1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 戦・乱・変
  10. >
  11. 大塩平八郎の乱
日本大百科全書(ニッポニカ)

大塩平八郎の乱
おおしおへいはちろうのらん

江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有(みぞう)の大飢饉(ききん)であった。この打ち続く凶作・飢饉により米価高騰し、大坂市中には飢餓による死者が続出する。もと大坂町奉行与力(まちぶぎょうよりき)であり陽明学者であった大塩平八郎は、こうした市中の惨状を無視しえず、養子格之助(かくのすけ)を通じて、しばしば救済策を上申するも拒否された。しかも時の担当者、大坂東町奉行跡部山城守(あとべやましろのかみ)は適切な対策を出せないばかりか、翌年に予定されている新将軍宣下の儀式の費用のために江戸廻米(かいまい)の命令を受けると、市中の惨状を無視してそれに応じた。さらに市中の大豪商の賑恤(しんじゅつ)もこのときにはふるわなかった。こうした大坂町奉行諸役人と特権豪商に対し、大塩平八郎は彼らを誅伐(ちゅうばつ)してその隠匿の米穀、金銭を窮民に分け与えるため、挙兵を決意する。あらかじめ自分の蔵書を売却して金にかえ、それを近隣の農民に分け与え、挙兵への参加を工作していた。37年2月19日、大塩は幕政批判の主旨の檄文(げきぶん)を飛ばし、「救民」の旗印を掲げて、私塾「洗心洞(せんしんどう)」に集う門弟二十数名とともに、自邸に火を放ち、豪商が軒を並べる船場(せんば)へと繰り出した。一党は300人ほどになっていたが、鎮圧に出動した幕府勢と小競り合い程度の市街戦を繰り返したのみで、小一日もちこたええず四散する。兵火は翌日の夜まで燃え続け、大坂市中の5分の1を焼いた。主謀者大塩父子は約40日後、大坂市中に潜伏しているところを探知され、自刃。この乱は、幕政の中枢の都市大坂で、しかも元与力であり著名な陽明学者であった人物が主謀したことによりその影響は大きかった。幕政担当者はこれを契機に天保(てんぽう)の改革に取り組み、一般民衆のなかには「大塩残党」を名のる越後(えちご)(新潟県)柏崎(かしわざき)の生田万(いくたよろず)の乱、備後(びんご)(広島県)三原の一揆(いっき)、摂津(大阪府)能勢(のせ)の山田屋大助の騒動などの連鎖反応が起こった。
[宮城公子]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
大塩平八郎の乱の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 122
検索コンテンツ
1. 大塩平八郎の乱
日本大百科全書
江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有(みぞう ...
2. おおしおへいはちろうのらん【大塩平八郎の乱】
国史大辞典
天保七年(一八三六)の大飢饉は大坂市中にも餓死者が続出するほどの惨状を現出したが、市政の最高責任者であった大坂町奉行跡部山城守良弼は、なんら適切な救済策を講じ ...
3. 大塩平八郎の乱
日本史年表
天満与力町に火をかけ鉄砲を放つ.3月27日、大塩、鎮圧されて自殺.大坂市街の大半焼失( 大塩平八郎の乱 )(大阪編年史)。  ...
4. あいぎん【間銀】
国史大辞典
場のたて方の改正があり、間銀は拡大されて百姓の負担となった。(三)天保八年(一八三七)の大塩平八郎の乱後、大坂で米価暴騰になやむ細民のために、町奉行所から搗米屋 ...
5. あさひく【旭区】大阪府:大阪市地図
日本歴史地名大系
名産には荒生村の葱、今市村の薬種、両村の越瓜、中村の河骨などがあった。天保八年(一八三七)の大塩平八郎の乱には赤川村を除くすべての村から参加者を出した。これは大 ...
6. あとべよしすけ【跡部良弼】
国史大辞典
同十二月二十日没。法名恭量院殿大寛楽善大居士。墓は群馬県伊勢崎市宮子町の跡部氏開基の紅巌寺墓地にある。→大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん) [参考文献 ...
7. あとべ-よしすけ【跡部良弼】
日本人名大辞典
旗本跡部氏をつぐ。天保(てんぽう)7年(1836)大坂東町奉行となり,江戸への廻米を強行して翌年の大塩平八郎の乱をまねく。のち勘定奉行,江戸町奉行,若年寄などを ...
