1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の島
  9. >
  10. 対馬
日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典

日本国語大辞典
つしま【対馬】

解説・用例

【一】

長崎県北部、対馬海峡の東水道と西水道との間にある島。西海道一一か国の一つ。対馬海峡東水道を隔てて壱岐に、対馬海峡西水道を隔てて朝鮮半島に対する。早くから大陸との交通・軍事上の要地として開け、天智天皇三年(六六四)には防人(さきもり)と烽(とぶひ)が置かれた。鎌倉中期から宗氏が支配し、室町・江戸時代を通じて朝鮮貿易の特権を握る。明治四年(一八七一)廃藩置県により厳原(いずはら)県となり、同年、佐賀県と合併して伊万里県となる。同五年長崎県に編入。平地は少なく、好漁場を控えて、漁業を主産業とする。厳原など六つの町から成る。多島海の景観を見せる浅茅(あそう)湾などが壱岐対馬国定公園の一部に指定されている。対州(たいしゅう)。

*古事記〔712〕上「次に津嶋(つしま)を生みたまふ。亦の名は天の狭手依比売と謂ふ」

*万葉集〔8C後〕一五・三六九七「百船(ももふね)の泊(は)つる対馬(つしま)の浅茅山時雨の雨に黄葉(もみ)たひにけり〈遣新羅使人〉」

*二十巻本和名類聚抄〔934頃〕五「西海国第五十九〈略〉対馬島〈都之万〉」

*魏志‐東夷伝・倭人「始度〓一海千余里〓、至〓対馬国〓、其大官曰〓卑狗〓、副曰〓卑奴毋〓

【二】〔名〕

(1)「つしまごえ(対馬音)」に同じ。

*胎金瑜伽記〔855〜873〕金剛瑜伽記「読〓砧。如〓日本対馬唱〓貪字〓。従〓〓〓出」

*醍醐寺本法華経釈文〔976〕表紙裏書込「対馬(ツシマ)都司馬音 平声の字は都司馬音には渡上〓音 上去字対馬音渡平声」

*金光明最勝王経音義〔1079〕「綜 宗音此音丁よむ。つしま也」

(2)「つしまやき(対馬焼)」の略。

(3)「つしまど(対馬砥)」の略。

語源説

日本から新羅に渡る際の津であったところから〔日本釈名・類聚名物考・蒼梧随筆・古事記伝・和訓栞(増補)・黒甜〓語=長流筒翁〕。馬韓に相対する位置にあるところからツシマ(対馬)と書くか〔日本釈名・和訓栞〕。

発音

〓[ツ]〓鎌倉・江戸〓〓〓〓(シ)

辞書

和名・文明・伊京・明応・天正・饅頭・黒本・易林

正式名称と詳細

表記

對馬和名文明伊京明応天正饅頭黒本易林




日本大百科全書
対馬
つしま

九州と朝鮮半島との間にある島。長崎県対馬市に属する。古くは対馬国あるいは対州(たいしゅう)とよばれた。面積696.29平方キロメートル(2005)。博多(はかた)港から壱岐(いき)を経て海路120キロメートルにあり、北は朝鮮海峡を隔てて韓国の釜山(ふざん)までわずかに40キロメートルの距離にある国境の島である。古くから大陸とわが国との文化、経済、軍事上に重要な役割を果たした。弥生(やよい)遺跡や古墳や延喜(えんぎ)式内社が多く、日本最古の銀山があった。このことは、渡来人や政府使節がもたらした文化と貿易によって得た日本の利益はとくに大きかったことを示す。そのほか、防人(さきもり)(7世紀)、文永(ぶんえい)・弘安(こうあん)の役の元寇(げんこう)(13世紀)、文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役(16世紀)、倭寇(わこう)や刀伊(とい)などの歴史的背景を有する。明治以後は全島要塞(ようさい)地帯となり、現在では開発途上地帯として島の経済・文化の停滞性が指摘される。しかし島の国際的重要性は通信や軍事のうえで示され、1975年(昭和50)には世界的な電波灯台の海上保安庁オメガ局(オメガ塔)が設置された(1997年廃止)。このほかに水中聴音器(ソナー)(海上自衛隊)、デッカ局(海上保安庁)などの施設があり、海上・陸上の警備隊が配置されている。人口3万6227(2009)。
[石井泰義]

