1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. >
  8. 世界的な賞
  9. >
  10. 日本国際賞
日本大百科全書(ニッポニカ)

日本国際賞
にほんこくさいしょう
Japan Prize

科学技術分野で独創的・飛躍的な成果をあげ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した人物に対し、国際科学技術財団が贈る日本の賞。「日本にもノーベル賞のような賞が必要だ」との構想を基に、1985年(昭和60)から授与が始まった。「物理・化学・工学」領域と「生命・農学・医学」領域があり、各領域について年ごとの授賞分野を選定・発表する。授賞分野の選定から3年かけて、内外から推薦された500~1000人を審査し、受賞者を選ぶ。ノーベル賞が基礎科学に重点を置くのに対し、日本国際賞は実用性を重視するという特徴がある。授賞対象者は生存者のみで、受賞者には賞状、メダルと分野ごとに賞金5000万円が贈られる。受賞式には天皇と皇后、内閣総理大臣、衆参両院議長、最高裁判所長官らが出席する。
 1981年、鈴木善幸政権の総理府総務長官中山太郎(1924― )が「戦後日本の復興は国内外の科学技術に負うところが大きく、国際社会への恩返しの意味で、日本にノーベル賞並みの世界的な賞の創設を」と提言し、この構想に賛同した松下電器産業(現、パナソニック)創業者の松下幸之助が私財を寄付して実現した。1982年に運営主体となる日本国際賞準備財団(現、国際科学技術財団)が発足し、1983年に閣議決定し、1985年に第1回受賞者を発表した。2013年(平成25)までに81人に日本国際賞を贈っており、このうち10人がノーベル賞を受賞している。ノーベル賞の登竜門としては、アメリカのラスカー賞Albert Lasker Basic Medical Research Awardやフランクリン・メダルBenjamin Franklin Medal、イスラエルのウルフ賞Wolf Prizeなどがあるが、日本国際賞はこれに準じた賞として知名度があがっている。なお日本には日本国際賞のほか、稲盛財団が運営する京都賞Kyoto Prizeがあり、先端技術、基礎科学、思想・芸術の3分野で授賞者を決定している。
[編集部]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
日本国際賞の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 28
検索コンテンツ
1. 日本国際賞
日本大百科全書
1982年に運営主体となる日本国際賞準備財団(現、国際科学技術財団)が発足し、1983年に閣議決定し、1985年に第1回受賞者を発表した。2013年(平成25) ...
2. にほん‐こくさいしょう【日本国際賞】
デジタル大辞泉
科学技術の分野で成果をあげた研究者に贈られる賞。松下幸之助からの寄付をもとに昭和58年(1983)創設、昭和60年(1985)に第1回授賞式が行われた。「物質、 ...
3. 日本国際賞(ジャパンプライズ)[イミダス編 科学]
イミダス 2016
授賞式典は4月に行われ、受賞者には賞状と賞牌及び賞金5000万円がそれぞれ贈られる。2010年の第26回日本国際賞は1月15日に、東北工業大学理事長の岩崎俊一博 ...
4. ありた-いさお【蟻田功】
日本人名大辞典
実現させた。60年国立熊本病院長,平成4年国際保健医療交流センター副理事長,のち理事長。昭和63年日本国際賞。熊本県出身。熊本医大卒。 ...
5. いしざか-きみしげ【石坂公成】
日本人名大辞典
レアギン型アレルギーの機序の研究で,49年学士院恩賜賞。同年文化勲章。平成9年学士院会員。12年日本国際賞。東京出身。東大卒。 ...
6. いとう-まさお【伊藤正男】
日本人名大辞典
日本学術会議会長などをつとめた。昭和61年学士院恩賜賞,平成元年学士院会員。6年文化功労者,8年文化勲章,日本国際賞。国際科学技術財団会長。愛知県出身。東大卒。 ...
7. いわさき-しゅんいち【岩崎俊一】
日本人名大辞典
昭和62年学士院賞,同年文化功労者。垂直磁気記録の父とよばれる。平成15年学士院会員。22年日本国際賞。25年文化勲章。福島県出身。東北大卒。 ...
8. 江崎玲於奈
日本大百科全書
トンネル現象の実験的発見」によりノーベル物理学賞、翌1974年には文化勲章、1998年には日本国際賞を受けた。1992年(平成4)から1998年まで筑波大学学長 ...
