自著パンフレットとして出版するまでには時間がかかる。そこで,速報性を重んじるために,多くの人から論文や報告を集めて,定期的に刊行するようにしたものが学術雑誌である。こうして17世紀の科学革命期に科学雑誌があらわれ,近代科学普及のメディアになった。その最初で後の科学雑誌のモデルになったものが,ローヤル・ソサエティの機関誌である《フィロソフィカル・トランザクションズPhilosophical Transactions》(1665年より刊行)である。

 写本時代から印刷時代にうつると,研究発表の公共的意味が変わってくる。研究が写本で伝えられているあいだは,著作権を主張することは事実上困難で,偽書や剽窃(ひようせつ)が日常茶飯事として行われていたし,どの写本をもって標準的なものと決めるということができなかった。ところが印刷時代に入ると同一のものが数百部以上刷られ,公共性を獲得し,著作権が確立する。手書き原稿やその写本の段階ではまだ私的情報にすぎなかったものが,印刷されると万人に認められる公共的知識としての地位を獲得する。写本メディアによる前近代科学が秘伝性を帯びたのに対し,印刷メディアによる近代科学は普遍性,客観性を特性とするが,その転換を可能にした場が科学雑誌であった。

 私的情報を公共的知識に転ずる際に,学会が介入して審査委員会を設定し,原稿を回覧して,質が水準に達し,未発表の新しい知識であることを確認すれば,雑誌に載せる。そして著者の業績として科学界の共通財産である知識体系に加えられる。研究の重複や剽窃を防ぐために,アブストラクトや文献目録などの二次文献の出版も18世紀後半から多くなる。またそのころから科学の専門化が進むにつれて,医学をはじめとして専門別の科学雑誌が創刊され,19世紀になると,一般科学誌は学会の最前線のメディアとしての任務に耐えられなくなり,専門誌の機能とは別に科学界の連絡と啓蒙という性格をもってこのころから再編される。そのうちでも,《ネイチャーNature》(イギリス,1869創刊)や《サイエンスScience》などが学術的側面を維持しつづけたのに対して,1845年にアメリカで創刊された《サイエンティフィック・アメリカンScientific American》誌は純粋な啓蒙の立場をとり,現在に至る大衆向け科学雑誌の原型をつくった。

日本の科学雑誌

日本最初の科学雑誌は1931年刊行の《科学》であるが,これは先の《ネイチャー》をモデルにしたもので(初代編集主任石原純),学術雑誌的色彩の強いものであった。その後,より啓蒙色の強い《科学朝日》(1941),《自然》(1946)などが創刊され,第2次大戦後の科学論壇の舞台となった。80年代に入ると,コンピューター,生物工学などの技術革新の波にのって《ニュートン》をはじめ数多くの科学雑誌が刊行され,一種の科学雑誌ブームを巻き起こしたが,90年代に入ると,その多くが休刊ないし廃刊に追い込まれた。
[中山 茂]

[索引語]
scientific periodical scientific journal scientific magazine フィロソフィカル・トランザクションズ Philosophical Transactions Nature サイエンティフィック・アメリカン Scientific American 科学 ネイチャー 自然(雑誌)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

科学雑誌と同じ雑誌カテゴリの記事
暮しの手帖(改訂新版・世界大百科事典)
花森安治(1911-78)が設立した衣裳研究所,のち暮しの手帖社から刊行されている隔月刊の婦人家庭雑誌。1948年9月《美しい暮しの手帖》という誌名で創刊。54年3月から《暮しの手帖》と改称されたが,〈暮しの変革を理念よりも日常生活の実践を通して〉行おうとする編集方針は当初より一貫している
日本の雑誌 2(国史大辞典)
明治10年代のジャーナリズム 成島柳北主宰の雑誌『花月新誌』についで、明治10年には投書雑誌『頴才新誌』や、週刊の滑稽風刺雑誌『於東京絵団々珍聞(おどけえまるまるちんぶん)』が創刊され人気を呼んだ。『頴才新誌』はたちまち50万の読者をもった。
日本の雑誌 1(国史大辞典)