自然

地学的には、かつて大陸の動植物が陸上を伝わってきた陸橋と認められている。現在の地形は、第三紀層からなる地塁山地で、標高約400メートルの隆起準平原の山容を呈し、これを刻む河谷は壮年期の渓谷をつくっている。南北に走る主分水界は東に片寄り、河川は西側では比較的緩やかに流れ、東側では短小で急傾斜をなす。海岸は沈降型を示す所が多く、中央部の浅茅(あそう)湾では日本一の溺(おぼ)れ谷景観を展開している。こうした自然景観は、歴史的背景と相まって壱岐対馬国定公園に指定されている。
[石井泰義]

交通

1979年(昭和54)対馬空港(対馬市美津島町(みつしままち)地区白蓮江(しれえ))が開設され、福岡、長崎への空路があり、博多(はかた)港から厳原(いづはら)港、比田勝(ひたかつ)港にジェットフォイル、フェリーが就航している。島内交通は各地の主邑(しゅゆう)を結ぶ海上交通が開かれ、大船越(おおふなこし)瀬戸は元禄(げんろく)年間(1688~1704)、万関(まんぜき)瀬戸は日露戦争(1904)前に開設した水路である。かつては陸上交通はきわめて不便で、対州馬をおもな交通手段とし、河谷を利用した河床道(かしょうどう)が主であり、道路はまったく未開発で、軍用道路として厳原―〓知(けち)間に近代的道路が開かれているにすぎなかった。第二次世界大戦後、各地に林道がつくられ、現在では南北を貫く対馬縦貫道路(国道382号)が完成している。厳原港、比田勝港からは韓国の釜山へ高速船の便(不定期)がある。
[石井泰義]

産業

山地が多いため耕地はわずかに2%足らずで、耕地の不足を補うため古くから林野での木場(こば)作(焼畑)が行われ、アワ、ソバ、ダイズがつくられたが、現在は木場作は廃止され、普通畑でのサツマイモ、ジャガイモ、ムギの生産を主としている。牧畜は、かつて対州馬を産したが、いまはまったく衰えている。全島の89%が林野で占められているが、明治以後要塞に指定され、森林の開発は停滞、わずかに天然のマツを利用した杭木(こうぼく)の生産や木場作跡地の雑木林からの薪炭の生産にとどまっていた。1959年(昭和34)対馬林業公社が発足、5335ヘクタールを造林したが2001年度を最後に造林はしていない。また、薪炭の生産も、灯油が家庭燃料として主役を占めるに及んで停滞し、そのかわりにシイタケ栽培が盛んとなり、農林業所得の重要な地位を占めている。
 漁業はイカを中心に、タイ、ブリなどの一本釣りや沿岸での定置網漁業が主である。真珠養殖も盛んである。
 鉱業は674年(天武天皇3)佐須(さす)・椎根(しいね)地区においてわが国最初の産銀が行われ、明治以後は亜鉛と鉛が採掘(対州鉱山)されたが、1973年(昭和48)閉山し、付近一帯はカドミウム汚染要観察地区に指定されている。
[石井泰義]

観光

朝鮮式山城(やまじろ)の遺構をもつ城山(じょうやま)をはじめ、防人たちに親しまれた浅茅(あさじ)山(いずれも対馬市美津島町地区)あるいは金石城、万松(ばんしょう)院や武家屋敷の高塀など(同市厳原町地区)の史跡、島内各地にみられる高床式の俵物(ひょうもん)小屋(穀物倉)や頁(けつ)岩を利用した石屋根の家屋景観、万関橋・大船越橋などの特色ある交通景観があり、さらに浅茅湾をはじめとして各地にみられる海岸美、海洋美や奥地にみられる紅葉の渓谷美などがあげられる。
[石井泰義]



改訂新版・世界大百科事典
対馬
つしま

九州と朝鮮半島の中間に位置する島嶼(とうしよ)群。長崎県に属し,上県(かみあがた)郡の3町(上対馬,上県,峰)と下県郡の3町(豊玉,美津島(みつしま),厳原(いづはら))に分かれていたが,2004年合併により全島が対馬市となった。かつての対馬島(つしまのしま)にあたり,九州とは対馬海峡東水道,朝鮮半島とは同西水道によって隔てられ,大陸と日本との交通の要衝としての役割を果たしてきた。日常生活の面では福岡県との関係が強い。

