日本大百科全書(ニッポニカ)

佐藤さとる
さとうさとる
[1928―2017]

児童文学作家。本名佐藤暁(さとる)。神奈川県横須賀市に生まれる。関東学院工業専門学校建築科卒業(1949)。市役所職員、中学校教員などの職を経て、実業之日本社で児童図書の編集等に携わる(1954~1970)。在学中から童話創作を志し平塚武二(たけじ)に師事。1950年(昭和25)、長崎源之助(1924―2011)、神戸(かんべ)淳吉(1920―2011)、いぬいとみこらと同人誌『豆の木』創刊。1959年『だれも知らない小さな国』を自費出版。同年講談社から出版され毎日出版文化賞、日本児童文学者協会賞、国際アンデルセン賞国内賞を受賞。小学生のとき、大好きな小山で「こぼしさま」とよばれる小人に出会った僕、それもしだいに忘れ、やがて青年となり迎えた終戦、僕は引かれるようにふたたび小山へ出かけ小人たち(コロボックル)の国を守るために力を貸していく。この作品は物語性に乏しかった日本の児童文学界に新風をもたらし、また個の尊重という現代児童文学の大きなテーマを含み、第二次世界大戦後の長編創作児童文学の大きな転換期を象徴する作品となった。さらに日本での本格的ファンタジー作品として高い評価を受けた。完結編である第五作『小さな国のつづきの話』(1983)まで24年をかけ、さらに別巻『小さな人のむかしの話』(1987)も出版されている(第二作から四作までは、1962年に『豆つぶほどの小さないぬ』、1965年『星からおちた小さな人』、1971年『ふしぎな目をした男の子』がそれぞれ刊行されている)。著者のファンタジーに関する考え(人間の心の内側に入り込んで描写する形式の文学分野)は評論『ファンタジーの世界』(1978)によく現れている。
 長編ばかりでなく短編作品にも秀逸な作品が多い。また絵本『おおきなきがほしい』(1971)などや、野間児童文芸賞を受賞した幼年文学『おばあさんのひこうき』(1966)など、多様なジャンルにわたってたくさんの作品がある。すでに『佐藤さとる全集』全12巻(1972~1974)、『佐藤さとるファンタジー全集』全16巻(1982~1983)が出版されている。どの作品にも一貫して確かな現実に裏打ちされたさまざまな「ふしぎ」が描かれ、何より読者である子供たちの支持を得、世代を超えて読み継がれている。加えて、つねに村上勉(1943― )の挿絵があったことにより、独自の世界をいっそう強めてきたといえる。
[佐藤凉子]