1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 縄文時代
  10. >
  11. 縄文時代
国史大辞典

縄文時代
じょうもんじだい
弥生時代以前の日本列島で土器が出現し使用された時代全体を縄文時代とする広義の見解と、その編年区分のうち最古の細隆線文土器・爪形文土器などが作られ使用された草創期は縄文土器文化以前の土器文化と考え、これを晩期旧石器時代・更新世最終末とする見解とがある。また、草創期の土器文化と後続の土器文化との接点が今日まだ明らかでないことを考えると、器面全体に縄文の施された尖底深鉢、すなわち南関東地方の井草式土器出現以降の土器文化の時代に対して、縄文時代の名称を使用すべきであるかもしれない。縄文時代の編年的区分の研究は一九三〇年代に入って本格化し、東北地方の仙台平野を中心としては山内清男(すがお)が、南関東地方を中心としては大山史前学研究所の大山柏・甲野勇が精力的に発掘調査研究を実施した。その結果、一九三〇年代中葉に、前・中・後期の三大区分と、約十形式の細分編年がなされ、一九三〇年代末には山内により早・前・中・後・晩期と大きく五期に区分することが提唱された。その後一九六〇年代に入り、早期初頭と考えられていた土器よりもさらにさかのぼる年代の土器の存在が長崎県福井洞窟の調査などで明らかになり、これらの土器文化に対し草創期なる編年区分を設定することが山内によって提唱された。早期と草創期の区分、その編年区分の境界は最初の提唱者山内と、最近の研究者とは若干の見解の相違が見られる。ここでは豆粒文・隆線文(細隆線文)・爪形文などの円底深鉢土器の時代を草創期として、それ以降の土器文化を早期とする案に従って、草創期も一応縄文時代の範疇に入れて解説する。

〔草創期〕

後氷期に入って間もない時代のため、気候は今日と比較してかなり寒冷であったかと思われる。また北半球における氷河の後退が開始した当初のことで、海面はウルム氷期の最低下した時代から、徐々に上昇期へと向かう転換期直後のことで、まだ顕著な縄文海進は始まらず、日本列島太平洋岸の海岸汀線は今日より遙か沖合にあったと想定される。東京湾・瀬戸内海などは未だ海水の浸入を見なかった時代であり、関東地方の南岸は東京湾口外の遙か沖合であったと想定される。この時代は台地上の小屋がけ竪穴住居も存在したが、気候寒冷であったためか、南面する断崖下の岩陰、ならびに洞窟入口部などを住居として利用した遺跡も数多く発見されている。台地上の住居跡は一ないし二前後の小規模のものが多く、あまり永く定住したとは思われない。この時代の主たる生業は狩猟活動であったと思われるが、九州地方では黒曜石製の細石刃が出土し、四国・本州方面では有舌尖頭器が発見されることから、狩猟用具は投げ槍が主として使用され、爪形文土器の後半になって石鏃も出現するが、まだ弓矢は発達していなかった時代と考えられる。また北海道ではこの時代の土器は未だ知られていない。カーボン14によるこの時代の土器の測定年代は今から約一万二千年前から一万年前の間である。

