1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 和歌
  10. >
  11. 三十六人家集(三十六人集)
国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書

国史大辞典
三十六人家集
さんじゅうろくにんかしゅう
家集。藤原公任の『三十六人撰』所収の歌人三十六人の家集の総集。左右に排してあるので、一番左・右……の順序とすべく、したがって人麿集・貫之集・躬恒集・伊勢集・家持集・赤人集・業平集・遍照集・素性集・友則集・猿丸集・小町集・兼輔集・朝忠集・敦忠集・高光集・公忠集・忠岑集・斎宮女御集・頼基集・敏行集・重之集・宗于集・信明集・清正集・順集・興風集・元輔集・是則集・元真集・小大君集・仲文集・能宣集・忠見集・兼盛集・中務集となる。しかし左をすべて前に出し右を後におき、人麿・躬恒……と排したものもあり、歌仙家集本は、さらにその順序が機械的に誤り、人麿・躬恒・素性・猿丸……となっている。成立は、『三十六人撰』の成った寛弘七年(一〇一〇)ごろ以後で、現存古写本により承保二年(一〇七五)ごろ以前となる。各歌人の家集は、必ずしも一部ではなく、二部以上存する場合も多く、したがって『三十六人家集』も、必ずしも同一内容ではない。たとえば、西本願寺本は六千四百三十九首、歌仙家集本は五千九百三十一首である。平安時代中期以前の代表的歌人の総集として、国文学上きわめて重要である。早く平安時代から数多く書写せられ、伝存するものも少なくない。今は零本ながら、もとは総集と推定すべきものに、伝小大君筆御蔵切(みくらぎれ、重之集・元真集・小大君集存、承保二年ごろ書写)、伝藤原行成筆猿丸集切など(猿丸集・敦忠集・敏行集存、康和二年(一一〇〇)ごろ書写)、伝行成筆冷泉家本(素性集・朝忠集・敦忠集存、康和二年ごろ書写)、伝公任筆砂子切(業平集・兼輔集・公忠集・中務集存、永久三年(一一一五)ごろ書写)などがあり、書道からも注意せられている。さらに重要なのは西本願寺本である。天永三年(一一一二)白河法皇六十賀の際の製作と思われ、三十六集、三十八帖、料紙七百三十枚(二九二〇頁)ほどであった。しかし完存せず、兼輔集は平安時代末期の補写、人麿集(断簡存)・業平集(同)・小町集は散佚、三十五帖のうち仲文集・順集および補写の兼輔集には截取がある。残存三十五帖の料紙は、唐紙三百一枚、厚様紙二百四十一・五枚、継紙百三十九枚、陸奥紙四枚、紙屋紙一枚、都合六百八十六・五枚である。すべて優美な装飾紙であり、ことに継紙は各種の料紙を用い、切継・破継・重継などの手法を行なっており、類例も稀である。筆者は二十人で、一筆(人麿集・貫之集上)、二筆(貫之集下・順集・中務集)、三筆(躬恒集)、四筆(伊勢集・友則集・斎宮女御集)、五筆(家持集・能宣集上下)、六筆(赤人集)、七筆(業平集・素性集)、八筆(遍照集・頼基集・敏行集)、九筆(猿丸集・敦忠集・是則集)、十筆(朝忠集・公忠集)、十一筆(高光集・仲文集)、十二筆(忠岑集)、十三筆(重之集・清正集)、十四筆(宗于集・小大君集)、十五筆(信明集)、十六筆(興風集)、十七筆(元輔集)、十八筆(元真集)、十九筆(忠見集)、二十筆(兼盛集)となり、兼輔集・小町集もその中の筆者と思われる。一筆は藤原定実、二筆は同定信、三筆は藤原道子と知られる。一筆・二筆・四筆・五筆・八筆・十三筆・十七筆・十八筆などは、他にも同筆の古筆が伝存する。昭和四年(一九二九)貫之集下および伊勢集は分割(石山切)、現存三十三帖は国宝である。活字本は『続国歌大観』、『(校註)和歌叢書』五、『(校註)国歌大系』一二、『(新訂校註)日本文学大系』一一・一二、『私家集大成』一などに収められ、また複製本『西本願寺本三十六人家集』がある。
[参考文献]
和歌史研究会編『私家集伝本書目』、飯島春敬・久曾神昇『国宝西本願寺三十六人集』、久曾神昇『西本願寺本三十六人集精成』、田中塊堂・久曾神昇「西本願寺本三十六人集」(『書道全集』一四所収)、島田良二「三十六人集諸本と系統」(『国語と国文学』三三ノ一一)、久曾神昇「西本願寺本三十六人集の成立」(『愛知大学文学論叢』一四)
(久曾神 昇)


