日本大百科全書(ニッポニカ)

アンカーボルト
あんかーぼると
anchor bolt 英語

鉄骨構造の骨組を鉄筋コンクリート造の基礎に定着させるため、基礎の中に、あらかじめ、そのねじ部以外の部分を埋め込んだボルト。鉄骨骨組は、建築現場から離れた工場で製作されたのち現場へ搬入される場合が多いが、搬入後ただちに建方(たてかた)(エレクション=骨組を組み上げること)ができるように鉄骨柱脚にベースプレート(底板、基礎板)をつけ、この鋼板の所定の位置にあけられたボルト穴にアンカーボルトを挿入して締め付ける。骨組が外力を受けるとアンカーボルトには引張り力が作用するので、アンカーボルトが基礎から抜け出さないよう、十分なボルト径と定着長さ(埋め込まれたアンカーボルトと周囲のコンクリートとの間の付着力を期待するため、コンクリートの中に埋め込むべきボルト部分の必要長さ)を与える。また、アンカーボルトの位置がずれたり、ボルトが傾斜していると、ベースプレートに円滑に挿入できなくなるので、一組みのアンカーボルトの下部どうしをつなぐアンカープレートなどを用いて、基礎コンクリートの打設中もアンカーボルトが移動したり傾斜することのないようなくふうをすることが多い。
[金多 潔]