日本大百科全書(ニッポニカ)

SSRI
えすえすあーるあい

抗うつ薬の一種で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬selective serotonin reuptake inhibitorの略称。三環系抗うつ薬(TCA)や四環系抗うつ薬よりも安全かつ広い治療域で用いることができるようにと開発された。シナプス前膜から放出された神経伝達物質であるセロトニンが、ふたたび取り込まれるのを防ぐことで、脳内のセロトニンを増やす、もしくは維持するように働く。おもなSSRIには、フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリンなどがある。
 うつ病では、脳内のセロトニンなどのモノアミン性神経伝達物質の活性が低下しているとされる。そのためSSRIは、抑うつ気分(落ち込み)や不安といったうつ症状を軽減させる目的で、治療薬として広く用いられている。
 抗コリン作用(口渇、便秘、尿閉)や立ちくらみなどの副作用は少ないものの、抗うつ効果はTCAよりは弱く、重症例には適さない。また意欲低下に対しては効果が少ない。内服初期の副作用として吐き気や嘔吐(おうと)、胃部不快感などの胃腸障害が出現しやすいほか、性機能障害などがみられる。
 さらに、アクチベーション・シンドロームactivation syndrome(賦活(ふかつ)症候群)とよばれる副作用も明らかにされている。これは、服用初期や用量を増やしたときなどに、血中の薬剤濃度が安定せず、不安や攻撃性、衝動性、焦燥感、躁(そう)状態、アカシジア(じっとしていられない)などの症状を呈し、さらに進むと自傷行為や自殺念慮のほか、他害行為もみられるようになるものである。そのため日本うつ病学会では、服用に関して特別な注意を促す提言を行っている。またいったん服用を開始したのち、急に服薬を減量・中止すると、離脱症状とよばれるさまざまな反応(吐き気や嘔吐などの消化器症状やめまい、気分の変調など多彩な症状)が現れることがあるため、減薬や服用中止は医師の指導のもとに時間をかけて行う必要がある。
[編集部]