日本国語大辞典
さんじゅうろくにんしゅう[サンジフロクニンシフ]【三十六人集】

解説・用例

私家集の集成。藤原公任の三十六人撰に基づく三十六歌仙の家集をまとめたもの。平安後期の成立か。代表的な伝本に西本願寺本、御所本、歌仙家集本などがあるが、本文内容は一定していない。とくに西本願寺本は美術史的価値も高い。三十六人歌集。三十六人家集。

発音

サンジュー=ロクニンシュー

〓[サ]=[ニ]




日本大百科全書
三十六人家集
さんじゅうろくにんかしゅう

三十六歌仙のそれぞれの家集の集大成。伝本のなかでは、1112年(天永3)ころの書写と推定される『本願寺本三十六人集』が、三十六人家集としてほぼ完全な姿で伝存する唯一、最古のもので、本願寺証如上人(しょうにょしょうにん)の『天文(てんぶん)日記』(天文18年〈1549〉正月20日条)には、後奈良(ごなら)天皇から下賜されたものと記されている。これは1896年(明治29)歌人で古筆研究家の大口周魚(しゅうぎょ)が京都・西本願寺の庫裡(くり)で発見し、学界に大きな衝撃を与えた。
 平安末期書写の原本三十二家集34帖(じょう)と、後世の補写本四家集5帖の計39帖からなる粘葉装(でっちょうそう)の冊子本。いずれも優れた美しい筆跡で、原本の書風は20人の手に分かれる。そのうち「人麿(ひとまろ)集」(早くに逸脱)、「貫之(つらゆき)集上」は藤原定実(さだざね)(1077ころ―1119ころ)、「貫之集下」「中務(なかつかさ)集」「順(したごう)集」はその子定信(1088―1156)、「躬恒(みつね)集」が承香殿女御(じょうきょうでんのにょうご)道子(1042―1132)の筆と推定されるが、そのほかの筆者は不詳である。これらのさまざまに趣向を凝らした華麗な料紙は、平安後期の美術資料としても注目に値する。唐紙(からかみ)、色紙(いろがみ)の交用、金銀の効果、下絵の加飾のほか、ことに、切り継ぎ、破り継ぎ、重ね継ぎの継紙(つぎがみ)の技巧は、他に比類のない画期的なもので、まさに装飾料紙の宝庫といえる。また、1929年(昭和4)に切断分割された「伊勢(いせ)集」および「貫之集下」の断簡は「石山切(いしやまぎれ)」として広く知られている。
[尾下多美子]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
三十六人家集(三十六人集)の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 50
検索コンテンツ
1. 『三十六人家集』
日本史年表
1549年〈天文18 己酉〉 1・20 後奈良天皇,証如に 『三十六人家集』 を賜与(天文日記)。  ...
2. 三十六人家集
日本大百科全書
大成。伝本のなかでは、1112年(天永3)ころの書写と推定される『本願寺本三十六人集』が、三十六人家集としてほぼ完全な姿で伝存する唯一、最古のもので、本願寺証如 ...
3. さんじゅうろくにんかしゅう【三十六人家集】
国史大辞典
ろ以前となる。各歌人の家集は、必ずしも一部ではなく、二部以上存する場合も多く、したがって『三十六人家集』も、必ずしも同一内容ではない。たとえば、西本願寺本は六千 ...
4. さんじゅうろくにんかしゅう[サンジフロクニンカシフ]【三十六人歌集・三十六人家集】
日本国語大辞典
「さんじゅうろくにんしゅう(三十六人集)」の異称。*読書放浪〔1933〕〈内田魯庵〉東西愛書趣味の比較・四「且優麗郁雅の点では此の扇面古写経や、更に時代は一層下 ...
5. あかひとしゅう【赤人集】
国史大辞典
『続国歌大観』一であり、西本願寺本系統は、『群書類従』和歌部、『西本願寺本三十六人集』である。→三十六人家集(さんじゅうろくにんかしゅう) [参考文献]島田良二 ...
6. 葦手
日本大百科全書
あしでうたぎれ)』(徳川黎明会(とくがわれいめいかい)蔵ほか)があり、12世紀の『本願寺本三十六人家集』(元真集)や『平家納経』(『厳王品(ごんのうほん)』表紙 ...
7. あしでえ【葦手絵】
国史大辞典
染織や漆工などの工芸意匠として用いられる場合が多く、その遺品も多数残っている。十二世紀初めの西本願寺本『三十六人家集』の『元真集』下絵は古い形を伝えているが、永 ...
8. 石山切
日本大百科全書
『本願寺本三十六人家集』(京都・西本願寺蔵)のうち、『伊勢(いせ)集』および『貫之(つらゆき)集下』の断簡をいう。もとは粘葉装(でっちょうそう)の冊子本で、19 ...
9. いしやまぎれ【石山切】
国史大辞典
三十六人家集(さんじゅうろくにんかしゅう)  ...
10. いせしゅう【伊勢集】
国史大辞典
『(校註)国歌大系』一二、『続国歌大観』、『西本願寺本三十六人集精成』などに収める。→伊勢(いせ),→三十六人家集(さんじゅうろくにんかしゅう) [参考文献]『 ...
11. うたえ【歌絵】
国史大辞典
さらに「あし手」とも結びついて料紙下絵に、衣裳の文様に、また調度品の装飾に用いられた。遺品として『三十六人家集』(西本願寺本)下絵をはじめ、『法華経冊子』下絵、 ...