日本の雑誌 草創期の雑誌 日本最初の新聞・雑誌といわれる『官板バタビヤ新聞』と『ジャパン=パンチ』が現われたのは、ともに文久2年(1862)のことだった。前者は半紙半折1葉を1号分とした小冊子で、江戸幕府の蕃書調所が海外の情報を伝えるために木活字で印刷発行したものだ。
明六雑誌(改訂新版・世界大百科事典)
明六社の機関誌。1873年7月に設立された明六社の月2回の例会における講演内容の公表を目的として,74年3月創刊された。月2回ないし3回刊。半紙半截二つ折りの体裁に片仮名交りの漢文で,哲学,宗教(キリスト教採用論),教育,社会一般(男女同権論や死刑廃止論など)
科学雑誌(改訂新版・世界大百科事典)
狭義には,科学研究成果の主たる発表メディアであって,ふつう活字印刷された定期刊行物で,学会などの刊行母体をもち,学会員によって投稿を購読されるもの(scientific periodicalまたはscientific journal)。広義には,科学記事を中心とする商業雑誌scientific magazineを含む。


「科学雑誌」は出版に関連のある記事です。
その他の出版に関連する記事
雑誌(改訂新版・世界大百科事典)
定の間隔をおき長期にわたって刊行を続ける出版物。新聞や印刷通信物などとあわせて定期刊行物periodical,または図書館などにおいては逐次刊行物などと呼ばれることもあるが,新聞などにくらべると1号ごとの内容的なまとまりが強く,発行間隔がより長いことに耐えうるような編集,印刷,造本
科学雑誌(改訂新版・世界大百科事典)
狭義には,科学研究成果の主たる発表メディアであって,ふつう活字印刷された定期刊行物で,学会などの刊行母体をもち,学会員によって投稿を購読されるもの(scientific periodicalまたはscientific journal)。広義には,科学記事を中心とする商業雑誌scientific magazineを含む。
明六雑誌(改訂新版・世界大百科事典)
明六社の機関誌。1873年7月に設立された明六社の月2回の例会における講演内容の公表を目的として,74年3月創刊された。月2回ないし3回刊。半紙半截二つ折りの体裁に片仮名交りの漢文で,哲学,宗教(キリスト教採用論),教育,社会一般(男女同権論や死刑廃止論など)
日本の雑誌 1(国史大辞典)
日本の雑誌 草創期の雑誌 日本最初の新聞・雑誌といわれる『官板バタビヤ新聞』と『ジャパン=パンチ』が現われたのは、ともに文久2年(1862)のことだった。前者は半紙半折1葉を1号分とした小冊子で、江戸幕府の蕃書調所が海外の情報を伝えるために木活字で印刷発行したものだ。
日本の雑誌 2(国史大辞典)
明治10年代のジャーナリズム 成島柳北主宰の雑誌『花月新誌』についで、明治10年には投書雑誌『頴才新誌』や、週刊の滑稽風刺雑誌『於東京絵団々珍聞(おどけえまるまるちんぶん)』が創刊され人気を呼んだ。『頴才新誌』はたちまち50万の読者をもった。
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
科学雑誌の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 85
検索コンテンツ
1. 科学雑誌
世界大百科事典
American》誌は純粋な啓蒙の立場をとり,現在に至る大衆向け科学雑誌の原型をつくった。 日本の科学雑誌 日本最初の科学雑誌は1931年刊行の《科学》であるが ...
2. STAP細胞論文騒動[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
通すといった簡単な刺激で新しい万能細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞、STAP細胞)を生み出したとして科学雑誌『ネイチャー』に2編の論文を発表した。当初、センセーシ ...
3. 愛書趣味 30ページ
文庫クセジュ
特別な表題をつけ、一頁から頁数を記し直した抜刷は、何と考えればよいか。抜刷を最初に使用したのは科学雑誌である。だから論文執筆者は自由に業績を若干部数だけ印刷させ ...
4. 暗号画像
世界大百科事典
どの国語についても,その国語固有の使用度数特徴を有しており,また同一の国語でも,新聞記事,軍用電文,科学雑誌というように範囲を限定すると,各文字はそれぞれ固有の ...