 主島の対馬(面積698km2)は中央部に西から浅茅(あそう)湾が深く湾入し,湾奥は万関(まんぜき)瀬戸により分断され2島からなるようにみえるが,瀬戸は人工的に開削されたもので,もとは一つの島である。地質は,大部分が対州層群とよばれる第三紀層で,おもに黒灰色のケツ岩からなり,これに砂岩が挟まる場合が多い。また対州層群に貫入する花コウ岩などの火成岩が露出するところもある。全島にわたって険しい山々が連なるが,山頂部には平たん面がみられ,山地は隆起準平原と考えられる。北部の御岳(みたけ)(479m)や香ノ木(こうのき)山(307m)は準平原上に突出した残丘であり,南部の内山盆地は,貫入した花コウ岩が浸食され盆地が形成されたものである。海岸は浅茅湾に標識的にみられるリアス海岸である。

 全島の87%が山林でおおわれて平地は少なく,農業は振るわない。作付面積がもっとも多いのは水稲であるが,島内の米消費量の4割弱の生産をあげるにすぎない。山林は薪炭材や炭鉱の坑木,パルプ材として利用されてきたが,今日では建築用材としての杉,ヒノキが重要性をもつにいたり,1959年に設立された対馬林業公社などによって,年々造林面積は拡大している。60年ころからは豊富なコナラなどの原木資源を利用したシイタケ生産が盛んとなり,長崎県の干しシイタケ生産のほとんどを占める。品質は優れ,とくにドンコは定評がある。対馬で最も重要な産業はイカ,ブリ,タイの漁業である。かつてはイカ漁業が対馬漁業の代名詞のようにまでいわれていたが,島の西側漁場が日韓漁業協定による共同規制水域の設定で出漁隻数に制限をうけ,漁獲高は年々減少している。またタイ,ハマチ,真珠の養殖が行われている。とくに浅茅湾を中心とする真珠養殖は,大正期に島外業者によって導入されたもので,第2次大戦後急速に伸びて地元民による養殖も行われており,養殖真珠の日本三大産県の一つである長崎県の総収獲量の約4割を占めている。地下資源は亜鉛,鉛を埋蔵し,東邦亜鉛が旧厳原町佐須地区の対州鉱山で採掘し精錬していたが,カドミウム公害の発生もあって73年に閉山し,めぼしい鉱工業は島から消えた。

 変化に富んだリアス海岸と美しい自然林,多くの史跡に恵まれ,1968年壱岐対馬国定公園に指定された。72年には大型フェリーが厳原~博多間に就航,75年には対馬空港が旧美津島町に開設され,さらに対馬を縦貫する国道382号線も整備されつつある。
→対馬島
[竹内 清文]

民俗

対馬はその地理的位置から明らかなように古代から日本と朝鮮半島との交流の舞台であり,とくに江戸時代には朝鮮との交流が許可された唯一の地域である。対馬における本格的な民俗学的調査は1950-51年に行われた九学会連合対馬調査に始まるが,士族・本戸(ほんこ)・寄留などの身分制度,村落の二元的構成,親分・子分関係(オヤカタ・コドモウチ関係とオハグロオヤ・オハグロゴ関係),隠居制,天童信仰など日本民俗文化を考察するにあたっての多くの重要な文化項目が認められる注目すべき地域である。対馬には現在も旧士族が村落に居住し,本戸,寄留などとともに厳格な身分制度を形成し,村落のさまざまな権利関係や祭祀などに特別の秩序が認められる。この身分制度は村落類型論の視点からみればオヤカタ・コドモウチ関係とともに東北日本型村落の要素であるが,一方において隠居制家族や年齢集団のように西南日本型村落の要素も多くみとめられる。対馬の村落社会は,原理的に異なるこれらの諸要素が複合して複雑な社会構造が形成されているのである。
[上野 和男]