12. 大口周魚
日本大百科全書
古筆研究家としても知られ、手鑑(てかがみ)『月台(げつだい)』(東京国立博物館)の制作、『本願寺本三十六人家集』(西本願寺)の発見など、その業績は評価されるべき ...
13. おおじきし【大色紙】
国史大辞典
この名で呼ばれる。料紙は白の具引き地の上に雲母(きら)で花菱唐草の文様を表わした唐紙。本願寺本『三十六人家集』のうち、『重之集』『清正集』がこれと同筆。鳥羽朝の ...
14. おおなかとみのよしのぶ【大中臣能宣】
国史大辞典
)、円融天皇に奉献した前半の歌仙家集本系(八十首)、円融奉献本の全部にあたる宮内庁書陵部蔵三十六人家集系(三百六十二首)の三種にわかれ、度々の家集献上の命によっ ...
15. 仮名画像
世界大百科事典
書写年代を明確には知りがたい。しかし,平安時代の仮名の集大成ともいうべき名品は《西本願寺本三十六人家集》(三十六人集)であろう。これは12世紀初期の能書家20人 ...
16. きのとものり【紀友則】
国史大辞典
『古今和歌集』撰者中で官位年齢ともに最も上であるが、入集歌数は貫之、凡河内躬恒に次ぐ第三位で四十六首。『三十六人家集』中にその家集があるが、七十二首(原形七十首 ...
17. さいぐうのにょうごしゅう【斎宮女御集】
国史大辞典
伝本と収録歌数は、(一)宮内庁書陵部蔵『斎宮女御集』が百六十三首(うち連歌二)、(二)西本願寺本『三十六人家集』系が二百六十五首、(三)正保版『歌仙歌集』系が百 ...
18. さるまるだゆうしゅう【猿丸大夫集】
国史大辞典
『群書類従』和歌部、『私家集大成』一、『(校註)国歌大系』一二、『続国歌大観』などに収める。→三十六人家集(さんじゅうろくにんかしゅう) [参考文献]『群書解題 ...
19. さんじゅうろくにんしゅう[サンジフロクニンシフ]【三十六人集】
日本国語大辞典
歌仙家集本などがあるが、本文内容は一定していない。とくに西本願寺本は美術史的価値も高い。三十六人歌集。三十六人家集。サンジュー=ロクニンシュー ...
20. さんじゅうろっかせん【三十六歌仙】
国史大辞典
その歌人三十六人を三十六歌仙と称し、肖像画を加え歌数も一定した歌仙絵もつくられ、その歌人の家集を集めて『三十六人家集』もできた。またそれに倣って各種の三十六歌仙 ...
21. 私家集
日本大百科全書
た。院政期(11世紀後半)に始まる和歌への文芸的自覚は、いわゆる三十六歌仙の家集を集めた『三十六人家集』などを編成させ、また『散木奇歌集(さんぼくきかしゅう)』 ...
22. した‐え[‥ヱ]【下絵】
日本国語大辞典
小野道風筆「絹地切」があり、一一世紀から一二世紀にかけては、伝紀貫之筆「桂本万葉集」、「本願寺本三十六人家集」などが代表的なものである。これらは小さい図柄で、金 ...
23. しょうにょ【証如】画像
国史大辞典
同十七年に尊円入道親王筆『鷹巣法帖』(『鷹手本』)、翌十八年には『三十六人家集』をそれぞれ賜わった。これらは現在、京都市の西本願寺に所蔵し、『三十六人家集』は国 ...
24. すみながし【墨流】
国史大辞典
つくり、これを和紙や布に吸い取らせ染めたもの。古来、色紙や短冊などに染めた。早い例としては『三十六人家集』(西本願寺蔵、国宝)や『扇面法華経冊子』(四天王寺蔵、 ...
25. 墨流し画像
日本大百科全書
ば 秋くる雁は帰らざらまし」とあるように、平安時代からすでに行われていたらしく、西本願寺『三十六人家集』の料紙(りょうし)には平安時代の作品が多く残されている。 ...
26. すみながし‐ぞめ【墨流染】画像
日本国語大辞典
れるようになり、江戸時代以後には、墨と藍、墨・藍・紅のものも現われた。平安時代の「本願寺本三十六人家集」、鎌倉時代の伝後京極良経筆「豆色紙」、伝藤原有家筆「墨流 ...
27. たかみつしゅう【高光集】
国史大辞典
藤原高光の家集。三十六人家集の一つ。一巻。高光没後まもなく高光ゆかりの者が撰したものか。伝本は三系統に分類される。(一)西本願寺本『三十六人家集』系統(五十二 ...
28. たけにすずめのもん【竹に雀紋】画像
国史大辞典
竹に雀が飛びかい、あるいはとまる姿の文様より転用された家紋。文様としては西本願寺本『三十六人家集』(十二世紀初め成立)の料紙下絵の、竹の丸に一羽飛雀の連続模様 ...
29. たなかしんび【田中親美】
国史大辞典
益田家本『源氏物語絵巻』、西本願寺本『三十六人家集』、平家納経の摸写事業は特に有名。また大正八年(一九一九)佐竹本『三十六歌仙絵巻』の分割、昭和四年(一九二九) ...
30. つぎがみ【継紙】
国史大辞典
古筆の継紙。装飾料紙としていろいろな紙を切ったり破ったりしたものを継いで作ったもの。西本願寺本『三十六人家集』の『貫之集』などが一例である。美麗な料紙を作るため ...
31. つぎがみ【継紙】 : 継紙/(二)
国史大辞典
古筆の継紙。装飾料紙としていろいろな紙を切ったり破ったりしたものを継いで作ったもの。西本願寺本『三十六人家集』の『貫之集』などが一例である。美麗な料紙を作るため ...