5. イグ・ノーベル賞(2013年)[イミダス編 科学]
イミダス 2016
ノーベル賞のパロディーで、人々を笑わせ、考えさせてくれた研究に贈られる賞。1991年に創設され、アメリカの科学雑誌「Annals of Improbable R ...
6. イグ・ノーベル賞(2015年)[イミダス編 科学]
イミダス 2016
人々を笑わせ、考えさせる研究に対して贈られる賞。1991年に創設され、アメリカの科学雑誌「Annals of Improbable Research」などが主 ...
7. イグ・ノーベル賞(2014年)[イミダス編 科学]
イミダス 2016
人々を笑わせ、考えさせてくれた研究に贈られる賞。1991年に創設され、アメリカの科学雑誌「Annals of Improbable Research」などが主 ...
8. イスラムとヨーロッパ 前嶋信次著作選2 311ページ
東洋文庫
日刊紙六、ユーモア紙三、画報五、幼年向雑誌十一、女性向雑誌二、宗教雑誌六、専門的新聞九、軍事新聞五、科学雑誌八のにぎやかさであった。 小アジア地方ではスミルナ( ...
9. 井上大佑[カラオケで「イグ・ノーベル賞」を受賞]
イミダス 2016
昭和天皇、ガンジーや毛沢東らとともに選ばれている。「イグ・ノーベル賞」はハーバード大学系のパロディ科学雑誌“The Annal of Improbable Re ...
10. イノベーション・ユニオン・スコアボード(イノベーション連合指標)[イミダス編 経済・産業]
イミダス 2016
名称が改められた。スコアボードは国際的な特許出願件数、企業の研究開発投資、博士号取得者、国際的な科学雑誌引用論文件数、国際大学ランキングなど、技術革新実現のため ...
11. 宇宙生物学への招待 73ページ
文庫クセジュ
3 解決が隕石上に?  一九九六年八月十六日、国際的な科学雑誌『サイエンス』は、NASAのジョンソンセンターのダヴィッド・S・マッケイと八人の科学者たちの記事を ...
12. エイズ研究の歴史 21ページ
文庫クセジュ
うに社会的、経済的改革が必要であった。  それが正しいかどうかは措くとしても、最も人望のある科学雑誌と考えられている『ネイチャー』のなかに、エイズウイルスの起源 ...
13. エイズ研究の歴史 36ページ
文庫クセジュ
 国際的な定期刊行の科学雑誌『ザ・ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』一九八一年十二月十日号の巻頭の幾つかの記事すべてが、後天性免疫不全によると考 ...
14. エイズ研究の歴史 90ページ
文庫クセジュ
モンタニエのことが一ページ全体にわたって述べられていた。  LAVの発見のことは、同じようにすぐにイギリスの科学雑誌にも書かれた。一九八三年六月二日号の『ネイチ ...
15. エイズ研究の歴史 173ページ
文庫クセジュ
の再転換」と呼んだ〔原注〕。  専門的な科学雑誌のなかに毎年何千もの記事(資料のメッドラインによると、一九九〇年には綿密に調べられた三〇〇〇の科学雑誌のなかに八 ...
16. 旺文社(株)
日本大百科全書
読みやすく」提供しようとして発刊した旺文社文庫は、若い読者層を中心に普及した。82年4月には「見る」科学雑誌『OMNI(オムニ)』を創刊した(89年休刊)。 一&nbsnbsp;...
17. おかの-かおるこ【岡野薫子】
日本人名大辞典
1929− 昭和後期-平成時代の児童文学作家。昭和4年2月28日生まれ。はじめ科学雑誌の編集,科学映画の脚本執筆などを手がける。昭和39年「銀色ラッコのなみだ」 ...
18. キャッテル(James Mckeen Cattell)
日本大百科全書
対したため職を退き、心理学の応用を企業化する団体をつくったり、心理学の専門誌やそのほか数種の科学雑誌を発行したりしてアメリカの科学界に貢献した。宇津木保 ...
19. 巨大科学
日本大百科全書
Martin Weinberg(1915―2006)であると考えられている。彼は1961年の科学雑誌『サイエンス』Science誌上で「大規模科学の合衆国への衝 ...
