1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史文化
  8. >
  9. 茶器
  10. >
  11. 初花肩衝
日本国語大辞典

はつはな‐かたつき【初花肩衝】

解説・用例

茶入。大名物。漢作唐物。素地は茶褐色。形状、釉の色ともに優美で気品が高く、春に先がけて咲く梅の花に似るとして足利義政が名づけたという。織田信長・徳川家康・豊臣秀吉らが所持し、のち再び家康に渡って徳川家に伝来した。三肩衝の一つ。

発音

〓[タ]


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
初花肩衝の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 6
検索コンテンツ
1. はつはな‐かたつき【初花肩衝】
日本国語大辞典
茶入。大名物。漢作唐物。素地は茶褐色。形状、釉の色ともに優美で気品が高く、春に先がけて咲く梅の花に似るとして足利義政が名づけたという。織田信長・徳川家康・豊臣秀 ...
2. はつはなかたつき【初花肩衝】
国史大辞典
唐物肩衝茶入。大名物(おおめいぶつ)。古来茶入の王座を占めるもの。高さ八・八センチ、胴径七・九センチ。初花の銘は足利義政が、その形姿が天下の春に魁ける趣にたと ...
3. だいもんじやえいせい【大文字屋栄清】
国史大辞典
人であり、父の大文字屋栄甫(宗観)が、永禄十二年(一五六九)、織田信長の求めによって唐物茶入初花肩衝を手放したことは有名である。栄清は父の所持する虚堂墨蹟(もと ...
4. ならしば‐かたつき【楢柴肩衝】
日本国語大辞典
漢作肩衝茶入の一つ。大名物。博多肩衝とも呼ばれ、初花肩衝・新田肩衝とともに天下の三大名物茶入と称された。現存していない。 ...
5. はつはな の 茶入(ちゃい)れ
日本国語大辞典
「はつはなかたつき(初花肩衝)」に同じ。*寒川入道筆記〔1613頃〕「天下にかくれなき初花の茶入、立売大文字屋栄甫所持」 ...
6. まつだいら-ねんせい【松平念誓】
日本人名大辞典
生まれ。松平親常の子。三河(愛知県)長沢の代官。天正(てんしょう)7年出家,11年徳川家康に初花肩衝(はつはなかたつき)(茶入れ)を献上して諸役免除の特権を得, ...
「初花肩衝」の情報だけではなく、「初花肩衝」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

初花肩衝と同じ茶器カテゴリの記事
初花肩衝(日本国語大辞典)
解説・用例 茶入。大名物。漢作唐物。素地は茶褐色。形状、釉の色ともに優美で気品が高く、春に先がけて咲く梅の花に似るとして足利義政が名づけたという。織田信長・徳川家康・豊臣秀吉らが所持し、のち再び家康に渡って徳川家に伝来した。三肩衝の一つ。
茶器と同じカテゴリの記事をもっと見る


「初花肩衝」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
初花肩衝(日本国語大辞典)
解説・用例 茶入。大名物。漢作唐物。素地は茶褐色。形状、釉の色ともに優美で気品が高く、春に先がけて咲く梅の花に似るとして足利義政が名づけたという。織田信長・徳川家康・豊臣秀吉らが所持し、のち再び家康に渡って徳川家に伝来した。三肩衝の一つ。
百舌鳥古墳群(日本歴史地名大系・国史大辞典・日本大百科全書)
台地と称される中位段丘上に東西四キロ、南北四・五キロにわたって分布する古墳群の総称。日本最大の大仙古墳(仁徳天皇陵に治定)をはじめミサンザイ古墳(履中天皇陵に治定)・田出井山古墳(反正天皇陵に治定)・ニサンザイ古墳などとそれに関連する陪冢および丸保山古墳(国指定史跡)
誉田古墳群(国史大辞典)
大阪府藤井寺・羽曳野両市にまたがる丘陵地帯に分布するわが国有数の古墳群で、古市古墳群とも呼ばれている。応神陵を中心に北方に仲姫陵・允恭陵、南には墓山古墳、白鳥・清寧・仁賢・安閑の諸陵など、中期初頭から後期にかけての大型前方後円墳などが群在している。応神陵陪塚の
古市古墳群(日本歴史地名大系・日本大百科全書)
羽曳野丘陵北辺の台地上、羽曳野市北西部から藤井寺市にわたる、東西三キロ、南北四キロの範囲に分布する大古墳群。前方後円墳一九基以上、前方後方墳一基、方墳一一基以上、円墳二五基以上で構成される。群のほぼ中央に位置する、墳丘全長四一五メートルの誉田御廟山古墳
新撰姓氏録(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
815年(弘仁6)に編纂された古代氏族の系譜書。本書の編纂は799年(延暦18)、諸国に本系帳の撰上を命じたことに始まる。814年に至り万多親王、藤原園人、同緒嗣らによって完成されたが、さらに源朝臣の条などを追加し、不備な点を補って翌年に朝廷に
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る