[索引語]
対馬島 万関(まんぜき)瀬戸 対州層群 御岳 香ノ木(こうのき)山 内山盆地 対馬林業公社 シイタケ(椎茸) イカ(烏賊) 真珠 養殖真珠 壱岐対馬国定公園 対馬空港
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
対馬の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 8623
検索コンテンツ
1. たい‐ま【対馬】
デジタル大辞泉
1 「平手(ひらて)2」に同じ。 2 将棋の技量が互角であること。  ...
2. たい‐ま【対馬】
日本国語大辞典
*書言字考節用集〔1717〕八「對馬 タイマ 将碁所〓言」*俳諧・翌檜〔1779〕下「平手 対馬同上」*明六雑誌‐二三号〔1874 ...
3. 対馬画像
日本大百科全書
展開している。こうした自然景観は、歴史的背景と相まって壱岐対馬国定公園に指定されている。石井泰義交通1979年(昭和54)対馬空港(対馬市美津島町(みつしままち ...
4. 対馬(市)画像
日本大百科全書
地(上県)、鰐浦(わにうら)ヒトツバタゴ自生地(上対馬)などがある。ツシマヤマネコ、ツシマテンは対馬全域で国の天然記念物に指定されており、対馬野生生物保護センタ ...
5. 対馬
世界大百科事典
68年壱岐対馬国定公園に指定された。72年には大型フェリーが厳原~博多間に就航,75年には対馬空港が旧美津島町に開設され,さらに対馬を縦貫する国道382号線も整 ...
6. 対馬[市]
世界大百科事典
る。御岳は鳥類繁殖地として天然記念物に指定されている。 上対馬 対馬市北端の旧町。旧上県郡所属。人口5226(2000)。北西部は対馬海峡に面し,韓国まで約53 ...
7. つしま【対馬】画像地図
デジタル大辞泉
上県(かみあがた)町、上対馬(かみつしま)町が合併して成立。漁業が主要産業。人口3.4万(2010)。 〓 1 「対馬音」の略。 2  ...
8. つしま【対馬】
日本国語大辞典
【一】長崎県北部、対馬海峡の東水道と西水道との間にある島。西海道一一か国の一つ。対馬海峡東水道を隔てて壱岐に、対馬海峡西水道を隔てて朝鮮半島に対する。早くから大 ...
9. つしま【対馬】
全文全訳古語辞典
[旧国名]西海道十二か国の一つ。古くは「津島」と書く。九州と朝鮮半島との中間にあり、二つの島から成る。その南にある壱岐とともに、古くから大陸への交通の要衝。いま ...
10. つしま【対馬】
日本人名大辞典
?−? 江戸時代の遊女。江戸吉原海老屋に属し,正月,吉原ではじめて羽根をつき,また禿(かむろ)に羽子板をもたせて花魁道中(おいらんどうちゅう)の列にくわわらせた ...
11. たいま【対馬】[方言]
日本方言大辞典
(1)将棋で双方が対等に差すこと。また、将棋の技量が互角であること。 新潟県347越佐方言集(田中勇吉)1892 岐阜県恵那郡498岐阜県方言集成(瀬戸重次郎) ...
12. つしま【対馬】[標準語索引]
日本方言大辞典
つしま:対馬創製の巻き菓子かすまき ...
13. しま‐ゆき【対馬行】
日本国語大辞典
〔名〕(朝鮮との貿易は対馬(つしま)を中継地として行なわれていたところから)朝鮮へ輸出すること。また、そのもの。*浮世草子・日本永代蔵〔1688〕四・二「むかし ...
14. つしまいせき【対馬遺跡】宮城県:登米郡/迫町/新田村
日本歴史地名大系
[現]迫町新田 対馬 東北本線梅ヶ沢駅の東約〇・七キロに所在する。築館丘陵の一部が長沼西端に向かって張出した標高約三〇メートルの丘陵上に立地している。発掘調査に ...
15. つしま‐いろは【対馬伊呂波】
デジタル大辞泉
対馬の人がこれによって梵音(ぼんおん)を伝えたというところから》五十音の異称。  ...
16. つしま‐いろは【対馬伊呂波】
日本国語大辞典
〔名〕(対馬国の人がこれで梵音(ぼんおん)を伝えたというところから)五十音の異称。*同文通考〔1711〜16〕三・梵字「世にいはゆる悉曇(しったん)の五十字文  ...
17. 對馬伊呂波(つしまいろは)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 990ページ ...
18. つしまえむら【対馬江村】大阪府:寝屋川市地図
日本歴史地名大系
[現]寝屋川市対馬江西町・対馬江東町・春日町・上神田二丁目・葛原新町・葛原二丁目・黒原城内町・高柳五―七丁目・宝町・仁和寺町 淀川と古川上流部のほぼ中間に位置す ...
19. つしま‐おん【対馬音】
デジタル大辞泉
日本に伝来した漢字音の一。後世、呉音と同じものとされた。欽明(きんめい)天皇の時、百済(くだら)の尼僧、法明が対馬に来て呉音で維摩経(ゆいまぎょう)を読んで仏教 ...
20. つしま‐おん【対馬音】
日本国語大辞典
〔名〕「つしまごえ(対馬音)」に同じ。〓[マ] ...
21. 對馬音(つしまおん)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 966ページ ...
22. つしま‐おん【対馬音・津島音】
仏教語大辞典
日本に伝来した漢字音の一種。後世は呉音と同一視された。欽明天皇(五一〇~五七一)の時、百済の尼僧法明が対馬国(長崎県)に来て『維摩経』を呉音で読んで仏教を伝えた ...
23. 対馬海峡
日本大百科全書
長崎県壱岐(いき)と対馬の間の海域をいう。海上保安庁海洋情報部(旧水路部)発行の海図では、壱岐と対馬の間の海域を対馬海峡東水道とし、対馬と朝鮮半島との間の海域を ...
24. 対馬海峡
世界大百科事典
中央に横たわる対馬の東,壱岐までの間を東水道,対馬の西を西水道ともいう。狭義の対馬海峡は東水道を指し,西水道を朝鮮海峡ということもある。両水道とも幅は最短部で5 ...
25. つしま‐かいきょう【対馬海峡】地図
デジタル大辞泉
長崎県対馬・壱岐(いき)間の東水道、および対馬・朝鮮半島間の西水道の総称。一般には東水道をさし、西水道を朝鮮海峡とよぶ。  ...
26. つしま‐かいきょう[‥カイケフ]【対馬海峡】
日本国語大辞典
対馬をはさみ、朝鮮半島と長崎県壱岐との間にある海峡。朝鮮半島と対馬との間を対馬海峡西水道、対馬と壱岐との間を対馬海峡東水道という。狭義には東水道だけをいい、西水 ...
