第51回
「松竹梅」は等級を表すことばなのか?

 うなぎが好きでよく食べに行く。
 先日、上野池之端にあるうなぎ屋に行ってお品書きを見たところ、うな重は「松」と「竹」があり(「梅」はなかった)、値段は「松」よりも「竹」のほうが高い設定になっていた。普通、「松竹梅」で値段の違いを示すときは「松」が一番高く、以下「竹・梅」と続くことが多いのでおやっと思った。
 だが、この「松竹梅」は実は順序や等級の優劣を表すことばではないのである。元来は、松と竹は冬の寒さに耐えて緑を保ち、梅は花を咲かせるところから、「歳寒(さいかん)の三友(さんゆう)」と称して、めでたいもののしるしとされていたのである。「歳寒」とは冬の時節のことで、「歳寒の三友」は東洋画の画題や祝い事の飾り、立花などに用いられる。
 俳優の渡哲也さんがCMに出ているまさにその名が付けられた清酒もあるが、これもめでたいものであるところからの命名であろう。
 つまり、「松竹梅」を順序や等級の優劣を表す語として使われるようになったのは最近のことのようで、どれが上でどれが下ということはないのである。
 ちなみにくだんのうなぎ屋では安いほうの「松」を食べたのだが、「竹」と比較はできなかったものの、ふっくらとしたうなぎで実に美味であった。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る