〔早期〕

細隆線文土器・爪形文などの円底深鉢土器に後続する古い土器文化にいくつかあるが、北から述べると、北海道西南部の渡島半島から東北地方北東部に分布する白浜式土器文化がある。白浜式土器は櫛歯状の施文具の代用品として、大型のサルボウの貝殻腹縁を口縁・口頸部に帯状に連続刺突したり、棒状の施文具の先端部を利用して同じように帯状に数段の連続刺突文を施文したりし、胴下半部には貝殻背によって平行沈線状の貝殻沈線文を施した尖底円錐形深鉢が最も特徴的な土器で、東北アジア方面に広い分布圏を持つ初期櫛文土器文化の波及によって発生したと考えられる。また、白浜式土器文化にはトランシェ(直刃斧)・石槍・石錐・石鏃などの精巧な剥片石器類と、暗緑色の硬質な変成岩製の片刃擦切磨製石斧などが伴出するが、これらも初期の櫛文土器文化に伴存の石器に酷似するものである。この系統の文化は早期中葉には東北地方北半から関東地方南部にまで波及している。一方、南関東地方では、約一万年前に全面に縄文の施された尖底深鉢土器が忽然と出現する。石器としては長さ一〇センチ前後の細長い川原石の一端に片面から打裂を加え刃を付した簡素な礫器のみを伴う文化で、井草・夏島・稲荷台式と時代が下降するに従い、打裂を加えた刃部を局部磨製したものも出現する。この土器文化には石鏃が伴存していない。東京湾口近くにある神奈川県横須賀市夏島貝塚の最下層の有機質に富む土層から井草式土器が出土したが、まだこの時代には東京湾口まで海水の浸入を見なかったものか、貝塚が形成されていない。この上層に夏島式土器を出土する貝層が堆積している。これはハイガイと小粒なマガキなど泥海底汽水性の干潟を好んで棲む貝類の多い貝層であり、東京湾口の夏島付近にようやく汀線の近づいたことを示すものである。この夏島式土器の時代が今から約九千六百年前である。この土器文化は東南アジア圏に広く分布するホアビニアン・バクソニアン文化の土器・石器と近似するが、この関連性などは今日まだ十分把握されていない。生乾きの成形された土器面に細く短い撚り紐を置き、人差指・中指・薬指など三本の指先で、これを廻転押捺してゆくと縄文文様が施される。また撚り紐を細い軸にコイル状に巻きつけたものを土器面で廻転押捺すると、撚糸文様の圧痕文が施される。井草・夏島・稲荷台各式の土器に見られる縄文・撚糸文はこのようにして施された文様である。これらの土器に続き、今から約八千年前、早期中葉ごろにほぼ日本列島全域に拡がった廻転押型文土器は、鉛筆ぐらいの太さの長さ四センチ未満の円筒形の施文原体の棒に、鋸歯状の沈線を重ねて彫刻したり、格子目状に沈線を彫刻したりして、各種の連続同一文様を土器面に廻転押捺したもので、施文手法は前記の縄文の施文法に変りない。このうち山形押型文・格子目押型文などが最も早く出現、関東地方の稲荷台式土器の分布圏にこれらの文様のものが見られ、縄文・撚糸文の施された土器と伴存している。廻転押型文土器は関東地方で発生し、次第に日本列島全域に拡がったものと考えられる。山形・楕円・格子目の廻転押型文土器が瀬戸内海一帯に拡がった時期の岡山県児島半島沖と香川県の間はまだ海進が頂点に達する以前で、現在遙か南方に屋島を遠望できる海洋上の島、香川県豊島(てしま)の南端礼田崎に、小粒なヤマトシジミを主体として、これにチリメンカワニナ・カクタニシなどの純淡水産の貝殻のみからなる貝塚が存在することは、八千年の間の地貌の驚異的な大変動によるものとはいえ、驚嘆すべきことである。このような縄文時代早期は三方に見晴しのきく半島状台地の先端付近に数戸からなる散村集落を営んだ場合が多い。

