1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 物語
  10. >
  11. 今鏡
日本大百科全書・世界大百科事典

日本大百科全書
今鏡
いまかがみ

平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(ためつね)(寂超)説が有力。『大鏡(おおかがみ)』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条(ごいちじょう)天皇から高倉(たかくら)天皇までの帝紀(ていき)、巻4~6は藤原氏、巻7は村上源氏、巻8は諸皇子の各列伝で、巻9、10は風流譚(たん)、霊験譚(れいけんたん)などからなる。宮廷貴族社会の朝儀典礼や風流韻事に多くの筆が費やされ、現実の政治的・社会的変動には意識的に深く立ち入っていない。これは、当時危殆(きたい)に瀕(ひん)していた王朝とその文化を、依然として確かに存在するものとして描こうとしたためで、ここに『今鏡』の独自性がある。
[竹鼻 績]



改訂新版・世界大百科事典
今鏡
いまかがみ

平安末期の歴史物語。10巻。《小鏡》《続世継》とも呼ばれる。1170年(嘉応2)成立。著者には中山忠親,源通親などが擬せられるが,未詳。《大鏡》の後を継ぐ書として,《大鏡》の記事が終わる後一条天皇の万寿2年(1025)から高倉天皇の嘉応2年までの13代145年間をあつかう。叙述は《大鏡》の語り手大宅世継(おおやけのよつぎ)の孫で150歳をこえる老女が語るという体裁をとる。内容は天皇について述べる〈すべらぎ〉3巻,藤原氏を対象とする〈藤浪〉3巻,皇族に関する〈村上の源氏〉および〈御子たち〉の諸巻を中心とし,末尾に〈昔語(むかしがたり)〉〈打聞(うちぎき)〉2巻を置く。なお各巻の節ごとには,《栄華物語》風の優雅な名称が付けられている。
[今西 祐一郎]

[索引語]
小鏡 続世継
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
今鏡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1234
検索コンテンツ
1. 今鏡
日本大百科全書
ひん)していた王朝とその文化を、依然として確かに存在するものとして描こうとしたためで、ここに『今鏡』の独自性がある。竹鼻 績 ...
2. 今鏡
世界大百科事典
平安末期の歴史物語。10巻。《小鏡》《続世継》とも呼ばれる。1170年(嘉応2)成立。著者には中山忠親,源通親などが擬せられるが,未詳。《大鏡》の後を継ぐ書とし ...
3. いまかがみ【今鏡】
デジタル大辞泉
平安末期の歴史物語。10巻。作者未詳。嘉応2年(1170)あるいはそれ以降に成立。大鏡のあとをうけ、後一条天皇の万寿2年(1025)から高倉天皇の嘉応2年までの ...
4. いまかがみ【今鏡】
日本国語大辞典
平安時代の歴史物語。一〇巻。嘉応二年(一一七〇)成立。作者については藤原為経(寂超)説が有力。「大鏡」の後を受け、万寿二年(一〇二五)から嘉応二年にわたる記述。 ...
5. いまかがみ【今鏡】
全文全訳古語辞典
[書名]平安後期の歴史物語。十巻。藤原為経(寂超)の作とする説が有力。一一七〇年(嘉応二)成立。『大鏡』の影響を強く受け、その語り手である大宅世継の孫娘が語る形 ...
6. いまかがみ【今鏡】
国史大辞典
貴族の政権争いの劇的活写があるが、『栄花物語』がひたすら哀婉で濃艶な王朝絵巻を展ずるごとく、『今鏡』も保元・平治の戦乱は擦過し、王朝的な情趣と文化の残映のスナッ ...
7. あい‐ぐ・す[あひ‥]【相具】
日本国語大辞典
此道を記て以(もって)、三道をつたへ、芸能を、習道して」【二】〔自サ変〕夫婦になる。連れ添う。*今鏡〔1170〕四・伏見の雪のあした「その御母は贈二位讚岐守俊遠 ...
