第110回
最下位の意味の「ぺけ」

 第106回で関西では「×」を「ぺけ」と言うと書いた。だが、千葉県出身の筆者にとっては「ぺけ」は別の意味のことばとなる。何かというと「最下位」のこと。「運動会の駆けっこでぺけになった」などと使うのである。
 東京女子大学教授の篠崎晃一氏によると、この意味で「ぺけ」を使う人は埼玉県に多いらしい(『出身地(イナカ)がわかる方言』幻冬舎文庫)。『日本国語大辞典』の方言欄を見ると、関東では栃木県でも使うとある。筆者は千葉県北西部で生まれ育ったのだが、周囲に「ぺけ」を使う人がいたことは確かである。ただ、その人たちが元々の住民だったかどうかは残念ながら記憶にない。この最下位の意味の「ぺけ」が、関西で「×」をいう「ぺけ」と関連があるかどうかは不明である。
 「ぺけ」も使うが、ふだんは最下位の意味では「びり」を使うことが多い。篠崎氏によれば「びり」は東日本に多い言い方ではあるが、全国に広がっていて共通語に近いという。ちなみに西日本では「どべ」が優勢だそうだ。
 「ぺけ」ばかりでなく、「びり」や「どべ」も語源は不明である。大槻文彦著の国語辞典『大言海』(1932~35年)には、「びり」は「しり(尻)の転訛(てんか=なまり)か」とあるが、決定打にかける気がする。「どべ」は、「泥」のことを「どべ」というのだが関連はわからない。「びり」は「ビリ」と片仮名で書かれることが多いので新しいことばのようだが、『日本国語大辞典』によれば江戸時代から使われていたようだ。 
 「ぺけ」「びり」「どべ」……最下位を表すことばは、何となく脱力系の語感があって、最下位とはっきり言われるよりも悪くないと思っている。これ以外にもこの意を表すことばはあるようなので、各地の出身者が集まったときなど、お互いの言い方を披露し合うと盛り上がるかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る