〔前期(紀元前四〇〇〇―三〇〇〇年)〕

前期には、中国の長江南部浙江省方面の東シナ海沿岸に繁栄した河姆渡(ハモト)文化が西九州方面へと波及したものか、〓状耳飾の出現を見、また漆・荏胡麻(えごま)・梶(かじ)・瓢箪・緑豆などの渡来植物の種子が発見され、きわめて初歩の播種と収穫のみの植物栽培が開始されたと考えられる。東南アジア原産の野生種に近い里芋(長野県小県郡青木村沓掛温泉などに現存)の渡来もこのころであったと推察される。早期のころまでは竪穴住居の規模も小さく、火災の心配もあるためか屋内に炉が設けられていない。ところが前期へ入ると住居の屋内に炉が設けられ、ここで食料の煮焚が行われるようになる。早期までは屋外の炉で煮焚を行うため、煮沸調理用の土器は炉の周辺の柔らかい土に底部を突き刺して煮焚を行いやすいように、底部の尖った尖底深鉢が使われたが、前期以降になると屋内の堅い平坦な床面に設けられた炉で煮焚調理するために、底面の平坦部を広く作り、平坦面に安定のよい円筒形平底深鉢が煮沸用土器として登場する。人々は一ヵ所で小集落を営み、定住する期間も前代より永くなってきたものと思われる。なお前期中葉ごろから、煮沸用具としても利用したが食料を盛りつけることにも利用したと考えられる浅鉢が出現し、前期末には煮沸用土器とは分離した食料の盛つけ・保存用にのみ使われたと思われる丹漆塗の美しい土器があらわれた。

〔中期(紀元前三〇〇〇―二〇〇〇年)〕

中期に入ると、中部地方以東の東日本では台下に泉のある河成段丘上の広い平坦な台地上を選定して、直径一〇〇メートル前後の円形広場の周辺に、一時期十戸ないし十五戸前後の環状集落が営まれた。新潟県中魚沼郡津南町沖ノ原の集落遺跡を発掘すると計百戸を越す住居跡が発見され、中期初頭から中期末までの各形式の土器が出土するので、一見中期の全期間を通じて一ヵ所に長期定住していたかの感がするが、これはかなり断続的なものであったと想像される。しかし一竪穴住居跡に四回柱を立て直したために相接しに四本の柱穴が、住居跡内に五組み接して残存するものなどがある。掘立て柱の埋没部分の腐蝕耐用年数は非常に短いので、一回十年と考えれば四回の立てかえで四十年、二十年とすれば八十年になる。このように考えると、同一場所に半世紀ぐらい定住した可能性も考えられる。また、タロ・ヤムなどを栽培するニューギニアの高地原住民が二十年周期ぐらいで集落をある決まった場所で二回ないし三回ぐらい輪廻移動するという習性が見られることなどから、長野県八ヶ岳南麓の尾根に密集する中期の集落の場合、ある一時期にすべてが存在したとすると、八ヶ岳南麓の狭小な山地から得られる食料だけでは到底生活の維持は困難であるから、一時点の実存数はこの三分の一以下ではないかとも考えられる。類似土俗例をニューギニア高地人に見出し推理したわけであるが、未だ確証はなく、この推察の当否は今後の研究に残された重要研究課題である。前期から中期への生活環境の変遷推移にはまた著しい発展変化が認められる。前期後半以降に出現する配石遺構は中期後半には環状に配列するものがあらわれ、後期中葉以降には配石遺構下に墓壙が設けられ、墓地遺跡とも重複する。一部の研究者は配石遺構はその当初より墓地遺跡との見解をとっている。また埋葬施設に長方形の石槨、石棺状の石組があらわれるのも中期以降である。

〔後期(紀元前二〇〇〇―一〇〇〇年)〕

後期に入ると、集落は沖積低地との比高が中期の時より一段と低くなった低台地、または小さな谷の谷頭の周辺など比高の低い場所が選定されるようになってくる。また遺跡数が中期に比して減少していることは、一地区に永く定住したことを意味するものであろうか。また中期までの土器は、すり鉢状の穴に土器を入れて、酸化炎で焼き上げたために明るい赤褐色に近い色のものが多いが、後期に入ると地肌が黝黒色の光沢するものや暗褐色のものが多く、還元炎で焼かれたと思われるものが多くなっている。この焼成法の変化も、長い縄文土器文化の変遷の中での一つの大きな変化としてとらえてもよいのではなかろうか。また東北地方の太平洋岸における、中期から晩期にわたる鹿角製の釣針・やす・もりなどの漁具の変遷には目覚しいものがある。