9. エルトゥル
日本大百科全書
2007年に「固体表面の化学反応過程の研究」によってノーベル化学賞を受賞した。1992年(平成4)に日本国際賞を受賞している。 金属の表面は、空気に触れていると ...
10. えんどう-あきら【遠藤章】
日本人名大辞典
へて,61年東京農工大教授。のちバイオファーム研究所所長。18年「スタチンの発見と開発」で日本国際賞。20年ラスカー臨床医学賞。23年文化功労者。秋田県出身。東 ...
11. 小川誠二[脳機能研究の生物物理学者、日本国際賞を受賞]
イミダス 2016
12月18日、MRI(磁気共鳴画像法)を用いて、脳の活動の画像化を実現した小川誠二さんが日本国際賞を受賞。 1934年、東京生まれ。東京大学工学部卒業。スタン ...
12. おがわ-せいじ【小川誠二】
日本人名大辞典
画像化する原理を発見した。11年朝日賞。14年帰国し浜野生命科学研究財団小川脳機能研究所所長。15年日本国際賞。東京出身。 ...
13. 化学増幅レジスト[エレクトロニクス]
イミダス 2016
グラント・ウイルソン、ジャン・フレシィエにより発明されたのが化学増幅レジストである。この技術は2013年の日本国際賞(国際科学技術財団主催)の対象になったが、伊 ...
14. きしもと-ただみつ【岸本忠三】
日本人名大辞典
ラフォード賞受賞。23年「インターロイキン6の発見から疾患治療への応用」で平野俊夫とともに日本国際賞。大阪出身。阪大卒。編著に「免疫学」など。 ...
15. グリュンベルク
日本大百科全書
抵抗の発見」によって、フェールとともにノーベル物理学賞を受賞した。2007年(平成19)に日本国際賞を受賞している。 電気を通す鉄などの金属は、磁石が近くにある ...
16. さがわ-まさと【佐川真人】
日本人名大辞典
15年本多記念賞。24年「世界最高性能Nd-Fe-B系永久磁石の開発と省エネルギーへの貢献」で日本国際賞を受賞。徳島県出身。神戸大卒。 ...
17. ジャパン‐プライズ【Japan Prize】
デジタル大辞泉
日本国際賞  ...
18. すぎむら-たかし【杉村隆】
日本人名大辞典
発がんの生化学的機構,発がん物質の研究で知られる。昭和51年学士院恩賜賞,53年文化勲章。平成9日本国際賞。東京出身。東大卒。 ...
19. たけいち-まさとし【竹市雅俊】
日本人名大辞典
総合研究センター長。16年文化功労者。17年細胞生物学分野でエルキ・ルースラーティとともに日本国際賞。愛知県出身。名大卒。 ...
20. デニス・リッチー[C言語とUNIXの開発で知られるコンピューター科学者、死去]
イミダス 2016
ともいわれるチューリング賞を受賞。2011年7月にもトンプソンとともに「情報・通信」分野で日本国際賞を受賞した。イミダス編2011.11  ...
21. ながお-まこと【長尾真】
日本人名大辞典
生体認証)などを開発した。16年情報通信研究機構初代理事長。17年情報・メディア技術分野で日本国際賞。19年国立国会図書館長。20年文化功労者。三重県出身。京大 ...
22. ひらの-としお【平野俊夫】
日本人名大辞典
フォード賞を受賞。23年「インターロイキン6の発見から疾患治療への応用」で岸本忠三とともに日本国際賞。大阪出身。阪大卒。 ...
23. フェール
日本大百科全書
発見」によって、グリュンベルクとともにノーベル物理学賞を受賞した。2007年(平成19)に日本国際賞を受賞している。 電気を通す鉄などの金属は、磁石が近くにある ...
24. ふじしま-あきら【藤嶋昭】
日本人名大辞典
藤嶋効果」を発見。昭和58年朝日賞。平成16年「環境改善に貢献」したとして本多健一とともに日本国際賞にえらばれた。同年「半導体光触媒反応の研究」で学士院賞。22 ...
25. ブノワ・マンデルブロー[「フラクタル幾何学の父」死去]
イミダス 2016
fractal)と名づけ、その普遍的な性質を解明。93年にはウルフ賞物理学部門、03年には日本国際賞など数々の賞を受けた。代表的な著書に「自然界のフラクタル幾何 ...
