ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない 万人向けメールマガジンのバックナンバー 絶賛掲載中。ジャパンナレッジ会員のかたならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)が使えます。

フリーテーマって難しい

2017-08-25

こんにちは、ネットアドバンスさんでインターンシップ生として勉強させていただいている大学生のおちと申します。

このたびインターンシップの一環でジャパンナレッジNEWSのメルマガを書かせていただくことになったのですが、何を隠そう私はこういった文章を書くのがとてつもなく苦手なので何を書けばいいのかさっぱりわかりません。

「どのようなことを書けば良いですか?」とお伺いした際に、「何を書いてもいいですよ」と仰ってくださったのですが、何も思い浮かばない私はかえって困ってしまいました。
日記もロクにつけたことのない、筆不精を体現したような人が、先人たち(今回メルマガを書く際に参考資料として過去の記事を見せていただきました)のように文章に落とし込めるようなネタや、テーマになりそうな出来事を持ち合わせているはずもないため、いっそのこと「文章を書くのが苦手であること」をテーマにして文章を書いてみようと思います。


そもそもなぜ文章を書くのが苦手なのかというと、単純に書きたいことが思い浮かばないのです。テーマがあるのならまだごまかすことができるのですがフリーテーマとなるとそういうわけにもいかないので非常に困ります。テーマが決まらないせいでいつも書き出しから筆が進まずまっさらの状態で時間だけが過ぎていくためとても焦ります。ちなみに今もだいぶ焦っています。

なんとか頭をひねって文章を書いたところに立ちはだかるのが「まとめ」や「締め」です。これが思い浮かばないばっかりに無駄に長さを引き伸ばして唐突に終わるなんてことを幾度となくやらかしてきた覚えがあります。こればっかりはごまかしようがないため非常に厄介だと思っています。

ついでに言うとメッセージを書くのも苦手です。テーマがあってまとめを書くほど長い文でもない。「ひとこと」なのにそれすら苦手なのです。
中高生のころ、卒業シーズンになると部活の寄せ書きや「卒業アルバムにメッセージを書いてくれ」と言われることがよくありました。仲の良い人についてなら兎も角、このようなものは関わりの薄い人に書かなければならない時や、そこまで仲の良くない人から頼まれることがよくあるため、まっさらの状態で固まってしまうことが多いです。


テーマとまとめ、そして内容を絞り出す。これが私の文章を書くのが苦手な理由です。「全部じゃないか」と思う方もいらっしゃるでしょうが、全部苦手なのです。
文章やメッセージをすらすらかける人はどこから浮かび上がってくるのか私には不思議でしょうがないです。何かコツがあるならぜひ教えてほしいです。

2017-08-25 written by ゲスト
以上、文章が苦手な若人おちがお送りしました。こんな拙い文を読んでいただきありがとうございます!
写真は地元の海岸から見た隣町の花火大会のものです。本文の内容とは一切関係ありませんが、花火って夏の風物詩という感じがしますし、海岸で見ると水面に映る姿も相俟って風情がありますよね。