〔晩期(紀元前一〇〇〇―三〇〇年)〕

晩期は縄文時代の終末の時代であるとともに、次の弥生時代への胎動期である。晩期後半、前五世紀から四世紀に西北九州地方で繁栄した夜臼(ゆうす)式土器文化の佐賀県唐津市菜畑遺跡では水田を作り、朝鮮半島から伝来したと思われる磨製石剣・磨製石戈・庖丁型磨製石器などを伴っている。また、稲と稲作技術は弥生文化の東漸に先がけて、それぞれの地域の晩期末の時代に定着したものと考えられるが、それぞれの地域の晩期末の土器片に籾の圧痕の付着が発見されるのはその証左の一つではなかろうか。青森県三戸郡名川町剣吉荒町遺跡でも、縄文文化終末期の大洞A′式土器に籾の圧痕の付着した土器片が発見されている。また東北地方三陸海岸では、晩期に入ると福島県いわき市付近から岩手県宮古市付近にわたって外洋の大型魚に対する漁業が盛んになり、夥しい量のマグロの背骨を出土する貝塚が多い。いわき市寺脇貝塚・岩手県大船渡市大洞貝塚などはその代表的なもので、貝塚の貝殻に混じて多量の背骨が堆積している。マグロに比較すると小型であるが、ブリ・カツオ・サバなどの背骨の出土量も多い。これらの捕獲にはこの地方で縄文文化晩期に発達した大型魚捕採用に考案された燕尾型廻転離頭銛によるところが大である。
 従来、農耕・栽培は弥生時代からと考えられていた。確かに水田・稲作の普遍化は弥生時代に入ってからであり、また禾本科穀類の栽培の痕跡も縄文時代終末期近くまでしか明らかにされていないが、緑豆・荏胡麻などの食用植物の栽培は縄文時代前期から始まり、これより若干遅れて北日本にそばの流入の痕跡も見られる。縄文時代人も主たる生業は狩猟・漁撈といった自然にあるものを捕採することのみで食生活を行なっていたのではないことが次第に明らかになってきた。
[参考文献]
江坂輝弥編『縄文土器と貝塚』(『古代史発掘』二)、江坂輝弥・野口義磨編『土偶芸術と信仰』(同三)、加藤晋平他編『縄文文化の研究』
(江坂 輝弥)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

縄文時代と同じ縄文時代カテゴリの記事
縄文時代(国史大辞典)
弥生時代以前の日本列島で土器が出現し使用された時代全体を縄文時代とする広義の見解と、その編年区分のうち最古の細隆線文土器・爪形文土器などが作られ使用された草創期は縄文土器文化以前の土器文化と考え、これを晩期旧石器時代・更新世最終末とする見解とがある。
沖ノ原遺跡(日本歴史地名大系)
[現]津南町赤沢 沖ノ原 中津川が信濃川に合流する左岸付近、比高一六〇メートルの断崖絶壁をなす相吉段丘の北端部にある。遺跡は標高四四二―四四六メートルに分布する。東に代官清水の自然湧水を控えた縄文中期の径一二〇メートルに及ぶ環状大集落跡。
縄文海進(改訂新版・世界大百科事典)
関東平野では縄文時代の貝塚が台地周縁ぞいに,かなり内陸まで分布していることが注目されていて,そのような古海岸線を残した海進は縄文海進とよばれるようになった。ヨーロッパでも〈新石器時代汀線Neolithic beach〉とよばれる同じような海進がみられる。


