第233回
「世間ずれ」の意味がずれてしまった……

 最初は何かの冗談かと思った。「世間ずれ」ということばのことである。世の中の考えから外れているという意味だと思っている人が増えていると聞いたからである。本来の意味は、世間を渡ってきてずる賢くなっているということなのだが。
 冗談かと思ったのは、世の中の考えから外れているという意味だと、「世間ずれ」の「ずれ」を「ずれている」と理解していることになるからである。もちろん「ずれ」は「ずれる」ではなく、「擦(す)れ」すなわち、世間でもまれて純粋さを失ったり、悪賢くなったりするという意味の「擦れる」である。「擦れる」を「ずれる」にするというのもしゃれなら面白いかもしれないが、日常使うことばの意味だとことは重大である。
 だが、文化庁が2004(平成16)年度に行った「国語に関する世論調査」では、「世間を渡ってきてずる賢くなっている」の意味で使う人が51.4パーセント、「世の中の考えから外れている」の意味で使う人が32.4パーセントと、まだ世の中からずれているだと思っている人は少数派で余計な心配は必要なかった。
 ところが先ごろ発表された2013(平成25)年度の調査では、「世間を渡ってきてずる賢くなっている」で使う人が35.6パーセント、「世の中の考えから外れている」で使う人が55.2パーセントと、何とわずか10年ほどの間に逆転してしまったのである。しかも、10代では8割台半ば、20代でも8割近くの人が、世の中からずれているだと思っている。このまま、こうした世代が年を重ね世代交代が進むと、みんなが理解しているこのことばの意味が完全に変わってしまう可能性だってある。
 辞書としては今のところ本来の意味を掲げ、補注か何かで、世の中からずれているという意味で使うのは誤り、などといった一文を添えるしか手だてはなさそうである。しかし、それだけではこの流れを食い止めることは不可能であろう。何とももどかしい。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る