第173回
「あくどい」は「悪どい」?

 現在使用しているスマートフォンで「あくどい」と書こうとして、文字変換の候補に「悪どい」が出てきて驚いたことがある。第169回で「潔い」を「いさぎ良い」だと思っている人がいると書いたが、「あくどい」の場合は「あく」を「悪」だと思っている人がけっこういるということなのだろうか。
 お手もとに国語辞典があったら、「あくどい」を引いてみて欲しい。「悪どい」などという表記は示されていないはずである。あったとしても、「悪どい」は誤り、あるいは俗な表記だと書かれていると思う。
 「あくどい」の語源は『日本国語大辞典 第2版』を見ると以下の諸説がある。
(1)クドイに接頭語アのついた語〔大言海〕。
(2)アクツヨイ(灰強)の略〔菊池俗言考〕。
(3)アクドイ(灰汁鋭)の意〔国語拾遺語原考=久門正雄〕。
(4)アク(灰汁)クドイの約〔両京俚言考〕。
 (1)の『大言海』(大槻文彦著の国語辞典。1932~37刊)だけ異なるが、あとは「あく」は「灰汁」だと見ている。
 「あくどい」は、ものごとが度を超えていていやな感じを受ける場合に用いる語で、それが色だったり、味だったり、やり方だったり、性格だったりするわけである。だとすると「あく」を「灰汁」(植物の中に含まれるえぐみ渋みの元になる成分)と考える語源説は妥当なものとだと思われる。
 ちなみに「あくどい」は接頭語「あ」+「くどい」だという少数派の説の『大言海』は、語源の記述が多い辞書としても有名なのだが、「灰汁」を引くと、「アクドシのアクか」と言っている。これだと、 「あ・くどし」が「あくどし」になり、それから「あく(灰汁)」という語が生まれたことになってしまう。
 それはさておき、少なくとも「あく」は、「悪」ではないということだけは確かなのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る