「縄文時代」は時代に関連のある記事です。
その他の時代に関連する記事
縄文時代(国史大辞典)
弥生時代以前の日本列島で土器が出現し使用された時代全体を縄文時代とする広義の見解と、その編年区分のうち最古の細隆線文土器・爪形文土器などが作られ使用された草創期は縄文土器文化以前の土器文化と考え、これを晩期旧石器時代・更新世最終末とする見解とがある。
弥生時代(国史大辞典)
弥生時代は、一般的には、狩猟採集社会である縄文時代に次ぐ時代、つまり水稲農耕が始まり、金属器をもつようになってから、古墳を標識とする古墳時代に入るまでの間とされている。弥生時代は、前期・中期・後期、または第I~V期に区分されている。かつてこの前期・中期・後期という区分に
古墳時代(国史大辞典)
弥生時代につづいた一時代について、その文化の代表的徴証である古墳の名を冠した時代区分の名称。古墳は三世紀終末あるいは四世紀の初頭に発達し、飛鳥時代はもとより奈良時代あるいは平安時代の一部にも存続したが、一応飛鳥時代などすでに確立されている時代区分と区別し
飛鳥時代(日本大百科全書(ニッポニカ))
「飛鳥時代」は元来、日本美術史上の時代区分であるが、これを政治史上の時代区分として用いることも多い。一般には推古朝(593~628)前後から大化改新(645)までとするのが普通であるが、これをさらに天智朝(662~671)ごろまで下げて考える説も美術史家の間には行われており
奈良時代(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良(奈良市)に都のあった710年(和銅3)から784年(延暦3)までの74年間をいう。天皇を中心とする政府がここにあったので、地名をとって時代の名称とした。奈良の都の公式の名称は平城京であるが、奈良(那羅、奈羅、乃楽、寧楽、楢などとも書く)とよばれる地にあったので
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
縄文時代の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 6407
検索コンテンツ
1. 縄文時代
日本大百科全書
縄文文化の時代。その時期については諸説あるが、1万2000年前ごろから2400年前ごろまでという説が有力。編集部 ...
2. じょうもん‐じだい【縄文時代】
デジタル大辞泉
縄文文化の時代。旧石器時代に続き、1万2、3000年前に始まったという。草創・早・前・中・後・晩期に大別される。2300〜2400年前に弥生時代に移行した。  ...
3. じょうもん‐じだい【縄文時代】
日本国語大辞典
草創期・早期・前期・中期・後期・晩期の六期に分けられる。*雪の涯の風葬〔1969〕〈高井有一〉三「どれも縄文時代のものです。さう、これなんか、珍しいのぢゃないか ...
4. じょうもんじだい【縄文時代】
国史大辞典
また禾本科穀類の栽培の痕跡も縄文時代終末期近くまでしか明らかにされていないが、緑豆・荏胡麻などの食用植物の栽培は縄文時代前期から始まり、これより若干遅れて北日本 ...
5. 縄文時代
日本史年表
ともに、耐熱容器である土器が出現.放射性炭素AMS法によると1万6000年前に遡るという. 縄文時代 始まる(青森県 大平山元遺跡 ・長野県 神子柴遺跡 ・神奈 ...
6. 縄紋(縄文)時代/新石器時代/大森時代[考古学]
イミダス 2016
先史/先文献時代2。約1万2000年前~3000年前。縄紋時代は、土器による煮炊きの始まり、弓矢の始まり、貝塚形成に特徴づけられる。土器は利用可能な植物性食糧 ...
7. じょうもんじだいじん【縄文時代人】
国史大辞典
これらの起因については、縄文時代のきびしい生活にたえるための過重な労働によると考えられている。これら縄文時代人の形質は縄文時代が七千年以上も続いたにもかかわらず ...