8. アメリカ彦蔵自伝 2 276ページ
東洋文庫
 全畢    一〇.一一δ ○遠州灘にて遭難。         全◇◇この年三月、大坂に大塩平八郎の乱が起こった。六月に浦賀でモリソン号事件全七〉。 ◇「父は百 ...
9. 生田万画像
日本大百科全書
万は妻子を伴って移住した。たまたま天保(てんぽう)の飢饉(ききん)の真っ最中であり、1837年、大塩平八郎の乱が伝わるとその影響を強く受けて、6月1日、同志6名 ...
10. 生田万
世界大百科事典
施さず,かえって米価の騰貴を図った。生田は再三農民のために嘆願したが入れられず,37年6月1日,大塩平八郎の乱に刺激され,窮民を救わんとして6人の同志とともに桑 ...
11. いくた‐よろず【生田万】
日本国語大辞典
江戸末期の国学者。上野(こうずけ)館林藩士。平田篤胤に学ぶ。越後柏崎に移り、天保飢饉の際、大塩平八郎の乱に呼応して、救民のため大久保陣屋を襲ったが、負傷して自害 ...
12. いくたよろず【生田万】
国史大辞典
著書は『大中道人謾稿』『大学階梯外篇』『日文伝評論』『良薬苦口』など多い。『生田万全集』がある。→大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん) [参考文献]伊東 ...
13. いくた-よろず【生田万(1)】
日本人名大辞典
藩政改革を具申して藩を追われ,のち越後(えちご)(新潟県)柏崎(かしわざき)で私塾をひらく。大塩平八郎の乱の影響をうけ,飢饉(ききん)による窮民救済のため,天保 ...
14. いわくらむら【岩倉村】徳島県:美馬郡/脇町
日本歴史地名大系
当村組頭庄屋郷司直吉の名があがっている(天保一五年「上郡騒動取鎮褒賞覚」民政資料)。なお天保八年の大塩平八郎の乱に際して、平八郎が当村新町の稲田九郎兵衛家臣真鍋 ...
15. うきよのありさま【浮世の有様】
国史大辞典
書き連ね」とあるように、公的記録には残されないような記述も多く、御蔭参、百姓一揆、天災、大塩平八郎の乱、天保の改革などについてくわしく、特に京坂を中心として西国 ...
16. うさむら【宇佐村】高知県:土佐市
日本歴史地名大系
ことが記録されている(土佐市史)。また人口の膨張は飢饉時に恐慌をきたした。天保八年二月の大塩平八郎の乱の知らせを聞いた宇佐浦では、七月に米屋三軒が打毀されている ...
17. うちこわし【打毀し】画像
国史大辞典
蜂起民衆の厳しい内部統制と、倫理性と反封建意識をも、あわせて把握することが大切である。同八年の大坂の大塩平八郎の乱は影響力と情報伝播の速やかさにおいて注目すべき ...
18. 江戸参府紀行 340ページ
東洋文庫
・モールス、電信機を発明。天保 八年 ・関西に米騒動・うちこわし頻発。〔一八三七〕 ・二月、大塩平八郎の乱起こる。     ・六月、米船モリソソ号浦賀に入港、幕 ...
19. 江戸時代(年表)
日本大百科全書
ロシア船、択捉(えとろふ)に渡来。8月 甲斐郡内騒動(甲州一揆)1837(天保8)2月 大塩平八郎の乱。6月 生田万、柏崎陣屋襲撃。モリソン号事件1839(天保 ...
20. おおいしょういちろう【大井正一郎】
国史大辞典
再び大坂に戻ろうとして京都で捕えられ、四月二日大坂へ引き渡されたが、八月十四日牢死した。二十三歳。→大塩平八郎の乱(おおしおへいはちろうのらん) [参考文献]『 ...
21. おおさかさんごう【大坂三郷】大阪府:大阪市
日本歴史地名大系
。〔大塩の乱と天保改革〕天保年間に入って全国的に凶作が続いたが、天保八年二月一九日大坂で大塩平八郎の乱が起こった。大塩は大坂東町奉行所与力で、在任中は僧侶取締り ...