27. 対馬海流
世界大百科事典
対馬海峡を通って日本海を流れる海流。対馬暖流ともいう。黒潮の一部が対馬海峡を経て日本海に入り発達したもので,日本海で分岐が見られる。対馬海峡の東水道を通過した流 ...
28. つしま‐かいりゅう【対馬海流】
デジタル大辞泉
黒潮から分かれ、東シナ海から対馬海峡を経て日本海東側を流れる暖流。津軽海峡から太平洋へ出る津軽暖流と、北海道西岸を北上する宗谷暖流とに分かれる。対馬暖流。  ...
29. つしま‐かいりゅう[‥カイリウ]【対馬海流】
日本国語大辞典
東シナ海から対馬海峡を経て日本海に流れ込み、津軽・宗谷海峡に達する。対馬暖流。*日本風景論〔1894〕〈志賀重昂〉六「想ひ看る、寒海流(親潮)東より来り、温暖海 ...
30. つしま-かさぶろう【対馬嘉三郎】
日本人名大辞典
1836−1914 明治時代の実業家,政治家。天保(てんぽう)7年11月生まれ。もと陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩士。青森県,開拓使につとめ,明治1 ...
31. つしま-かつお【対馬勝雄】
日本人名大辞典
1908−1936 昭和時代前期の軍人。明治41年11月15日生まれ。昭和7年陸軍歩兵中尉。11年二・二六事件で,栗原安秀,林八郎らと首相官邸を襲撃,岡田啓介首 ...
32. つしまぎんざん【対馬銀山】
国史大辞典
天武天皇三年(六七四)対馬国司守忍海造大国が対馬の銀を貢上したのが産銀の初見である。樫根字裏河内の小名銀本が産銀地と伝える。『延喜式』によると、大宰府において管 ...
33. つしまぎんざんあと【対馬銀山跡】長崎県:下県郡/厳原町/樫根村
日本歴史地名大系
「日本書紀」天武天皇三年(六七四)三月七日条に対馬国司の忍海造大国が初めて産出された銀を貢納したとある。なお「続日本紀」大宝元年(七〇一)三月二一日条に対馬島が ...
34. つしま‐くうこう【対馬空港】地図
デジタル大辞泉
長崎県対馬市にある空港。地方管理空港の一。昭和50年(1975)開港。愛称、対馬やまねこ空港。  ...
35. 対馬敬吾郎[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:0件 『私の歩んだ道』対馬敬吾郎 ...
36. つしま-けんのすけ【対馬健之助】
日本人名大辞典
1868−1923 明治-大正時代の新聞記者。慶応4年1月生まれ。時事新報社在職中の明治31年大隈内閣の農商務相秘書官となる。37年大阪毎日新聞社に転じ,「東京 ...
37. つしまこくふあと【対馬国府跡】長崎県:下県郡/厳原町
日本歴史地名大系
古代に置かれた対馬国府で、対馬島府ともいう。「和名抄」では国府は下県郡にあると記されている。対馬国府に関連する史料は少なく、現在までその遺構は確認されず、その確 ...
38. つしま‐ごえ[‥ごゑ]【対馬音】
日本国語大辞典
七一)の時、百済の尼僧法明が対馬国(長崎県)に来て維摩経を呉音で読んで仏教を伝えたという伝承による。つしまおん。対馬。*醍醐寺本法華経釈文〔976〕表紙裏書込「 ...
39. つしま-ごろうえもん【対馬五郎右衛門】
日本人名大辞典
?−? 江戸時代前期の説経浄瑠璃(じょうるり)太夫。延宝(1673-81)のころ江戸木挽(こびき)町で説経操りを興行。元禄(げんろく)2年ごろ無座の太夫として「 ...
40. つしま‐さま【対馬様】
日本国語大辞典
〔名〕対馬国の殿様。 ...
41. つしまさま の 唐人(とうじん)くくらしゃったよう
日本国語大辞典
語義未詳。対馬の殿様が朝鮮人を縛った時のように手心を加えること。または、らちもないこと、つまらないことの意か。*譬喩尽〔1786〕三「対馬侯(ツシマサマ)の朝鮮 ...
42. つしまし【対馬市】[変更地名 2004年3月1日]長崎県(旧上県町・旧上対馬町・旧峰町・旧豊玉町・旧美津島町・旧厳原町)
日本歴史地名大系
2004年3月1日:上県郡上県町・上対馬町・峰町、下県郡豊玉町・美津島町・厳原町が合併・市制施行 ⇒【上県町】長崎県:上県郡 ⇒【上対馬町】長崎県:上県郡 ⇒【 ...
43. つしましたる‐かいづか[‥かひづか]【対馬志多留貝塚】
日本国語大辞典
長崎県上県郡上県町志多留にある縄文時代後期の貝塚。大正五年(一九一六)以後数回発掘。出土土器は、北九州東部にひろがる鐘ケ崎式に属する。志多留貝塚。 ...
44. つしまじま【対馬島】長崎県:総論
日本歴史地名大系
七〇―九〇匹とされた。対馬島を挟む二つの海域を対馬海峡というが、うち対馬島の南東部、つまり九州島側を東水道、同じく北東部、つまり朝鮮半島側を西水道とよぶ。また東 ...
45. つしま‐せん【対馬線】
デジタル大辞泉
動物地理区の境界線の一。対馬海峡に引かれ、この線より北側に位置する対馬には大陸系のツシマヤマネコ、および爬虫類(はちゅうるい)のアカマダラヘビが分布。ただし対馬 ...
46. つしま-たけごろう【対馬竹五郎】
日本人名大辞典
1884−1971 大正-昭和時代の園芸家。明治17年6月1日生まれ。外崎(とのさき)嘉七にリンゴ栽培をまなび,品種改良や剪定法などを研究。東北各地で栽培指導に ...
47. つしま-ただゆき【対馬忠行】
日本人名大辞典
1901−1979 大正-昭和時代の思想家。明治34年11月18日生まれ。河上肇,福本和夫の影響でマルクス主義者となり,独学で論文を発表しつづけた。戦後は労働者 ...
48. 対馬暖流
日本大百科全書
東シナ海から対馬海峡を経て日本海に流入し、津軽海峡・宗谷海峡から流出する海流。対馬暖流の起源については、九州西方で黒潮から分離した海流であるというものと、台湾海 ...
49. つしま‐だんりゅう[‥ダンリウ]【対馬暖流】
日本国語大辞典
「つしまかいりゅう(対馬海流)」に同じ。ツシマダンリュー〓[ダ] ...
50. ツシマテン
日本大百科全書
テンの一亜種で、対馬(つしま)に生息し、体形はテンとほぼ同じであるが、毛色は異なる。夏毛はテンに似るが、頭と顔が黒色、冬毛も地色は黄褐色のままで、頭、顔、のどは ...
「対馬」の情報だけではなく、「対馬」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