32. つらゆきしゅう【貫之集】
国史大辞典
伝本は五系統に分類される。(一)正保版『歌仙家集』系統(八百八十九首)。(二)西本願寺本『三十六人家集』系統(七百二十七首)。(三)宮内庁書陵部蔵御所本系統(六 ...
33. なりひらしゅう【業平集】
国史大辞典
『私家集』集抄一(『古典研究会叢書』)、『私家集大成』一、片桐洋一『伊勢物語の研究』資料篇などに収める。→三十六人家集(さんじゅうろくにんかしゅう) [参考文献 ...
34. にしほんがんじ【西本願寺】 : 本願寺
国史大辞典
定され、宝物では鏡御影、安城御影(正・副)、親鸞筆『観無量寿経註』、同筆『阿弥陀経註』、『三十六人家集』、熊野懐紙が国宝に指定されるなど文化財が多数ある。  ...
35. にしほんがんじ【西本願寺】京都市:下京区/植柳学区/門前町地図
日本歴史地名大系
鸞聖人像一幅・同副本一幅)、熊野懐紙(正治二年、付伏見宮貞敦親王御添状・飛鳥井雅章添状)・三十六人家集(平安時代、付後奈良天皇宸翰女房奉書)・観無量寿経註(親鸞 ...
36. 藤原定実
日本大百科全書
署名のある遺品は残らないが、「元永(げんえい)本古今集」(東京国立博物館)をはじめ、「本願寺本三十六人家集(貫之(つらゆき)集上・人麿(ひとまろ)集)」「巻子本 ...
37. 藤原定信
日本大百科全書
など一群の遺品の筆者と考えられる藤原定実(さだざね)。父親の影響から書に巧みで、『本願寺本三十六人家集』(1112年の成立と推定される)に25歳の若さで筆者とし ...
38. ふじわら‐の‐さだのぶ【藤原定信】
日本国語大辞典
伊房(これふさ)の孫、定実の子。世尊寺流第五代当主。仮名書きの名手。真跡が「金沢本万葉集」「西本願寺本三十六人家集」中の「中務集」「貫之集」などに残る。寛治二年 ...
39. ふじわらぶんか【藤原文化】
国史大辞典
優美な草仮名と美しい下絵入り料紙とを組み合わせた、保安元年(一一二〇)ころの作と思われる『三十六人家集』のようなものがあげられる。すぐれた仏画である長法寺旧蔵釈 ...
40. ふじわらぶんか【藤原文化】 : 藤原文化/〔院政期の文化(一) 摂関期文化の完成面〕
国史大辞典
優美な草仮名と美しい下絵入り料紙とを組み合わせた、保安元年(一一二〇)ころの作と思われる『三十六人家集』のようなものがあげられる。すぐれた仏画である長法寺旧蔵釈 ...
41. ほんかどり【本歌取】
国史大辞典
いてよい、(二)本歌との主題を変えて詠む、(三)本歌を取る範囲は、三代集、『伊勢物語』、『三十六人家集』中の名歌、近代歌は取ってはいけない。 (有吉 保)  ...
42. 本願寺画像
日本大百科全書
西本願寺は火災にあうことが少なく、国宝、国重要文化財指定のものが多い。また寺宝として親鸞聖人像、『三十六人家集』(以上、国宝)、『慕帰絵詞(ぼきえことば)』『伏 ...
43. ほんがん‐じ【本願寺】地図
デジタル大辞泉
の移築、書院・唐門などは伏見城の遺構。建造物の多くが国宝や重要文化財。寺宝に親鸞聖人影像・三十六人家集(以上国宝)など多数がある。平成6年(1994)「古都京都 ...
44. ほんがんじ【本願寺】画像
国史大辞典
定され、宝物では鏡御影、安城御影(正・副)、親鸞筆『観無量寿経註』、同筆『阿弥陀経註』、『三十六人家集』、熊野懐紙が国宝に指定されるなど文化財が多数ある。 [参 ...
45. みなもとのしたごうしゅう【源順集】
国史大辞典
源順の家集で三十六人家集の一つ。『順集』とも称す。現存諸本は二類五系統に分類される。第一類は(一)正保版『歌仙家集』本(二百三十二首)、(二)御所本『三十六人 ...
46. 木版画
日本大百科全書
係の挿絵程度にとどまったが、日本では平安時代後期に「扇面法華経(ほけきょう)冊子」の絵や「三十六人家集」の料紙装飾に雲母(きら)刷りが用いられるなど、重要な美術 ...
47. 寄合書
日本大百科全書
古筆(こひつ)における『高野切(こうやぎれ)』(『古今集』仮名序を含めて21巻を三人で書写)や、『西本願寺本三十六人家集』『元暦(げんりゃく)校本万葉集』などが ...
48. よりあいがき【寄合書】
国史大辞典
三人の筆者によって分担書写したものと考えられ、筆者の一人に源兼行が推定されている。本願寺本『三十六人家集』も好例の一つ。絵巻詞書では、『源氏物語絵巻』があり、も ...
49. 和紙
日本大百科全書
破り継ぎ、重ね継ぎなどの種類があり、1112年(天永3)に完成されたといわれる西本願寺蔵『三十六人家集』は、その代表的作品として有名である。経紙でも、紺紙や紫紙 ...
50. 1549年〈天文18 己酉〉
日本史年表
とし,座衆以外の紙商売を禁じる(今堀日吉神社文書)。 【社会・文化】 1・20 後奈良天皇,証如に 『三十六人家集』 を賜与(天文日記)。 7・22 シャビ ...
「三十六人家集(三十六人集)」の情報だけではなく、「三十六人家集(三十六人集)」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

