日本大百科全書(ニッポニカ)

凸レンズ
とつれんず

レンズの両面または一面が凸であって、焦点距離が正であるレンズ。凸レンズの前側(ぜんそく)焦点よりも前方にある物体は、レンズの後方に倒立実像を生ずる。前側焦点とレンズの間にある物体は、レンズの前方に正立虚像を生ずる。後者の例は、虫めがねの使用状態のときがそれである。凸レンズは、遠視眼の矯正および老眼の人の読書用掛け眼鏡レンズとして用いられる。凸レンズに太陽光線を当てると、焦点に光が集中し、そこに可燃物があると発火する。したがって、凸レンズ状のプラスチック製品などを日なたに放置しないよう注意することが必要である。
[三宅和夫]