対馬と同じ日本の島カテゴリの記事
沖ノ島(改訂新版・世界大百科事典)
高知県南西部,宿毛湾口に浮かぶ島。面積10.5km2。全島花コウ岩よりなり,アコウ,ビロウなどの亜熱帯植物が繁茂する。海岸は海食崖が広く,海食洞もみられ,足摺宇和海国立公園に属する。周囲の海域は好漁場をなし漁業が中心で,集落は急傾斜地に階段状に立地する。
沖島(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
滋賀県の琵琶湖中最大の島。近江八幡市に属す。市の北部長命寺町から約1.5キロメートルの沖合いにあり、面積1.5平方キロメートル。澳の島ともいう。島全体が石英斑岩からなる沖島山(220メートル)で、風化、侵食が進み、湖岸は岩石が露出して険しい。産業の中心は漁業であるが
淡路島(日本歴史地名大系・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
瀬戸内海の東部に浮ぶ瀬戸内海最大の島。北は明石海峡、東は紀淡海峡によって本州と分たれ、西は鳴門海峡によって四国と分たれている。面積は約五九一平方キロ、本州・北海道・九州・四国および択捉島・国後島を除けば、沖縄島・佐渡島・奄美大島・対馬に
対馬(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
長崎県北部、対馬海峡の東水道と西水道との間にある島。西海道一一か国の一つ。対馬海峡東水道を隔てて壱岐に、対馬海峡西水道を隔てて朝鮮半島に対する。早くから大陸との交通・軍事上の要地として開け、天智天皇三年(六六四)には防人(さきもり)と烽(とぶひ)が置かれた。
奄美大島(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鹿児島県奄美諸島の北端に位置し、同諸島中最大の島。属島に加計呂麻島、与路島、請島などがある。本島の面積712.38平方キロメートル、島の最高点は湯湾岳の694メートル。本島と加計呂麻島はリアス式の海岸線を有し、極度に屈曲に富む。このような地形であるため、北部の笠利半島付近を
日本の島と同じカテゴリの記事をもっと見る