26. 本多健一[環境浄化に利用の「光触媒」効果の発見者、死去]
イミダス 2016
用され、82年度の朝日賞、92年に日本学士院賞、97年文化功労者にも選ばれ、2004年には日本国際賞を受賞。藤嶋さんとともにノーベル化学賞候補者に何度も名前を挙 ...
27. ほんだ-けんいち【本多健一】
日本人名大辞典
れる。平成4年学士院賞。9年文化功労者。「環境改善に貢献」したとして藤嶋昭とともに16年の日本国際賞にえらばれた。平成23年2月26日死去。85歳。埼玉県出身。 ...
28. マンデルブロ
日本大百科全書
レジオン・ドヌール勲章(1989)、ネバダ・メダル(1991)、ウォルフ賞(1993)、本田賞(1994)、日本国際賞(2003)などを受けている。竹内薫 ...
「日本国際賞」の情報だけではなく、「日本国際賞」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

日本国際賞と同じ世界的な賞カテゴリの記事
ゴードン・ベル賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
高性能計算技術(ハイパフォーマンス・コンピューティングhigh-performance computing、HPCと略す)における卓越した業績を顕彰するための国際的な賞。スーパーコンピュータのノーベル賞ともいわれる。科学や工学、ビッグデータ解析などにおける高性能計算の理論性能(ピーク性能
クラフォード賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
天文学と数学、地球科学、生命科学(環境をとくに重視した)、多発性関節炎(関節リウマチ)の4分野において、顕著な功績を残した研究者に贈られる世界的に権威のある科学賞。スウェーデン王立科学アカデミーが、ノーベル賞の対象になっていない専門分野に関し、基礎研究を推進することを目的に
ラスカー賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
ラスカー財団の創始者であり慈善家でもあったラスカー夫妻(アルバートAlbert Davis Lasker(1880―1952)とメアリーMary Woodard Lasker(1901―1994))によって1945年に創設された医学賞。基礎医学および臨床医学に貢献した研究者らに与えられるアメリカの権威ある医学賞である。
フィールズ賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
数学におけるノーベル賞ともいうべき国際的な賞。その名称は、この賞を設けることを提案したカナダ、トロント大学の数学科教授であったフィールズJohn Charles Fields(1863―1932)にちなむ。フィールズはトロントでの第7回国際数学者会議(1924)の開催に尽力したが、その後
日本国際賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
科学技術分野で独創的・飛躍的な成果をあげ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した人物に対し、国際科学技術財団が贈る日本の賞。「日本にもノーベル賞のような賞が必要だ」との構想を基に、1985年(昭和60)から授与が始まった。


「日本国際賞」はに関連のある記事です。
その他の賞に関連する記事
日本国際賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
科学技術分野で独創的・飛躍的な成果をあげ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した人物に対し、国際科学技術財団が贈る日本の賞。「日本にもノーベル賞のような賞が必要だ」との構想を基に、1985年(昭和60)から授与が始まった。
フィールズ賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
数学におけるノーベル賞ともいうべき国際的な賞。その名称は、この賞を設けることを提案したカナダ、トロント大学の数学科教授であったフィールズJohn Charles Fields(1863―1932)にちなむ。フィールズはトロントでの第7回国際数学者会議(1924)の開催に尽力したが、その後
ラスカー賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
ラスカー財団の創始者であり慈善家でもあったラスカー夫妻(アルバートAlbert Davis Lasker(1880―1952)とメアリーMary Woodard Lasker(1901―1994))によって1945年に創設された医学賞。基礎医学および臨床医学に貢献した研究者らに与えられるアメリカの権威ある医学賞である。
クラフォード賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
天文学と数学、地球科学、生命科学(環境をとくに重視した)、多発性関節炎(関節リウマチ)の4分野において、顕著な功績を残した研究者に贈られる世界的に権威のある科学賞。スウェーデン王立科学アカデミーが、ノーベル賞の対象になっていない専門分野に関し、基礎研究を推進することを目的に
ゴードン・ベル賞(日本大百科全書(ニッポニカ))
高性能計算技術(ハイパフォーマンス・コンピューティングhigh-performance computing、HPCと略す)における卓越した業績を顕彰するための国際的な賞。スーパーコンピュータのノーベル賞ともいわれる。科学や工学、ビッグデータ解析などにおける高性能計算の理論性能(ピーク性能
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る