22. おおさかてんぽうしちねんこめそうどう【大坂天保七年米騒動】
国史大辞典
この飢饉ではとても今年の年貢は納められないと申合せを固めたりした。このような窮状こそ、翌八年二月十九日の大塩平八郎の乱の前提になるものであった。 [参考文献]『 ...
23. おおさかてんまんぐう【大阪天満宮】大阪府:大阪市/北区/椋橋町地図
日本歴史地名大系
一万個の灯明が点じられた。このときの「万句之連歌」は現在も保存される。天保八年(一八三七)大塩平八郎の乱により社殿のすべては灰燼に帰し、修築・造替事業が完成した ...
24. 大塩平八郎
日本史年表
天満与力町に火をかけ鉄砲を放つ.3月27日、大塩、鎮圧されて自殺.大坂市街の大半焼失( 大塩平八郎の乱 )(大阪編年史)。 1837年〈天保8 丁酉〉 3・27 ...
25. 大塩平八郎[文献目録]
日本人物文献目録
平八郎の話』田中従吾軒『再び大塩平八郎に就て』田中従吾軒『大塩平八郎の悲憤』藤井甚太郎『大塩平八郎の乱私考』千葉修真『大塩平八郎父子欧洲渡航の弁妄』-『奥宮慥斎 ...
26. おかだ-こうしょ【岡田篁所】
日本人名大辞典
1821−1903 江戸後期-明治時代の儒者,医師。文政4年生まれ。少年のころ大坂で宇津木静区に師事。大塩平八郎の乱で師をうしない,野田笛浦に儒学を,多紀氏に医 ...
27. おぎのやすしげ【荻野安重】
国史大辞典
単に独自の銃術のみならず、団体的懸引行動の訓練をも加味してある関係で、天保八年(一八三七)の大塩平八郎の乱鎮圧には大いに功を奏したと伝えられている。著書として『 ...
28. おすくいごや【御救小屋】
国史大辞典
小屋入りをした類焼人に家屋を貸与しない者があり、町奉行より教諭したこともある。天保八年二月の大塩平八郎の乱による類焼難渋人を救うためにも御救小屋が建てられ、町々 ...
29. かいのくに【甲斐国】山梨県
日本歴史地名大系
鎮圧の際に捕らえられた者は約六三〇人に及んだ(「応思穀恩編」など)。この騒動は同年の三河加茂一揆、翌年の大塩平八郎の乱などとともに幕藩権力を震駭させたことは、徳 ...
30. かいのくにてんりょうてんぽうしちねんいっき【甲斐国天領天保七年一揆】
国史大辞典
騒動後、甲斐国内における農民層内部の矛盾は一層激化した。また同年の三河国加茂郡の一揆、翌年の大塩平八郎の乱とともに、徳川斉昭が幕府権力の没落に瀕していることを警 ...
31. かしわざきまち【柏崎町】新潟県:柏崎市
日本歴史地名大系
八六八)まで書継がれている(全三五冊)。同御用留によると、天保八年(一八三七)六月一日、大塩平八郎の乱の影響を受け、国学者生田萬ら六人の同志が天保飢饉に対する役 ...
32. 火事画像
世界大百科事典
大坂でも,91年(寛政3)の大火をはじめしばしば大火に襲われているが,1837年(天保8)には大塩平八郎の乱の兵火による〈大塩焼け〉と呼ばれる大火もあった。 江 ...
33. かっしやわ【甲子夜話】
国史大辞典
学問・芸能、民俗・奇習・信仰、巷間の噂・奇談・読売等々が記され、外交情報も散見する。特に三編では大塩平八郎の乱についてなど時事伝聞の記事が多い。近世後期の社会・ ...
34. 瓦版 13[別刷図版]画像
国史大辞典
。 34 「大坂大火の図」 天保8年2月 天保8年(1837)2月19日大坂天満の元与力大塩平八郎の乱のときの火災類焼場所付である。「誠に浪花はじまりてより此か ...
35. 飢饉画像
日本大百科全書
深刻な様相を呈した。1840年以後にも災害の余波が続き容易に回復しなかった。1837年の大塩平八郎の乱は天保飢饉のさなかに起こった。幕府は天保の飢饉による幕藩体 ...