「対馬」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
はつ‐お[‥ほ] 【初穂・早穂・最花】(日本国語大辞典)
その年になって初めて実った稲の穂。*江帥集〔1111頃〕「きみがよのよろづのあきのはつほなるよしだのさとのいねをこそつけ」*色葉字類抄〔1177〜81〕「粃 ハツオ 早初 ハツオ 最花 同」*為家集〔1271〜75頃〕秋「風わたる野田のはつほの打なびきそよぐにつけて秋ぞ知る
択捉島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島中、最大の島で国後島の北東、得撫島の南西に位置する。面積は三一三九平方キロ。寛永二十年(一六四三)オランダ船によって発見され、スターテン=ラントと名付けられた。わが国には本島東部の蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接交渉を持ったのは享保十六年(一七三一)
国後島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島最南端の島。松前藩には北海道本島の東端目梨蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接関係を持ったのは享保十六年(一七三一)酋長が松前を訪れ、宝暦四年(一七五四)場所が置かれて以来のことである。寛政元年(一七八九)国後・目梨蝦夷の乱により支配が強化され
佐渡島(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
新潟県に属する日本海にある島。遠流(おんる)の地、金山で古くから知られ、史跡が多く、景勝や郷土芸能に富む。米作が主。佐渡。*浮世草子・男色大鑑〔1687〕五・五「本国佐渡(サド)が嶋(シマ)へ帰り
奄美大島(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鹿児島県奄美諸島の北端に位置し、同諸島中最大の島。属島に加計呂麻島、与路島、請島などがある。本島の面積712.38平方キロメートル、島の最高点は湯湾岳の694メートル。本島と加計呂麻島はリアス式の海岸線を有し、極度に屈曲に富む。このような地形であるため、北部の笠利半島付近を
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る