8. 縄文時代とは[考古学]
現代用語の基礎知識 2016
縄文時代は、土器 や磨製石器が広く使われ、約1万3000年前ごろから水稲農耕が始まる紀元前6世紀ごろまで1万年余り続く。世界史的には新石器時代に相当するが、農耕 ...
9. 縄文時代の自然環境と生活[考古学]
現代用語の基礎知識 2016
落葉樹林や照葉樹林の森は、植物性食糧の宝庫である。この時期に出現する土器は、植物のアク抜きや加熱処理をするための「鍋」である。土器の出現により、ドングリ、山菜、 ...
10. 先縄文時代
世界大百科事典
日本考古学の時代名称で,縄文時代に先行する時代をいう。先土器時代,無土器時代などの別称もある。しかし現在では,旧石器時代とよぶ人の方が多い。旧石器時代の語を避け ...
11. 続縄文時代
日本史年表
が盛んとなる。東北地方北部の津軽平野でも 水田 が造成される(青森県 砂沢遺跡 )。北海道では縄文時代から 続縄文時代 へ、琉球列島では貝塚時代中期から後期へ移 ...
12. なかおおづかじょうもんじだいしきいしいこう【中大塚縄文時代敷石遺構】群馬県:藤岡市/中大塚村
日本歴史地名大系
地に存在する。昭和四九年(一九七四)水田下の粘土採掘中に発見され、同年発掘調査が実施された。縄文時代中期末および後期初頭の敷石住居跡三基、覆土に骨片を含む埋甕が ...
13. せんじょうもんじだい【先縄文時代】
国史大辞典
⇒先土器時代(せんどきじだい)  ...
14. ぜんじょうもんじだい【前縄文時代】
国史大辞典
⇒先土器時代(せんどきじだい)  ...
15. プレじょうもんじだい【プレ縄文時代】
国史大辞典
⇒先土器時代(せんどきじだい)  ...
16. The じょうもん検定[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2016
縄文時代の文化、環境、生活などに関する知識を幅広く問うご当地検定。青森県の「三内丸山遺跡」をはじめ縄文の魅力を発信するNPO法人「三内丸山縄文発信の会」の主催 ...
17. あいおいし【相生市】兵庫県
日本歴史地名大系
南部は苧谷川・鮎帰川流域で両川は相生湾に注ぐ。相生湾は約四キロ湾入した天然の良港である。〔原始・古代〕縄文時代の遺跡は後期の佐方遺跡・壺根遺跡がある。弥生時代の ...
18. あいがまどころいせき【安乎間所遺跡】兵庫県:洲本市/安乎下村
日本歴史地名大系
岩戸川南岸の標高六メートルの段丘上にある。昭和五八年(一九八三)・同五九年に発掘が行われた、縄文時代前期―弥生時代中期、平安―鎌倉時代の集落跡。集落の最盛期は弥 ...
19. あいさりいせき【相去遺跡】岩手県:北上市/相去村
日本歴史地名大系
昭和四八年(一九七三)・四九年の調査により平安時代の竪穴住居跡三六棟・登窯一基・焼土遺構一七基、縄文時代のフラスコピット八基・落し穴状遺構八基が検出された。平安 ...
20. あいさりむら【相去村】岩手県:北上市
日本歴史地名大系
ある。西部は広い洪積台地で東部は沖積低地。北方盛岡藩領の和賀郡下鬼柳村と奥州街道で結ばれる。縄文時代早期の三十人町遺跡(金ヶ崎町)、平安時代の相去遺跡などがある ...
21. あいだぐん【英田郡】岡山県
日本歴史地名大系
なる(→吉野郡 →勝南郡)。〔原始・古代〕郡内の旧石器時代の遺跡は現段階では知られていない。縄文時代の遺物としては晩期に属する土器が高本遺跡(作東町)から発見さ ...
22. 愛知県陶磁美術館[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
1978年(昭和53)に県政100年記念事業の一つとして開館した。収蔵品数は5000点を超え、縄文時代から現在までの焼物の歴史を伝える貴重な文化遺産をはじめ、海 ...