36. きんせい【近世】画像
国史大辞典
妙なところにあった。 〔幕末維新期〕 天保期に入ると大飢饉の発生や百姓一揆の激化、ことに大塩平八郎の乱は老中水野忠邦ら一部の幕府首脳部に危機感をいだかせ、さらに ...
37. きんだい【近代】画像
国史大辞典
ちこわし)もおこり、封建支配を根底からゆるがした。こうした情勢を背景に天保八年におこった大塩平八郎の乱が、幕政に対する反対を、神武天皇の世への復帰という復古思想 ...
38. きんだい【近代】 : 近代/〔嘉永六年(一八五三)―明治十年(一八七七)〕
国史大辞典
ちこわし)もおこり、封建支配を根底からゆるがした。こうした情勢を背景に天保八年におこった大塩平八郎の乱が、幕政に対する反対を、神武天皇の世への復帰という復古思想 ...
39. こうさいひき【咬菜秘記】
国史大辞典
この手記には平八郎の平素の言動や乱当日の状況など詳細に記されているが、当事者の手記だけに大塩平八郎の乱については最も信頼のおける第一級の史料といえる。なかでも平 ...
40. こうずけのくに【上野国】群馬県
日本歴史地名大系
出た。生田は天保の飢饉のとき、難民救済のため越後の柏崎(現新潟県柏崎市)で一揆を起こし、大塩平八郎の乱とともに幕府を驚かせた。桐生商人は橘守部に師事し、その門下 ...
41. 鴻池家
日本大百科全書
(てんぽう)期)など最高額を負担している。幕府、町奉行(ぶぎょう)との結託を強めたため、大塩平八郎の乱では打毀(うちこわし)、火災にあうなどしたが、幕末に至るま ...
42. こうふくじ【興福寺】兵庫県:三田市/木器村
日本歴史地名大系
文和三年(一三五四)七月一五日、弥陀一尊の種子刻銘の二基があり、いずれも県指定文化財。天保八年(一八三七)大塩平八郎の乱に刺激を受けて強訴した山田太助が当寺に逃 ...
43. 小梅日記 1 幕末・明治を紀州に生きる 303ページ
東洋文庫
小梅の長男岩一郎(雄輔)の幼かったころの川合家の日常生活がしるされている。また二月廿日には、大塩平八郎の乱の噂を耳にし、廿一日には、「大坂騒動の由噂まちく也。町 ...
44. 小梅日記 3 幕末・明治を紀州に生きる 278ページ
東洋文庫
給さ3・25小梅、本居内遠の六十賀の歌をよむ4・27書画の会へ、辰子歌、小梅絵、岩一郎詩を出品2・19大塩平八郎の乱おこる3・15紀州藩士仁井田摸一郎(好古)、 ...
45. こがはん【古河藩】
国史大辞典
利位自身も雪の結晶の研究書『雪華図説』を著わした。なお、泉石を擁した利位は、大坂城代のとき大塩平八郎の乱鎮定に功をあげ、京都所司代を経て老中に昇り、水野忠邦とと ...
46. こんごうさんてんぽうりんじ【金剛山転法輪寺】奈良県:御所市/高天村
日本歴史地名大系
役行者一千年忌を厳修、文政二年(一八一九)には三輪流神道灌頂を相伝、天保八年(一八三七)大塩平八郎の乱の時、大坂・奈良の両奉行所から嫌疑を受けたが同年末に疑いが ...
47. ごねんじ【護念寺】大阪府:守口市/世木村地図
日本歴史地名大系
その跡地に支坊として建立されたのが護念寺で、護念寺は本泉寺の懸所とされた。境内墓地に永禄六年の五輪塔、大塩平八郎の乱の参加者の墓碑がある。また本堂東側に、行基が ...
48. さがはん【佐賀藩】
国史大辞典
天保六年、大規模な行政整理を断行し、同八年には、勤休の別なく家中献米を同率とした。同年勃発した大塩平八郎の乱と、翌九年の唐津藩大一揆は、改革派の政治的緊張をたか ...
49. しおつとうげ【塩津峠】京都府:福知山市/岩間村
日本歴史地名大系
断崖が続くので、古代・中世には土師川の左岸には道がなかったと思われる。天保八年(一八三七)二月大坂で大塩平八郎の乱が起こったが、さっそく塩津峠でも警戒態勢がとら ...