三十六人家集(三十六人集)と同じ和歌カテゴリの記事
後撰和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
『古今和歌集』に次ぐ第二の勅撰和歌集。略称「後撰集」。951年(天暦5)、村上天皇の命により昭陽舎(梨壺に撰和歌所が設けられ、別当に藤原伊尹、寄人に大中臣能宣、清原元輔、源順、紀時文、坂上望城のいわゆる「梨壺の五人」が任ぜられて、『万葉集』
なが‐うた 【長歌・長唄】(日本国語大辞典)
和歌の一体。五音、七音の二句を三回以上続け、最後に七音を添えるもの。ちょうか。*古今和歌集〔905〜914〕雑体・一〇〇二・詞書「ふるうたたてまつりし時のもくろくのそのなかうた」*源氏物語〔1001〜14頃〕行幸「なかうたなどの心ばへあらむを、御覧ぜむには
やまと‐うた 【大和歌・倭歌】(日本国語大辞典)
わが国固有の歌。多く、唐歌(からうた)に対して和歌をいう。*古今和歌集〔905〜914〕仮名序「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」*後鳥羽院御口伝〔1212〜27頃〕「やまと哥を詠ずるならひ、昔より今にいたるまで
旋頭歌(国史大辞典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
和歌と同じカテゴリの記事をもっと見る