23. あいづわかまつし【会津若松市】福島県
日本歴史地名大系
冠した。〔原始〕「福島県遺跡地名表」によれば、市内の南東山麓、北東丘陵地および猪苗代湖西岸に縄文時代の遺跡が三三ヵ所分布する。弥生時代の遺跡は、市内の南東山麓や ...
24. 愛南(町)画像
日本大百科全書
宿毛(すくも)湾の海岸部は複雑なリアス式海岸を形成する。国道56号、県道320号が通る。 御荘湾沿岸などで縄文時代の遺跡が確認され、平城(ひらじょう)貝塚からは ...
25. アイヌ
日本大百科全書
近年、北海道における古人骨の研究が進み、北海道縄文時代人が、一方において本州の縄文時代人ときわめて近縁な関係にあり、しかも他方において、続縄文時代以降の連続的な ...
26. アイヌ
世界大百科事典
比較研究から,彼らが子孫祖先関係にあることがしだいに明らかにされてきた。最近では,北海道の続縄文時代人骨や擦文(さつもん)時代人骨の形態学的研究も進み,北海道の ...
27. あいのねいせき【間の根遺跡】岐阜県:中津川市/中津川村
日本歴史地名大系
に位置し、遺物包含地が分散している。集中して認められるのは五地点ほどが確認され、先土器時代・縄文時代の土器・石器が多く採集されている。土器は縄文中期の勝坂式・加 ...
28. あいのはらいせき【間之原遺跡】群馬県:太田市/竜舞村
日本歴史地名大系
ートルにある。昭和五五年(一九八〇)、同五六年に調査され、縄文時代・古墳時代・平安時代・室町時代の各遺構・遺物が発見された。縄文時代の遺構としては前期関山式を伴 ...
29. あいのまち【愛野町】長崎県:南高来郡
日本歴史地名大系
号が交差する。ほかに主要地方道の愛野―島原線などがある。南東部は島原半島県立公園の指定域内。縄文時代中期の愛津遺跡がある。愛津の中島に首塚古墳、野井に円墳の一本 ...
30. あいもとしんいせき【愛本新遺跡】富山県:下新川郡/宇奈月町/愛本新村
日本歴史地名大系
地の西縁、俗に牛が首と称する小さく舌状に突き出している標高一二五メートルの段丘上に営まれた、縄文時代中期から晩期にわたる集落遺跡。南北二〇〇メートル・東西一七〇 ...
31. あいやいせき【愛谷遺跡】福島県:いわき市/旧好間村地区/愛谷村
日本歴史地名大系
査が行われた。遺跡の総面積は約六万平方メートルを測り、縄文時代から室町時代にかけての、いわき地方における最大規模の複合遺跡である。縄文時代は中期後葉から後期中葉 ...
32. 姶良(市)画像
日本大百科全書
り、南部は沖積平野が展開する。加治木町日木山(かじきちょうひきやま)の干迫(ほしざこ)遺跡(縄文時代)は、中・北九州方面との盛んな交流を示す遺物が出土して貴重。 ...
33. あいらちょう【吾平町】鹿児島県:肝属郡
日本歴史地名大系
と北西端を東流する大姶良川流域、水田地帯を望む台地縁辺部に立地し、南部の山岳地帯には少ない。縄文時代の遺跡では、下名の池山遺跡で早期の、上名の前木場遺跡・蓑損原 ...
34. あいらちょう【姶良町】鹿児島県:姶良郡
日本歴史地名大系
上別府川と記している。遺跡はシラス台地から海側に延びた先端部や、別府川・思川流域の微高地などに立地している。縄文時代では鍋谷遺跡から早期の土器が、稲荷橋遺跡から ...
35. あうみぐん【会見郡】
国史大辞典
近世以降は「あいみごおり」「あいみぐん」と通称していた。平安時代には東部を会東郡と称している。縄文時代から弥生時代に続く目久美遺跡や、弥生時代後期から飛鳥時代に ...
36. 青木遺跡
世界大百科事典
奈良時代では住居址が多く,とくに竪穴住居32に対して平地掘立柱建物が56と目だつ。このほか,縄文時代晩期の捕獣用の落し穴と推定される土坑や中・近世の遺構などもみ ...
37. あおきいせき【青木遺跡】山梨県:北巨摩郡/高根町/村山北割村
