I 見出し語

本辞典で取り扱う現代フランス語の語彙の範囲を確定するために,私たちは,Le Petit Robertをベースにし,LexisLogosなど,ほぼ同じ規模の数種の仏々中辞典の収録語彙との比較検討から出発した.また,Robert社からは,Le Grand Robert de la langue française第2版(全9巻,1985)のために同社が用意しつつあった資料を,同辞典の刊行に先立って提供された.しかし,現代の生きたフランス語の記述という本辞典の目的のためには,これら辞典が収録しているフランス語語彙の「安定した部分」だけでは十分でなく,いまだ「浮遊状態にあるもの」も含めて,フランス語語彙の最新・最先端の部分を,最大限に取り込むことが不可欠であると私たちは判断した.この目的のために,P. Gilbert : Dictionnaire des Mots contemporains (les usuels du Robert)などの現代用語辞典,私たちが独自に採集した用例カード,その他最近の直接資料を活用して新語,新語義を大幅に補強した.また,言語レベルの面でも,「スタンダードな」フランス語にとどまらず,日常会話で耳に触れる機会のある流行語,略語,逆さ言葉などのほか,俗語,隠語の類をも,極端に特殊なものを除いて取り入れた.

また,同じ考え方から,現代のフランス語テキストに頻出する専門語についても,各分野の専門家の積極的な協力を仰いで,正確な訳語・解説を追究するとともに,収録語彙の現代化と大幅な補強を図った

一方,本辞典の利用者が生涯おそらく出会うことはないような語を,思いきって整理し,この面からも収録語彙の現代化を図った.すでに完全に過去のものとなった科学・技術用語(たとえばstéatome「脂肪腫」),類書に採られているというだけの理由で採録されてきた古語(たとえばameubler「家具を備え付ける」,今日ではmeublerが普通),痕跡を残すことなく消滅した過去の俗語,隠語,流行語(たとえばargougner「ひっ捕らえる」)の類である.以下,実状に則して述べる.

1  一般語のほか,固有名詞,略語,記号,接頭辞,接尾辞,合成語要素,不規則動詞の活用形,ラテン成句などを収録し,すべてアルファベット順に配列した.
2  つづり字が同じ場合,大文字で始まる語は小文字で始まる語の前に,また,地名は人名の前に配列した.
3  同一のつづりでも語源の異なる語,および語源が同じでも語義が著しく異なる語は別見出しを立て,それぞれ右肩に番号を付して区別した.
4  見出し語が性によって語尾変化する場合は,その変化する部分をカンマ( , )のあとに示した.また単音節の女性形は全形を示した.
5  同一見出し語内における品詞の転換は太ダッシュ(━━)で示し,準見出し語として掲出した.その際,最も現用性の高いと思われるものを親見出し語とした.
6  代名動詞に付される se および s' はそれぞれ語頭に付し,配列上は無視した.たとえば,s'enfuir は enfuir で引けばよい.
7  重要な合成語は見出し語に立てた.
8  同一語でつづりの一部分だけが異なる語を併記する際には,Robert社の辞典を中心に掲出順を考慮した.
9  名詞,形容詞の複数形は,セミコロン( ; )のあとに表示した.ただし,単に語尾に s を付すだけの語および,単数形の語尾が -s,-x,-z で終わり,単複同形となる語には原則として複数形は示さなかったが,発音が異なる場合,また単数形語尾が -al で終わる場合は例外的に示した.
例:œuf [œf] ; ((複)) ~s [ø]
10 固有名詞に伴う冠詞,称号,氏族名などは発音欄の直後に( )で示した.
11 大文字のアクサンは見出し語に限り採用した.
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る