更新情報〔2015年4月30日〕

新規:9項目
改訂項目:292項目
日本大百科全書(ニッポニカ)は進化しつづける百科事典です。毎月、新項目の追加や、既存項目の改訂が行われています。

1 追加項目

今回の更新では、工学関連、経済・社会に関する項目を中心に追加しました。
◇工学関連
  • 計量学
  • 熱暴走
  • ハードディスク
◇経済・社会
  • 過労死等防止対策推進法
  • 国連宇宙空間平和利用委員会
  • 消費者契約法
  • 消費増税法
  • 総漁獲可能量
  • 知的財産国際取引所

2 改訂項目

電気工学、医学、気候、工業などに関する項目の改訂を行っています。

[主な改訂項目]
◇電気工学
  • 液晶ディスプレー
  • MD
  • 磁気ディスク装置
  • 電子ペーパー
  • フロッピーディスク
  • ポッドキャスティング
  • ワイヤレス・センサー・ネットワーク
◇医学
  • 人工授精
  • 体外受精
◇気候
  • 気候変化
  • 気候変動
  • ブリュックナー周期
◇工業
  • 金属
  • 金属学
  • 合金
  • 繊維機械工業

3 新規メディア

『職人尽絵詞』(20点)の写真を新たに収録しました。また、都道府県章(14点)、政令指定都市の行政区(14点)、鉱業(11点)、電気工学(2点)、言語(17点)、宗教(30点)、芸術(29点)などの図版を追加しています。

[主な追加画像]
◇『職人尽絵詞』
  • 甘酒売り
    項目名:甘酒
  • 鋳掛屋
    項目名:鋳掛屋
  • 薬売り
    項目名:薬売り
  • 紺屋
    項目名:紺屋
  • 節季候
    項目名:節季候
  • てんぷら屋
    項目名:てんぷら屋
◇都道府県章(北海道~関東地方)
  • 青森県章
    項目名:青森(県)
  • 岩手県県章
    項目名:岩手(県)
  • 埼玉県章
    項目名:埼玉(県)
  • 東京都シンボルマーク
    項目名:東京(都)
  • 栃木県章
    項目名:栃木(県)
  • 北海道章
    項目名:北海道
◇政令指定都市の行政区(北海道~中部地方)
  • 札幌市の行政区
    項目名:札幌(市)
  • 静岡市の行政区
    項目名:静岡(市)
  • 仙台市の行政区
    項目名:仙台(市)
  • 名古屋市の行政区
    項目名:名古屋(市)
  • 新潟市の行政区
    項目名:新潟(市)
  • 横浜市の行政区
    項目名:横浜(市)
◇鉱業
  • 規則格子変態〔図B〕
    項目名:合金
  • 金属の代表的な結晶格子
    項目名:金属
  • 帯溶融法による精製前後のゲルマニウム棒の電気抵抗
    項目名:金属
  • 置換型固溶体のモデル〔図A〕
    項目名:合金
  • 銅、金、銀の吸収スペクトル
    項目名:金属
  • 冷却曲線(純粋な金属と共晶合金の例)
    項目名:冷却曲線
◇電気工学
  • カラー液晶パネルの構造
    項目名:液晶ディスプレー
  • ハードディスクドライブの方式と構成図
    項目名:ハードディスク
◇言語
  • アクセントの全国分布図
    項目名:アクセント
  • 音響音声学(日本語〈東京方言〉のサウンド・スペクトログラム)〔図B〕
    項目名:音声学
  • 言語地理学(言語史を復原する手掛り)〔図〕
    項目名:言語地理学
  • おもな言語遊戯(例)
    項目名:言語遊戯
  • 生理的側面からみた言語音の産出過程
    項目名:発音
  • 標準語形の分布重心〔図A〕
    項目名:方言
◇宗教
  • 印相(釈迦の五印)
    項目名:仏像
  • 金剛杵
    項目名:金剛杵
  • 三尊像(おもな中尊と脇侍の組合せ)
    項目名:三尊像
  • 神道の祭服
    項目名:祭服
  • 宝篋印塔の各部名称
    項目名:宝篋印塔
  • 両界曼荼羅(金剛界)各会名称
    項目名:曼荼羅
◇芸術
  • イスラムの遺跡
    項目名:イスラム美術
  • インスタント・カメラのおもな種類と構造
    項目名:インスタント・カメラ
  • おもな写真レンズの種類と映像
    項目名:写真レンズ
  • 影絵(手影絵)
    項目名:影絵
  • ギリシア陶器の器型
    項目名:ギリシア美術
  • プロセニアム・ステージの例(断面図と平面図)
    項目名:オーディトリアム
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る