50. 島根のすさみ 佐渡奉行在勤日記 343ページ
東洋文庫
再逮捕するまで続き、一説によると、打ちこわしの数は百三十余梓に達したという。 幕府は、この一揆がかの大塩平八郎の乱に引き続いて起った一揆であったため、大いに神経 ...
「大塩平八郎の乱」の情報だけではなく、「大塩平八郎の乱」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

大塩平八郎の乱と同じ戦・乱・変カテゴリの記事
シャクシャインの戦い(日本国語大辞典・日本大百科全書)
寛文九年(一六六九)、蝦夷(えぞ)地(北海道)で松前藩の不公平な交易方針に反対するアイヌの首長シャクシャインが起こした反松前・反和人の戦い。全北海道に広がったが、鉄砲を持つ松前藩が優勢となり、和議の席でシャクシャインは殺された。以後、松前藩のアイヌ搾取が強められた。
禁門の変(蛤御門の変)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
元治元年(一八六四)七月、京都での尊攘派の勢力挽回を策した長州軍と京都を守る会津・薩摩藩を中心とする公武合体派軍との軍事衝突。元治甲子の変または蛤御門の変ともいう。文久三年(一八六三)八月十八日の政変は、それまで京摂間で猛威を
天狗党の乱(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
幕末期水戸藩尊攘激派(天狗党)による筑波山挙兵とそれを契機に起った争乱。天狗の呼称は水戸藩藩主徳川斉昭が天保度の藩政改革を実施した際、改革を喜ばない門閥派が改革派藩士を批難したところから発したもので、改革派には軽格武士が多かったから
大塩平八郎の乱(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有の大飢饉であった。この打ち続く凶作・飢饉により米価高騰し、大坂市中には飢餓による死者が続出する。
生田万の乱(国史大辞典・日本大百科全書)
天保八年(一八三七)六月一日の明け方、平田篤胤の元塾頭生田万らが桑名藩領柏崎陣屋(新潟県柏崎市)に乱入した事件。柏崎騒動ともいう。柏崎陣屋は桑名藩の越後領四郡六万石の総支配所で、大役所・預役所・刈羽会所の三役所があり、郡代以下五十数名で領政を担当していた。
戦・乱・変と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大塩平八郎の乱」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
方広寺鐘銘事件(国史大辞典)
豊臣秀頼による方広寺大仏殿再興に際しひき起され、大坂冬の陣の原因の一つとなった事件。豊臣秀頼は、亡父秀吉追善供養のため、慶長七年(一六〇二)、方広寺大仏殿(東山大仏堂)の再建に着手したが、年末の失火で頓挫、あらためて片桐且元を奉行に七年後に事業を再開、同十五年六月
関ヶ原の戦い(日本大百科全書(ニッポニカ))
1600年(慶長5)9月、徳川家康の率いる東軍と、石田三成を中心とする西軍によって、美濃国関ヶ原(岐阜県不破郡関ヶ原町)で行われた「天下分け目」の戦い。 [岡本良一]三成挙兵 1598年(慶長3)豊臣秀吉が死ぬと、豊臣政権はたちまち内部分裂の兆しをみせ始めた。秀吉は生前から、家康の
島原の乱(島原・天草一揆)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
江戸時代初期、松倉勝家領の肥前国島原と同国唐津寺沢堅高領の肥後国天草の領民が連帯し、少年益田(天草)四郎時貞を盟主に蜂起し、島原の原城にたてこもって幕府・諸藩兵と戦い、全員誅殺された大農民一揆。天草一揆ともいう。この一揆に対する
生田万の乱(国史大辞典・日本大百科全書)
天保八年(一八三七)六月一日の明け方、平田篤胤の元塾頭生田万らが桑名藩領柏崎陣屋(新潟県柏崎市)に乱入した事件。柏崎騒動ともいう。柏崎陣屋は桑名藩の越後領四郡六万石の総支配所で、大役所・預役所・刈羽会所の三役所があり、郡代以下五十数名で領政を担当していた。
大塩平八郎の乱(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有の大飢饉であった。この打ち続く凶作・飢饉により米価高騰し、大坂市中には飢餓による死者が続出する。
戦争に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る