8. あい‐・する【愛】
日本国語大辞典
音楽に次いで愛する」〔三〕(一説、相(あい)する)適当に扱う。子供などのきげんをとる。あやす。*今鏡〔1170〕八・花のあるじ「ちちのみやみ給て、まろをおきて若 ...
9. あいずかわ〓し[あいづかはし]
日本国語大辞典
ょうがある。また、情趣深く、おもしろみがある。*今鏡〔1170〕二・白河の花宴「御笛の音もあいつかはしく、涼しきやうにぞおはしましける」*今鏡〔1170〕六・雁 ...
10. あいずかわ・し【愛づかはし】
デジタル大辞泉
[形シク]魅力がある。おもしろみがある。 「御笛(みふえ)の音(ね)も―・しく」〈今鏡・二〉 ...
11. あい‐ずみ[あひ‥]【相住】
日本国語大辞典
〜14頃〕玉鬘「あひずみにも、忍びやかに心よくものし給ふ御方なれば、うち語らひてもありなむ」*今鏡〔1170〕四・伏見の雪のあした「まだわが房も持たせ給はで、あ ...
12. あ・う[あふ]【合・会・逢・遭】
日本国語大辞典
を調へ馬に乗せて、郎等二三十人具したる者にてぞ下(くだり)ければ、会ふ敵无き者にてぞ有ける」*今鏡〔1170〕三・男山「時にあへる七人、御衣ばこ取りて立つほどな ...
13. あか【赤】
国史大辞典
で絹一疋を染めたとして、火色が紅花染めであることを伝えている。この火と緋の音の通じることから『今鏡』九、むかしがたりに「ものゝふのあけのかはしてひをどしとかした ...
14. あか‐がね【銅】
日本国語大辞典
〔10C終〕一二三・暑げなるもの「七月の修法の阿闍梨。〈略〉また、おなじ頃のあかがねの鍛冶」*今鏡〔1170〕一・序「ももたびねりたるあかがねななり」*寛永刊本 ...
15. あか‐ご【赤子・赤児】
日本国語大辞典
*承応版狭衣物語〔1069〜77頃か〕一・下「君は、ただ、赤児(あかご)のむつきに包まれたる心地して」*今鏡〔1170〕六・志賀のみそぎ「この宮、あかごにおはし ...
16. あがり‐・いる[‥ゐる]【上居】
日本国語大辞典
〔自ワ上一〕官位が昇進してその地位につく。*大鏡〔12C前〕一・文徳「斉衡元年甲戌のとし、皇后宮にあがりゐ給」*今鏡〔1170〕一・望月「寛弘九年二月に、皇太后 ...
17. あがり‐うま【騰馬・上馬】
日本国語大辞典
〔名〕(1)跳びはねる馬。前脚を上げて跳びはねる癖のある馬。駻馬(かんば)。跳ね馬。沛艾(はいがい)。*今鏡〔1170〕七・うたた寝「行利といひし随身(ずいじん ...
18. あがり たる[=あがれる]世(よ)
日本国語大辞典
「時ならぬ霜雪(しもゆき)をふらせ、雲いかづちを騒がしたるためし、あがりたる世にはありけり」*今鏡〔1170〕一〇・奈良の御代「さきの事と聞ゆる上に、人丸はあが ...
19. あきら‐か【明─】
日本国語大辞典
ま。聰明。賢明。*大唐西域記長寛元年点〔1163〕五「闊達、多智にして明敏(アキラカナリ)」*今鏡〔1170〕二・釣せぬ浦々「殊にあきらかにおはしまして、はかな ...
20. あく‐め【悪馬】
日本国語大辞典
〔名〕「あくば(悪馬)」に同じ。*今鏡〔1170〕七・紫のゆかり「布施(ふせ)に、馬をひき給へりける。大方いひしらぬあくめになん侍れば」 ...
21. あけ【赤・朱・緋】
日本国語大辞典
頃〕雑一・一一二三「たまくしげふたとせ逢はぬ君が身をあけながらやはあらむと思ひし〈源公忠〉」*今鏡〔1170〕一・初春「列(つら)なれる紫の袖も心ことに従へるあ ...
