日本大百科全書(ニッポニカ)

ゴーン
ごーん
Carlos Ghosn 英語[1954― ]

経営者。日産自動車の会長、三菱自動車工業の会長、フランスの自動車会社ルノーの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めており、世界第4位(2016)の自動車グループであるルノー・日産・三菱自動車連合の舵(かじ)取り役である。
 ブラジル生まれのレバノン系フランス人。1978年にフランスの理系エリート養成校として知られるエコール・デ・ミヌ・ド・パリ(パリ国立高等鉱業学校)を卒業。同年フランスのタイヤ・メーカー、ミシュランに入社する。1985年ブラジル、1989年アメリカでミシュランの現地法人社長を務め、思いきった合理化で「コストカッター」の異名をとった。その手腕を買われ、1996年フランスの自動車メーカー、ルノーに入社、上級副社長としてベルギー工場閉鎖を強行するなど、同社を黒字体質に転換することに成功した。1999年(平成11)ルノーの日産自動車との資本提携を機に、日産の最高執行責任者(COO)に就任。業績不振の日産を再建させるべく、同年「日産リバイバル・プラン」を発表。主力の東京・村山工場の閉鎖や、グループ全体で2万1000人の人員削減、系列にとらわれない部品の調達改革などのリストラを進める。2000年(平成12)に日産社長兼COO、2001年に同CEOとなり、2001年3月期決算では黒字転換に成功した。2005年には日産を再生させた手腕や国際性を買われ、日産トップのまま、ルノーの9代目社長についた。2008年日産会長も兼務。2012年には日産・ルノー連合で、ロシアの自動車最大手アフトワズを共同買収すると発表した(2014年に経営権取得)。2016年には、日産が三菱自動車に出資し、三菱自動車の会長にもついた。2017年4月、日産の社長兼CEO職を西川廣人(さいかわひろと)(1953― )に譲り、会長専任となった。
[矢野 武]