ジャパンナレッジ Personal サポート

使い方: 5 本文画面表示動画をみる

検索結果一覧から閲覧したい項目をクリックすると、その項目の本文画面が表示されます。

本文画面表示

ナレッジサーチャー動画をみる

本文内でドラッグした文字列を検索する機能です。本文画面右上にあるKnowledge Searcherボタンをクリックして「ON」(右)にします。初期設定では「OFF」(左)になっています。

ナレッジサーチャー ボタン


本文中に検索したい言葉(テキスト)が出てきたら、マウスでなぞって選択します(文字色が反転します)。選択すると、ナレッジサーチャーのウィンドウが開き、検索結果を表示します。

ナレッジサーチャー ウィンドウ

(!)ナレッジサーチャーで検索できる文字数の上限は40文字です。それ以上の文字を選択するとナレッジサーチャーは動作しません。また、外字画像を含む文字列を選択しても正しく動作しないのでご注意ください。

印刷機能動画をみる

ブラウザの印刷機能を使うことで、本文ページをそのまま印刷することができます。ブラウザのメニュー画面(多くのブラウザでは右上にあります)を開き、[印刷]を選択します。印刷に使用するプリンタ、部数などを確認し[印刷]ボタンをクリックすれば、ページが印刷されます。

前項目/次項目動画をみる

表示している項目の前後項目を表示できるボタンです。

前項目/次項目

前項目一覧/次項目一覧

右端の▼部分をクリックすると、本文表示されている項目からそれぞれ10項目ずつがプルダウンで展開されます。

前項目一覧/次項目一覧

(!)「前項目一覧/次項目一覧」の開閉状態は、▼▲をクリックした状態で設定が保存されます。ただし法人契約ではログアウト時に初期設定(開いた状態)に戻ります。

本文内検索

本文画面の右上にある検索窓では、現在本文を表示しているコンテンツ、あるいは基本検索のすべてのコンテンツを使って再検索ができます。検索画面に戻らなくてもすぐに検索できるので便利です。

本文内検索

(!)「現在のコンテンツ/すべてのコンテンツ」どちらの検索を行うかは、検索時の設定が保存されます。ただし法人契約ではログアウト時に初期設定(現在のコンテンツ)に戻ります。

tips引用元挿入機能動画をみる

Windowsのブラウザ「Internet Explorer」でのみ有効な機能です。コピーしたテキストを任意のワープロソフトにペーストすると、引用元の情報が自動的に追加挿入されます。

引用元挿入機能

(!)表示される引用元情報:項目名、コンテンツ名、データベース名(ジャパンナレッジ)、入手先URL、参照日時

※この機能は、使用しているブラウザがマイクロソフト社の「Internet Explorer」である場合にのみ有効です。FirefoxやGoogle Chromeなど他のブラウザでは機能しません。

※この機能は、「Knowledge Searcher」をオフにしてからご使用ください。コピーした文が19文字以下の場合も機能しません。

tips検索結果画面に戻るには

本文画面から1つ前の検索結果画面に戻るには、ブラウザの[戻る]ボタンをクリックしてください。

検索結果画面に戻るには

tips本文画面を別ウィンドウで表示する方法

一般的に本文画面は同一ウィンドウに表示されます(ページ内遷移)。複数の画面を同時に表示させたい場合は、リンクをクリックする際に右クリックで「新しいタブで開く」か「新しいウィンドウで開く」を選択します。また、Shiftキーを押しながらリンクをクリックしても別ウィンドウで表示させることができます。

お問い合わせ

個人情報の収集・利用の目的

ジャパンナレッジが提供するサービスでは、ご登録いただいた、お名前、 ご住所、ご連絡先、お支払いに必要な情報等は、コンテンツの配信やお支払い手続き、 お支払い経緯の確認等をはじめ、当会員組織の運営・サービスに必要な範囲で利用し、 その他の目的では利用いたしません。