22. あけ‐もう・く[‥まうく]【開設】
日本国語大辞典
〔他カ下二〕開けて待ち受ける。*今鏡〔1170〕四・伏見の雪のあした「元よりあけまうけ、またとりあへず開けたらんよりも、ねむに興ある由、人々いひけるとぞ」 ...
23. あさ‐ぎ【浅葱・浅黄】
日本国語大辞典
あさみどりにやいひしほるべき」〔源氏‐乙女〕とあるように、緑がかったうすい藍色である。ところが一二世紀の「今鏡‐八・腹々の御子」には「くらゐおはしまさぬほどは、 ...
24. あさも‐よい【麻裳─】
日本国語大辞典
〔枕〕「あさもよし(麻裳─)」の変化した語。*今鏡〔1170〕一〇・ならのみよ「あさもよひ紀の関守がたづか弓ゆるす時なくあが思へる君」*壬二集〔1237〜45〕 ...
25. あ〓し【悪】
日本国語大辞典
見聞くは、我身の事ならねど嬉しうめでたう、あしき事を見聞くは、せん方なくいとほしきわざなれば」*今鏡〔1170〕二・紅葉の御狩「宿世(すくせ)かしこければ、あし ...
26. あし‐つ‐お【足津緒】
デジタル大辞泉
。牛馬を引いたり、装束を掛けたりする。 「やり縄などいふものも、―なんどにや縒り合はせたる」〈今鏡・二〉 ...
27. あし‐つ‐お[‥を]【足津緒】
日本国語大辞典
亘舞人、陪従、人長、琴持、装束〓」*今鏡〔1170〕二・白河の花宴「やり縄などいふものも、あしづをなんどにやより合せたる、いろいろ交は ...
28. あし の 病(やまい)
日本国語大辞典
*日本書紀〔720〕皇極三年正月(岩崎本訓)「時に軽皇子、患脚(みアシノヤマヒ)して朝(まゐりつかまつ)らず」*今鏡〔1170〕八・はらばらのみこ「御あしの御や ...
29. あし‐よし【悪善】
日本国語大辞典
「廿日ばかりおこなひたる夢に、わが頭をとりおろして、ひたひをわくとみる。あしよしもえしらず」*今鏡〔1170〕六・かりがね「あしよしの御気色はなくて、まことに奇 ...
30. あつ‐ぎぬ【厚衣】
日本国語大辞典
柳厚衣〓〉」*今鏡〔1170〕二・白河の花宴「ほころびは多く縫ひめは少くて、あつぎぬの綿なんどのやうにてこぼれ出 ...
31. あつ‐びたい[‥びたひ]【厚額】画像
日本国語大辞典
厚額冠〓破棄了」*今鏡〔1170〕六・梅の木の下「弟におはせし公行(きむゆき)の、弁にはじめてなりて、あつびたひの冠 ...
32. あね‐おとと【姉妹】
日本国語大辞典
同性の年少者をいう)姉と妹。しまい。*更級日記〔1059頃〕「あねおととの中に、つとまとはれて」*今鏡〔1170〕一・雲井「国母も后(きさき)もあねおととにおは ...
33. あま‐の‐はしだて【天橋立】
日本国語大辞典
幅四〇〜一〇〇メートル。*曾丹集〔11C初か〕「うちわたし岸べはなみにくづるともわがなはつきじあまのはしだて」*今鏡〔1170〕七・ありすがは「八橋とあまのはし ...
34. あやし‐さ【怪─・妖─・奇─】
日本国語大辞典
上「いとどこの御けしきをさればよとあやしさまさりて」(2)みすぼらしいこと。また、その度合。*今鏡〔1170〕一・序「若く侍し昔は、しかるべき人の子など三四人生 ...
35. あやまち【過・誤】
日本国語大辞典
と)の 斎(いは)ひ待たねか 正身(ただみ)かも 安夜麻知(アヤマチ)しけむ〈遣新羅使人〉」*今鏡〔1170〕七・うたたね「『皇后宮の大夫殿おはしますぞ。あやま ...
