第165回
「断トツ」は1位ではないのか?

 「断トツの最下位から、つながりやすさNo.1へ。」
 少し前の話だが、ある携帯電話会社のこんな広告が話題になった。携帯電話が「つながりにくい」ということを認めた自虐的なコピーが評判になったようだが、今回話題にしたいのはそのことではない。「断トツの最下位」という言い方の方である。
 「断トツ」は「ダントツ」と書くことも多いのだが、この語の語源をご存じだろうか。お手元の国語辞典を引いていただくと、ほとんどが「断然トップ」の略と書かれていると思う。「トツ」は英語の「top」の略なのである。意味は2位以下を大きく引き離して先頭にあることをいう。
 この語がいつ頃使われるようになったのか、はっきりしたことはわからないのだが、『日本国語大辞典 第2版』の用例は、石原慎太郎『死のヨットレース脱出記』の「スタートからダントツ(断然トップ)で出たが」というものである。この文章が発表されたのは1963年で、わざわざ「断然トップ」という注釈を加えているところをみると、ほぼその時代に生まれた語なのかもしれない。新語を積極的に掲載している『三省堂国語辞典』も「断トツ」を登録したのは1974年発行の第2版からである。
 多くの辞書の解説からもわかるように、「断トツ」とは2位を大きく引き離して、首位、先頭、トップの座にあることである。『死のヨットレース脱出記』もヨットはその位置にいる。
 ところが、この語は「断然トップ」という本来の意味が次第に失われつつあるようなのだ。そのため、「断トツの首位」などという言い方まで生まれている。これは首位であることを2度言っているわけだから、明らかに同じ意味を重ねた重言である。
 また、くだんの携帯電話会社の広告は、首位の座ではなく最下位の座をそう言っていて、本来の意味に即してみると、断然首位の最下位という変な意味になってしまう。
 どうやら「断トツ」は、語源がわからなくなったことによって正しい意味まで忘れさられ、「大差を付けて」という意味で使われるようになったと言えそうである。
 この新しい意味を認めるかどうか悩むところで、今のところほとんどの国語辞典はこの意味に触れていない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る