ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない 万人向けメールマガジンのバックナンバー 絶賛掲載中。ジャパンナレッジ会員のかたならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)が使えます。

明日晴れるかな?

2017-11-14

本日の東京地方、どよーんと、雨が降ったりやんだりです。私の心もどよーん。というのも……

10月から「図書館員が気になる図書館」という新しい連載企画が始まった。8月に始める予定だったんだが、結局なんやかんやで2か月遅れてしまった。11月の「気になる図書館」防災専門図書館さんは9月の防災の日にあてるつもりであった。そしていま現在、私は来月分の図書館さんの記事作成で締切直前うんうんうなっている最中である。(次回も素敵な館ですよ!)

つくづく思うのは、私はかなり遅筆な上に、どうも直前にならないとやる気が出ないタイプである。小学校の夏休みの宿題は6年連続、終了間際にやり出して8月31日の夜中まで泣きながら家族総動員でやっていた。うん十年も自分をやってんだから、そろそろこの性格、わかってやれよと思うんだが、うん十年経ってもこれだけはどうしてもわからないようである。

やる気が出たら2、3日ですいすいできるんじゃないか、直前になれば文章の神様とやらがおりてきて1日でできるんじゃないか。
元来、悲観的な性格だとは思うんだが、締切仕事の場合はとくに、ここぞとばかりこの上なく楽観的になり、次の日、また次の日と後回しにしていくという最悪なパターンにどうしてはまってしまうのか。

でも今回は宿題なんかじゃない、自分さえ頑張ればいいっていうものでもない。図書館員さんに推薦もらって、代わりに話を聞いて、両者納得できる記事を書かなきゃいけない。全国の図書館員さんに少しでもお役に立てるような記事を届けなきゃいけない。
しかしながらその自覚がまだないようで、あれ?年明け2、3月分の取材のアポってまだとってないよな、とまさにいま、どよーんと青くなっている始末である。

オチもなにもない文章になってしまった。「気になる図書館」企画に対してなんのプラスにもならない文章になってしまった。(逆にマイナスです!)

はい、そうです。このメルマガも1週間の配信遅れ。この間、横浜に3デイズ通った図書館総合展やら、東京女子大学の篠崎ゼミジュニア(2年生たちです)ががんばった学園祭ネタやら、プライベートでは桑田さんの30周年ライブやらいろいろ面白いことはあったんですが、自分の中でどれも消化できておらず、レポートすることができませんでした。

「図書館員が気になる図書館」、記事担当はこんなヤツですが、毎回素敵な図書館をお届けできるよう励みます!
どうぞよろしくお願いいたします。
http://japanknowledge.com/articles/libguide/

2017-11-14 written by かおるん
10年ぶりくらいに桑田佳祐さんのライブに行ってきました。左右2つずつある大画面にはつねに桑田さんが映し出され、全曲歌詞付きで紹介。桑田さんが生み出す音はそりゃまあ素晴らしいんですが、紡ぎ出す歌詞にはほんと圧倒されます。一文字一文字無駄なものなんてのがない!
還暦過ぎてもなお、輝き続ける桑田さん。来年はサザンオールスターズ、なんと40周年です。