36. あやま・つ【過つ/誤つ】
デジタル大辞泉
過失を犯す。「―・って相手にけがを負わせた」 3 悪事を働く。罪を犯す。 「重く―・ちたる者の」〈今鏡・二〉4 見まちがえる。取りちがえる。 「み吉野の山べに咲 ...
37. あやま・つ【過・誤】
日本国語大辞典
わづかにも聞きおよばんことは、いかであやまたじとつつしみて」(ロ)法律や規則にそむく。法的な罪を犯す。*今鏡〔1170〕二・御法の師「重くあやまちたる者の、おは ...
38. あやめ の 根合(ねあ)わせ
日本国語大辞典
作って勝負をした遊び。あやめあわせ。しょうぶあわせ。そうぶあわせ。しょうぶねあわせ。《季・夏》*今鏡〔1170〕七・ねあはせ「寛治七年五月の五日(いつか)の日、 ...
39. あらい‐あ・げる[あらひ‥]【洗上】
日本国語大辞典
あらひあ・ぐ〔他ガ下二〕(1)すっかり洗い終える。十分に洗う。また、汚れをすっかり取り除く。*今鏡〔1170〕一七・薄花桜「女、家に入れて、あらひあげて、いとほ ...
40. あら・う[あらふ]【洗】
日本国語大辞典
なりはみなほころび絶え」*大唐西域記長寛元年点〔1163〕七「如来嘗(むか)し中にして器を滌(アラヒ)き」*今鏡〔1170〕一〇・敷島の打聞「あらひたる仏供(ぶ ...
41. あらそい[あらそひ]【争・諍】
日本国語大辞典
年頃の御あらそひの、かかれば、有りつるぞかし」*金光明最勝王経音義〔1079〕「諍訟 アラソヒ」*今鏡〔1170〕七・堀河の流「外記の車は、上臈の次第にこそ立つ ...
42. いい
日本国語大辞典
〔副〕泣き声を表わす語。*今鏡〔1170〕九・真の道「更に読み給ふにも同じやうにいいと泣き居りければこそ」*十訓抄〔1252〕一・皇嘉門院女房問虫鳴声事「三条殿 ...
43. いい‐あ・う[いひあふ]【言合】
日本国語大辞典
物語〔11C中〕二「夜るを昼になして、くだれとこそのたまはせたんなれなど、口口いひあひたり」*今鏡〔1170〕八・伏し柴「あるは歌詠み、色好む君だちなどに見せ合 ...
44. いい‐か・える[いひかへる]【言替・言換・言易】
日本国語大辞典
いひか・ふ〔他ハ下二〕(室町時代頃からヤ行にも活用した)(1)ほかの言い方に改める。換言する。*今鏡〔1170〕六・梅のこのもと「三条の内大臣は、能長の大臣を申 ...
45. いいしら‐・ず[いひしら‥]【言不知】
日本国語大辞典
いひしらぬたからの王侍り」*源氏物語〔1001〜14頃〕末摘花「白き衣(きぬ)のいひしらず煤(すす)けたるに」*今鏡〔1170〕七・紫のゆかり「大方いひしらぬ悪 ...
46. いい‐とど・む[いひ‥]【言留】
日本国語大辞典
*万寿二年阿波守義忠歌合〔1025〕「足曳(あしひき)の山路こそ神代の古言にもいひとどめたれば」*今鏡〔1170〕六・志賀のみそぎ「心あらん人は、いかなる事の葉 ...
47. いい‐な・れる[いひ‥]【言慣・言馴】
日本国語大辞典
内大臣忠通歌合〔1118〕「岡の梢の色をおもふなどいへるも、云なれてをかしさまさりたるにや」*今鏡〔1170〕五・ふるさとの花の色「詞もいひなれ、姿も詠みすまさ ...
48. いい‐な・れる【言(い)慣れる/言い馴れる】
デジタル大辞泉
源・末摘花〉3 表現が練れていて巧みである。 「詞(ことば)も―・れ、姿も詠みすまされ侍る」〈今鏡・五〉 ...
