第79回
「一段落」の正しい読みとは?

 日本語にはどっちを使うのが正しいのだろうかと迷うことばがけっこうある。筆者にとっては、この「一段落」もそのようなことばで、人と話をしていて、「いちだんらく」「ひとだんらく」どっちが正しかったんだっけ、といつも迷ってしまうのだ。
  「一段落」は元来は文章の一つの段落のことで、それが物事のひと区切りの意味になったことばである。正しい読みは「いちだんらく」なのだが、話しことばなどで筆者も含めて「ひとだんらく」と言ってしまう人が次第に増えてきている。
 そのため一般の国語辞典では、
 「ひとだんらく」と読まれることも多いが「いちだんらく」が正しい。(『現代国語例解辞典』小学館)
などとわざわざ注記しているものが多い。ただこうした中にあって『明鏡国語辞典』(大修館)だけは、初版で「いちだんらく」の同義語として「ひとだんらく」も載せてその読みを認めていた。だが何があったのか、第2版(2010年)では同義語扱いはやめて、
 「ひと段落」も増えているが、「いち段落」が本来。
という他の辞典とほとんど同じ扱いに変えてしまった。
 なぜ「ひとだんらく」という読みが増えてきたのだろうか。理由として考えられるのは、「一安心」「一苦労」など「ひと+漢語」の語がけっこうあること、類義の「一区切り」が「ひとくぎり」と読まれることなどである。
 だが、依然として新聞、テレビ・ラジオでも「ひとだんらく」は認めていないので、新聞記事やニュース番組などでそう使ったら、やはり間違いだと言わざるを得ないのである。

キーワード:

さらに悩ましい国語辞典
―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!―

日本最大の辞書『日本国語大辞典』の編集者はまだまだ悩んでいる! 辞書で定義しずらい言葉の悩み辞書にした「悩ましい国語辞典」の第2弾。
そんたく【忖度】[名]「忖」も「度」もはかるという意味。他人の心を推し量ることで「なにか配慮をする」の意味はない。/しんしゃく【斟酌】配慮までする意味なら「忖度」でなく、「斟酌」の方がしっくりする。この語「手加減する」と意味は変化し続け、今、忖度で起きている現象が斟酌でも起きている……

悩ましい国語辞典
―辞書編集者だけが知っていることばの深層―

「日本国語大辞典」の編集担当者を惑わすことばの不思議スリリングに揺れる日本語の深さ! 面白さ満載!
「うがった見方」は「疑ってかかるような見方」ではない/「悲喜こもごも」を合格発表の描写で使うのは誤り/「まじ! 」は、江戸時代の小説に使用例がある/スコップとシャベルはどちらが大きいか?西日本と東日本では違う/「谷」を「や」と呼ぶのは音読みでも訓読みでもない方言/「あばよ」の語源は幼児語の「アバアバ」

ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る