20. 栗林慧
日本大百科全書
同年から翌年にかけて沖縄の島々をめぐり、さまざまな昆虫の生態を現地撮影する。1972年より10年間にわたって科学雑誌『自然』の表紙写真を担当。1974年電磁力で ...
21. クレーデ
日本大百科全書
婦学校長、1856年ライプツィヒ大学産科学教授兼助産婦学校長として招かれた。長く産科学、婦人科学雑誌の編集者でもあった。その名前を冠して今日も行われているものに ...
22. 小松崎茂[SFイラストや冒険絵物語は戦後少年の宝物]
イミダス 2016
東京生まれ。高等小学校卒業後、16歳で日本画家の堀田秀叢に入門。その後、挿し絵画家に転身。戦中、少年科学雑誌にSF的な兵器イラストを描いて脚光を浴びる。戦後、「 ...
23. サイエンス
日本大百科全書
版の発行部数は約13万部、推定読者は100万人、オンライン版の読者は月360万人に及び、総合科学雑誌最大の読者を抱えているとされている。論文の影響力を示す指標で ...
24. サイエンス【Science】[書名]
デジタル大辞泉
アメリカのAAAS(米国科学振興協会)が発行する科学雑誌。1880年創刊で、英国の「ネイチャー」とともに権威を認められている。ベルやアインシュタイン、ハッブルら ...
25. サイエンス[カタカナ語]
イミダス 2016
[Science]アメリカの学術科学雑誌.1880年にジャーナリストのジョン・マイケルズが創刊し,1944年以降はアメリカ科学振興協会(AAAS)が出版. 2 ...
26. サイエンス・コミュニケーション[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
Understanding of Science)の取り組みを進めた。具体的には、科学博物館の整備・活性化、科学雑誌の創刊、サイエンス・コミュニケーターの養成な ...
27. 細胞ファイバー[イミダス編 科学]
イミダス 2016
東京大学生産技術研究所の竹内昌治准教授や尾上弘晃助教らの研究グループが開発し、2013年3月にイギリスの科学雑誌「NATURE MATERIALS(ネイチャー・ ...
28. 雑誌
日本大百科全書
り、雑誌出版にも潮目がみられることになる。多くの著名なアメリカの経済雑誌、ファッション雑誌、科学雑誌、ニュース雑誌の日本語版の発行である。『ナショナル・ジオグラ ...
29. シェクリー
日本大百科全書
70年代から80年代にかけては『ドラモクレス』(1983)など3冊のSFを発表。その後、創作からは遠ざかり、科学雑誌『オムニ』のSF部門の編集顧問を務めて新人の ...
30. シェクリー ロバート
世界文学大事典
は現代SF短編の模範といえる。1950年代にはSF専門誌「ギャラクシイ」を中心に活躍,のちに科学雑誌「オムニ」の小説部門編集に関与。代表的短編集として『人間の手 ...
31. 指紋画像
日本大百科全書
インド・ベンガル州の収税官ハーシェルW. Hershelがみいだした。両者は、それぞれイギリスの科学雑誌『ネイチャー』Natureに、その研究結果を発表(前者は ...
32. 指紋画像
世界大百科事典
に役立つこと,また指紋が親子ではよく似ていることなどを発見した。彼はこの内容をイギリス本国の科学雑誌《Nature》に投稿し,それは80年の10月28日号に掲載 ...
33. 心理学の歴史 71ページ
文庫クセジュ
の彼の偉大な素質、つまり実践家としての彼のダイナミズムに向けられよう。すなわち彼は、実験室、科学雑誌、また商業的組織「心理学協会」などを創設したが、この組織は、 ...
34. 十二支考 1 327ページ
東洋文庫
多方面にわたる分野で研究する機会を与えられた。そのきっかけとなったのは、イギリスへ着いた翌年、週刊科学雑誌『ネーチャー(zoε8)』に「極東の星座」という南方の ...
35. 人工細菌
日本大百科全書
マイコプラズマと同じタンパク質をつくりだし、細胞分裂して自己増殖を繰り返した。この実験結果はアメリカの科学雑誌『サイエンス』Scienceに掲載された。 既存の ...
