第179回
「右開き」と「左開き」

 みなさんは「右開き(左開き)の扉」というと、どちら側に開く扉を考えているだろうか。実は、「右開き」と「左開き」についてはかなり混乱があるらしいのだ。
 実際、国民生活センターのホームページを見ると、インターネット通販で、扉の右側が開くタイプの冷蔵庫を買おうと思い、「右開き」と表示されているものを選んだところ、左側が開くタイプが届いてしまったという事例が紹介されている。そのホームページでも説明されているのだが、冷蔵庫を見て「右開き」と言われると、冷蔵庫に向かって「“右側が”開く」とイメージする人がいるらしい。つまり、中味が見えるようになった冷蔵庫本体が右側に来ると思ってしまうようだ。
 だが、メーカーや販売店では「右開き」とは「“右側へ(に)”扉が開く」と説明をしている。つまり「右開き」とは扉が右方向に開くことであり、中が見えるようになった冷蔵庫本体は左側に来るのである。もちろん「左開き」はその逆である。
 これは、書籍の場合も同じことが言える。書籍は、文章の文字組みが縦組みか横組みかで決まるのだが、文章が縦書きなら「右開き」、横書きなら「左開き」となる。縦書きでは文字を読むとき右から左へと視線を動かし、横書きの場合は左から右に動かすことになるので、縦組みは右側を、横組みは左側を綴じることになる。日本語の本は縦組みが多いので、「右開き」の本が多いことになるわけで、それを覚えておけば、「右開き」「左開き」の違いは理解しやすいかもしれない。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る