第265回
「粗辞」

 社員の結婚式でスピーチを頼まれたという知り合いの社長さんから、「最近“そじ”っていうことばをよく聞くんだけど、知らない?」と尋ねられた。
 “そじ”?
 知らないことばを聞くと、職業病ゆえか、同音の熟語を頭の中で検索してしまう。すぐに思い浮かんだのは「措辞」「素地」「楚辞」の3語なのだが、どれも結婚式とは関係なさそうだ。「措辞」はことばの使い方のことだし、「素地」は何かをするときの基礎という意味だし、「楚辞」に至っては中国古代の文学書の名前である。
 だが、もちろんそれらの語とはまったく違う、「粗品」の「粗」に「辞書」の「辞」と書く「粗辞」だというのである。スピーチや挨拶の最後に、「はなはだ粗辞ではございますが、ひとことご挨拶申し上げます」などと使うらしい。確かに「粗」という漢字には、「粗茶」「粗餐(さん)」のように贈り物に付けて、贈り主の謙遜(けんそん)の気持ちを表す意味がある。だから「粗辞」も自分の挨拶をへりくだる気持ちで言ったものだということはよく分かる。だが、私自身は最近結婚式に招待されることがめっきり減っていることもあって、初めて聞くことばであった。そのように答えると、その社長さんは「自分もスピーチで使いたいのだが、どの辞書にも載っていないことばなので、昔からあったことばなのだろうか」とかなり気になる様子であった。
 「粗辞」は少なくとも私がかかわった辞書には載せていないという妙な確信はあったのだが、念のためにいくつかの辞書を調べてみた。案の定『日本国語大辞典』はもとより、他社の中型の国語辞典や漢和辞典にも載っていない。だが、『明鏡国語辞典』(大修館)や『三省堂国語辞典』(三省堂)などといった新語に敏感な辞典には立項されていたのである。しかも、『明鏡国語辞典』の編者である元筑波大学長の北原保雄氏は、『辞書を知る』(国立国語研究所編)という冊子の中で、『明鏡国語辞典』の初版からではなく、初版の翌年に刊行された『同〔携帯版〕』で収録したという経緯を語っている。『明鏡』の「携帯版」の刊行は2003年なので、少なくとも「粗辞」はそれ以前から使われていたことになる。
 今後改定される国語辞典では「粗辞」を収録するものが増えてくることであろう。辞書にかかわる者としては、何時ごろからだれが使い始めたことばなのか、できれば知りたいところである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る