第329回
「乾杯」で飲むものは?

 小学生からこんな質問を受けた。

 辞書で「乾杯」という語を引くと、「酒を飲みほすこと」と書いてあります。お誕生会などで、「カンパーイ」と言ってジュースを飲むけれど、お酒じゃなきゃ「乾杯」って言えないのでしょうか?

 確かに小学生向けの国語辞典を引くと、「さかずきをさしあげ、よろこびや健康などを祝って、酒を飲みほすこと。」(小学館『例解学習国語辞典』)とある。最近の小学生向けの国語辞典の中には「酒など」としているものもあるが、大人向けの辞典ではほとんどが「酒」だけである。
 もちろん「酒を飲みほすこと」というのが「乾杯」の本来の意味である。「乾杯」の意味は「杯を乾(ほ)す」ということであるからだ。「杯(さかずき)」は「酒(さか)杯(つき)」の意、つまり酒を飲む器ということなので、それを飲みほすと言うことは酒でなければならない。
 ただ、ことばというものは意味が拡大して使われるようになることがけっこう多い。中身がお酒でなくても、家庭などで親子でコップなどを触れ合わせて、 「カンパ~イ!」と言うことは少なからずあると思う。先日もテレビドラマを見ていたら、十代の三姉妹がジュースで「カンパ~イ!」とやっている場面があった。時代背景が昭和初期であったので多少違和感はあったが、これも拡大解釈をして使っているということになるであろう。
 一般向けの国語辞典ではまだ本来の意味しか載せていないものが多いが、これからは拡大解釈をした意味を載せる辞書も増えてくるものと思われる。
 ただし、マナーとしては、「乾杯」はアルコールが飲めなくても酒ですべきだという立場もあるらしい。つまりジュースやウーロン茶などでの「乾杯」はおかしいというのである。
 マナーの専門家ではない私にはその辺のところはよくわからないが、ことばとしては「酒」が本来であるということだけは言えるので、拡大した意味は載せたとしても、本来の意味もしっかり残しておくべきだと思うのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る