「三十六人家集(三十六人集)」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
薩藩旧記雑録(日本歴史地名大系・国史大辞典)
前編四八巻・後編一〇二巻・追録一八二巻・付録三〇巻 別称 旧記雑録(原名) 伊地知季安・伊地知季通編 分類 記録 写本  国会図書館・国立公文書館・九州大学・東京大学史料編纂所・鹿児島県立図書館など 解説  幕末鹿児島藩の史学者・記録奉行であった父季安の志を継ぎ
三河物語(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
徳川氏創業史の最初の著作。筆者は大久保彦左衛門忠教。三巻。元和八年(一六二二)には草稿本が完成していたとみられるが、現存自筆本(穂久邇文庫蔵、重要文化財)の最終的成立は寛永三年(一六二六)。上巻は源氏の由来から始めて徳川家康の父祖、いわゆる松平八代(親氏―広忠)の
三十六人家集(三十六人集)(国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書)
家集。藤原公任の『三十六人撰』所収の歌人三十六人の家集の総集。左右に排してあるので、一番左・右……の順序とすべく、したがって人麿集・貫之集・躬恒集・伊勢集・家持集・赤人集・業平集・遍照集・素性集・友則集・猿丸集・小町集・兼輔集
一条摂政御集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一条摂政藤原伊尹の私家集。編者不詳。総歌数は百九十四首。成立年代は、その詞書から、伊尹死後二十年を経た正暦三年(九九二)八月二十二日以後と推定されるが、冒頭から第四十一首目までは、主人公を「大蔵史生倉橋豊蔭」という卑官に仮託して
拾遺和歌集(国史大辞典・日本大百科全書)
平安時代中期の第三番目の勅撰集。二十巻。撰者は花山院か。近臣の藤原長能や源道済の協力を考える説も古くからある。またほかに、協力者として曾禰好忠の名を挙げる説もある。藤原公任撰の『拾遺抄』の歌を全部収め、構成も踏襲している面があるので、何らかの形で公任も関与している
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る