第327回
「あおむく」か?「仰向く」か?

 顔や物などの表面または前面が上をむくことを「あおむく」というが、この語を書くとき、「あおむく」と仮名書きにするだろうか、それとも「仰向く」と漢字で書くことが多いだろうか。
 仮名書きにしても漢字で書いてもどちらも間違いではないのだが、辞書と新聞とでは、立場が違うのである。
 辞書は「仰向く」と漢字派、新聞は「あおむく」と平仮名派である。なぜそのようなことになるのか。
 『日本国語大辞典』によれば、「あおむく」は古くは「あふのく」で、「あふ」は「仰ぐ」の語根、「のく」も仰ぐ意で、その「あふのく」が「あふぬく」に転じ、さらに「仰向く」と意識されて音変化を起こしたものかとある。「語根」とは、単語の意味の基本となる、それ以上分解不可能な最小の単位のことである。また「のく」は、今までいた場所から離れる意味の「のく(退く)」とは別語である。この「仰向く」と表記されるようになったのは、近世中期以後のようである。
 新聞などで「あおむく」を仮名書きにしているのは、この語が以上のような経緯で生まれた語であることを勘案して、「仰向く」と書くのは本来的ではないと判断したからかもしれない。ただし、一般的にはどうかというと、「仰向く」と漢字で書くほうが圧倒的に多そうである。
 ちなみに、「仰」は常用漢字であるが、訓として載せられているのは「あおぐ(仰ぐ)」と「おおせ(仰せ)」だけである。つまり「あお」の読みが使えるのは「仰ぐ」の場合だけで「仰」の字は「あおむく」には使えないと考えるのがふつうである。従ってほとんどの国語辞典は、「仰向く」の表記欄では、「仰」には「常用漢字表」に掲げられた音訓以外の読み方であることを示す記号がつけられている。
 ただ、私が調べた限りでは唯一『岩波国語辞典』には「仰向く」にその記号が付けられていない。どうしてなのかその理由を知りたいところである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る