36. 人工リンパ節[イミダス編 科学]
イミダス 2016
つくる研究が進んでいる。理化学研究所はマウスを使った実験で、その新たな成果を上げ、アメリカの科学雑誌「The Journal of Clinical Inves ...
37. 数学パズル画像
日本大百科全書
1=44÷44  2=4÷4+4÷4  3=(4+4+4)÷4のようにつくっていく。1881年に科学雑誌『ノレッジ』に載ったのが初めであるという。これはその後拡 ...
38. 世界最大デジタル映像アーカイブ INA(イナ) 62ページ
文庫クセジュ
〕。最も古いものは一九一二年の「映画技術」である。  ―― 九〇〇タイトル以上の定期刊行物。科学雑誌だけでなく、メディアや視聴覚関連の雑誌があり、そのなかには番 ...
39. セリーヌ ルイ=フェルディナン
世界文学大事典
除隊後,農園開発会社に入社してアフリカのカメルーン奥地に赴任したが,風土病にかかって帰国。一時大衆科学雑誌の仕事をした後,医学を学んで30歳のとき学位を取得。国 ...
40. ゼロ細胞[イミダス編 科学]
イミダス 2016
東北大学大学院の虫明元(むしあけはじめ)教授らの研究チームが発見し、研究成果が2015年5月22日にイギリスの科学雑誌「サイエンティフィック・リポーツ」オンライ ...
41. 竹内均[科学教育に尽力した物理学者、死去]
イミダス 2016
タケウチ・ヒトシ。地球物理学者。 4月20日、科学雑誌「ニュートン」編集長で東京大学名誉教授の竹内均さんが、心不全のため死去。83歳。 1920年、福井県生ま ...
42. たけうち-ひとし【竹内均】
日本人名大辞典
昭和後期-平成時代の地球物理学者,科学評論家。大正9年7月2日生まれ。昭和38年東大教授となる。57年科学雑誌「Newton」を創刊し,編集長。地球潮汐や地球振 ...
43. 地域科学
世界大百科事典
Associationを創立,ヨーロッパ諸国や日本などにその支部を設置するために奔走し,地域科学雑誌および協会論文集とプロシーディングスの刊行を始めた。次いで5 ...
44. 東洋学芸雑誌
世界大百科事典
る。杉浦重剛と千頭(ちかみ)清臣が井上哲次郎や磯野徳三郎らの協力のもとに,その範をイギリスの科学雑誌《Nature》にとり,啓蒙を旨として編集された。初期には文 ...
45. ニコルソン(William Nicholson)
日本大百科全書
―1809)らの新しい化学書を精力的に翻訳し、また「ニコルソンズ・ジャーナル」として知られる科学雑誌Journal of Natural Philosophy, ...
46. 日本その日その日 1 156ページ
東洋文庫
覚束ない光で勉強した後の日本人が、特によろこぶ賛沢なのである。生田氏〔?〕はやりかけの仕事、即ち『月刊通俗科学雑誌』に出ている「古代人の世界観」の翻訳を持ち込ん ...
47. 日本その日その日 2 10ページ
東洋文庫
これは大切な発見だとされている。私 は一般的な記事を『月刊通俗科学雑誌』へ書き、次 にもつと注意深い報告書をつくり上げることにしょ うo  *その後『月刊通俗科 ...
48. ネイチャー【Nature】[書名]
デジタル大辞泉
英国の科学雑誌。1869年創刊で、米国の「サイエンス」とともに科学界に権威を認められている。レントゲンによるX線の発見、ワトソンとクリックによるDNAの構造解明 ...
49. ネイチャー[カタカナ語]
イミダス 2016
(1)[nature]自然.天然.天性.本性.性質.ネーチャーともいう (2)[N-]イギリスの総合科学雑誌.1869年に天文学者のノーマン・ロッキャーが創刊 ...
50. ネイチャー/サイエンス[科学技術と現代社会]
イミダス 2016
キャー(Norman Lockyer)が1869年に創刊した総合科学雑誌である。当時イギリスでは技術の発展が著しく、総合科学雑誌がいくつか創刊されていたが、『ネ ...
「科学雑誌」の情報だけではなく、「科学雑誌」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る