第63回
「生食」の「生」は「せい」?「なま」?

 焼き肉店でユッケを食べた方が亡くなるという痛ましい事件が起きた。
 ユッケは牛肉の生肉から作るのだが、食べ物を加熱せずに生のままで食べることを「生食」という。
 この「生食」の読み方だが、みなさんは迷わずに読んでいるのだろうか。
 かくいう筆者はその時々で、「せいしょく」と言ったり「なましょく」と言ったり、かなり揺れているような気がする。
 「生」の音読みは「せい(しょう)」だが、「なま」は訓読みなので「なましょく」は湯桶(ゆとう)読みになってしまう。ところが、「せいしょく」は同音異義語が数多くあるため耳で聞くと分かりづらい。だから、「なましょく」という言い方もかなり広まっているのであろう。
 「生」を「せい」と読むか「なま」と読むかと考えると、余談になるが、映画も話題になっている小説『阪急電車』(有川浩著)の冒頭の部分を思い出す。図書館ですれ違うだけの男女が、たまたま阪急電車で一緒になり、車窓から見える川の中州に書かれた「生」の字の読み方をめぐって思い思いの読み方を相手に語るうちに急接近するという出会いの場面である。「生」は「なま」「せい」と読まれ、「なま」の連想で男が女に「生ビール」を飲みに誘うのである。
 余談が長くなってしまった。
 結論を言えば、「生食」は「せいしょく」でも「なましょく」でも、どちらでもまちがいではないのである。
 それにしても、日本語は声に出して読むのが難しい語が本当に多いと思う。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る