第332回
「アンケート」は“する”のか?“とる”のか?

 「アンケートをとる」という言い方を、したり聞いたりしたことはないだろうか。もちろん間違った言い方ではないのだが、「アンケートをする」が自然な言い方だとされているのである。
 アンケートはフランス語enquêteからで、元の意味は調査、問い合わせということである。つまり、「調査」の意だから、「調査をする(行う・実施する)」という言い方がふつうで、同様に「アンケート」も「アンケートをする(行う・実施する)」のほうが自然だというわけである。
 だが実際には「アンケートをとる」という言い方はかなり広まっていると思われる。筑波大学・国立国語研究所・Lago言語研究所のコーパスで検索しても、「アンケートをとる(取る)」の頻度数は1,162である。これに対して、「アンケートをする」のそれは283、「行う」は589、「実施する」は1018で、単独では「アンケートをとる」が一番多いのである。
 「アンケートをとる」という言い方が生まれたのは、「とる」が数量をはかる、調べるといった意味で使われた「統計をとる」などに引かれた可能性が高い。話しことばではあまり違和感なく使われているが、やはり改まった文章などでは使わないほうが無難かもしれない。
 また、アンケートの原義は「調査」なので、「アンケート調査」は重複表現だという考え方もある。そのためNHKでは、「アンケート調査」を認めつつも、使用には注意するようにとしている。
 ちなみに、「アンケート」をどのように数えるかということを記載した面白い辞典があるので紹介しておく。『数え方の辞典』(飯田朝子著 小学館)という辞典で、
 配布するものは「枚」、回答を得て回収するものは「通」で数えます。電話やインターネットでのアンケートは「件」「人」で回答数を数えます。
とある。「アンケート」の数え方なんて考えたこともなかったので実に新鮮であった。この辞典は物の名称からその数え方を知ることができる、読んでいて楽しい画期的な辞典である。

【参考】筑波大学・国立国語研究所・Lago言語研究所『NINJAL-LWP for TWC』(http://nlt.tsukuba.lagoinst.info)

★神永曉氏、語彙・辞書研究会「辞書の未来」に登場!
「日本語、どうでしょう?」の著者、神永さんが創立25周年の語彙・辞書研究会の第50回記念シンポジウムにパネリストとして参加されます。現代の日本において国語辞書は使い手の要望に十分応えられているのか? 電子化の時代に対応した辞書のあり方とは一体どういうものなのか? シンポジウム「辞書の未来」ぜひご参加ください。

語彙・辞書研究会第50回記念シンポジウム「辞書の未来」
【第1テーマ】日本語母語話者に必要な国語辞書とは何か
[パネリスト]
小野正弘(明治大学教授)
平木靖成(岩波書店辞典編集部副部長)
【第2テーマ】紙の辞書に未来はあるか
――これからの「辞書」の形態・機能・流通等をめぐって
[パネリスト]
林 史典(聖徳大学教授)
神永 曉(小学館 出版局「辞書・デジタルリファレンス」プロデューサー)

日時 2016年11月12日(土) 13時15分~17時
会場 新宿NSビル 3階 3J会議室
参加費【一般】1,800円【学生・院生】1,200円 (会場費・予稿集代等を含む)
くわしくはこちら→http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/affil/goijisho/50/index.html

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る