第11回
もう一つの「水無月(みなづき)」

 京都の人に「水無月」というと、どうやら月の異名よりも、その名のついた和菓子を真っ先に思い浮かべるらしい。関東の人間にはあまりなじみがないのだが、白い外郎(ういろう)を台にしてその上に甘く煮た小豆をのせ、三角形に切った菓子である。外郎は氷に見立てたもので、小豆は悪魔払いの意味合いがあるのだそうだ。
 なぜ6月に氷なのかというと、古く6月1日に氷室に蓄えておいた氷を取り出して、天皇に献上したものを特に「氷室の御調(みつぎ)」といったところから、その氷に見立てたものと考えられる。
 6月になると京都の町の「おまんやさん(お饅頭屋さん)」ではこの「水無月」が一斉に店頭に並ぶそうだ。本来は、6月30日の「夏越(なご)しの祓(はら)え」の時に食べるものだったので、店によってはその日1日だけしか販売しないところもあるという。「夏越しの祓え」とは夏から秋への季節の変わり目に、罪や汚れを除き去るための行事である。今でも各地の神社などでチガヤや藁(わら)などで作った輪をくぐる風習が残っている。
 京都の人がなによりも季節を感じる菓子だと言い、しかもわずかな期間しか食べられないものだと聞くと、辛党の筆者もぜひ食べてみたくなる。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る