49. いえ の 賞(しょう)
日本国語大辞典
自分の家を皇居に献上したことに対する褒美(ほうび)。*今鏡〔1170〕一六・白河のわたり「女御・后などたびたび奉らせ給ひ、家の賞蒙り給ふこともたびたびにて」*平 ...
50. いえ の 女房(にょうぼう)
日本国語大辞典
(1)貴顕の家に仕える侍女。*今鏡〔1170〕八・花のあるじ「越後の乳母(めのと)〈略〉名高き女歌詠み、いゑの女房にてあるに」(2)(1)の中で特に、側室の地位 ...
「今鏡」の情報だけではなく、「今鏡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

今鏡と同じ物語カテゴリの記事
うつほ物語(宇津保物語)(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。題名は首巻の「俊蔭」の巻で、主人公の仲忠が母と杉の洞穴で生活したことによる。従来「宇津保」と書かれていたが、変体仮名の原漢字を用いたもので、題意からは「うつほ(ウツオ)」がよい。成立時代は円融朝(969~984)~一条朝(986~1011)初期で、作者は古くから
落窪物語(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の物語。4巻。題名は、継母が姫君を寝殿の一段低い部屋に住まわせて落窪の君と呼ばせたことによる。成立時期、作者とも未詳であるが、およそ一条朝の初期、寛和~正暦(985~995)ごろ、男性によって書かれたものと考えられる。内容は、継母に虐待される薄幸の姫君が左大将の
唐物語(国史大辞典・世界大百科事典)
中国説話二十七篇を歌物語風に翻訳した物語。一冊。前田綱紀の手記『桑華書志』所収の『古蹟歌書目録』は『漢物語』として作者を藤原成範と伝える。これが『唐物語』を指す蓋然性は高く、院政期の成立と見てよい。各話は王朝物語にもしばしば引用される著名な人物が配される。
とりかへばや物語(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代末期の物語。運命のいたずらで女装、男装を余儀なくされた異腹の兄妹の物語。作者未詳。三巻三冊または四巻四冊。『とりかへばや』には古本と今本とがあり、古本は散佚、古本を改作した「今とりかへばや」が『とりかへばや』『とりかへばや物語』の名で現存する。
今鏡(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安末期の歴史物語。1170年(嘉応2)成立説とそれ以後とする説とがあり、作者は藤原為経(寂超)説が有力。『大鏡』を受けて、1025年(万寿2)から1170年までの歴史を、座談形式を用い、紀伝体で叙述したもの。巻1~3は後一条天皇から高倉天皇までの帝紀、巻4~6は藤原氏
物語と同じカテゴリの記事をもっと見る


「今鏡」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
和漢朗詠集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代、貴族の間に口ずさまれた漢詩文の佳句、および和歌の詞華選集(アンソロジー)。藤原公任の撰として疑われない。二巻。成立年は不明であるが、藤原道長三女でのちに後一条天皇皇后となった女御威子の入内屏風に、倭絵(やまとえ)・唐絵(からえ)とともに配されていたものと
栄花物語(栄華物語)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の歴史物語。四十巻(異本系三十巻)。『栄華物語』とも書く。『大鏡』とともに『世継』『世継物語』などとも呼ばれたため、時に両書は混同されたこともある。前三十巻の正編と、後十巻の続編の二部に大別され、まず正編が書かれた後、続編が別人によって書き継がれたもので
浜松中納言物語(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級日記』奥書に「常陸守菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也。(中略)夜半の寝覚、御津の浜松、みづから悔ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
夜の寝覚(夜半の寝覚)(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期の物語。『夜半の寝覚』とも、単に『寝覚』ともよばれる。現在の伝本は五巻または三巻であるが、その中間部分と終末部分とに大きい欠巻部分がある。原形態は、現存本の2倍から3倍の量があったと推定されるが、厳密には不明である。作者については、藤原定家が『浜松中納言物語』
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る