日本歴史地名大系
[現]高根町村山北割 八ヶ岳の南東麓、朝日(旭)山の南方で西川左岸の比較的高位な平坦面上に立地する、縄文時代後期の配石・石棺群を伴った集落跡。標高七三〇メートル ...
38. あおきいせき【青木遺跡】鳥取県:米子市/青木村
日本歴史地名大系
[現]米子市永江 長者原台地の北東部、標高四〇メートルの八つの支丘陵上に広がる縄文時代晩期から奈良時代の集落・墳墓遺跡。昭和四六年(一九七一)から同五二年にかけ ...
39. あおきばたいせき【青木畑遺跡】宮城県:栗原郡/一迫町/島体村
日本歴史地名大系
[現]一迫町 島体 一迫川南岸の自然堤防上に立地する縄文時代後期および弥生時代初頭の遺跡。昭和四七年(一九七二)に圃場整備に伴う発掘調査が行われ、多量の土器や石 ...
40. 青島
デジタル大辞泉プラス
鳥取県鳥取市西部、湖山池内にある島。南側にある青島遺跡からは、縄文時代後期~古墳時代にかけての土器や勾玉が出土している。 2015年08月 ...
41. あおしまいせき【青島遺跡】鳥取県:鳥取市/旧高草郡地区/高住村
日本歴史地名大系
[現]鳥取市高住 湖山池の南岸近くに周囲一・八キロの青島があり、縄文時代から古墳時代にかけての遺構や遺物が同島各地で発見されている。これらを総称して青島遺跡とい ...
42. あおしまかいづか【青島貝塚】宮城県:登米郡/南方町/南方村
日本歴史地名大系
と相まって、伊豆沼・長沼周辺に飛来する鳥類の狩猟活動が活発であったことを示す。当貝塚の時期は縄文時代前期初頭から後期中葉までの長い期間にわたるが、中心は中期中葉 ...
43. あおたいせき【青田遺跡】新潟県:北蒲原郡/加治川村/青田新田
日本歴史地名大系
[現]新発田市金塚 青田 新潟平野の北部、胎内市との境界に近い新発田市西端の沖積地にある縄文時代晩期の集落跡。標高はマイナス一メートルから一・六メートル、かつて ...
44. あおなえいせきぐん【青苗遺跡群】北海道:檜山支庁/奥尻町/青苗村
日本歴史地名大系
奥尻島南端部の青苗湾の海岸砂丘および海成段丘上に広範に立地する青苗遺跡・青苗B遺跡・青苗砂丘遺跡など、縄文時代早期から擦文時代におよぶ複合遺跡の総称。昭和五一― ...
45. 青森(県)画像
日本大百科全書
。ところが、1992年(平成4)に青森市の三内丸山遺跡が発見され、発掘調査の結果、この遺跡は縄文時代前期から中期にかけて約1500年以上営まれた日本最大の縄文集 ...
46. あおもりし【青森市】青森県
日本歴史地名大系
区には、縄文時代中・後期の近野遺跡、縄文時代晩期の細越遺跡がある。その西方岩渡地区には、縄文前期・中期の熊沢遺跡がある。八甲田火山北麓の駒込地区には、縄文時代晩 ...
47. あかあなどうけつ【赤穴洞穴】岩手県:下閉伊郡/岩泉町/岩泉村
日本歴史地名大系
が、詳しい報告はいまだになされていない。洞窟からの出土遺物によって時期は縄文時代晩期末と弥生時代とされている。縄文時代晩期の土器は終末期の文様である変形工字文を ...
48. あかいがわいせきぐん【赤井川遺跡群】北海道:後志支庁/赤井川村
日本歴史地名大系
赤井川村域の南部を流れる余市川左岸の山地や沢には黒曜石の転礫が散布している。これらの存在は旧石器時代・縄文時代にも知られ、余市川やその支流の赤井川によって開析さ ...
49. あかいしいせき【赤石遺跡】山形県:村山市/土生田村
日本歴史地名大系
[現]村山市土生田 赤石 最上川東岸の河岸段丘上に営まれた、縄文時代早期中葉から前期初頭の集落遺跡。昭和五二年(一九七七)に調査された。カベ山北麓を帯状に取巻く ...
50. あかいわやまいせき【赤岩山遺跡】石川県:七尾市/万行村
日本歴史地名大系
七尾南湾岸の臼池川に近い低平な台地端部に立地し、矢田高木森古墳の東方約五〇〇メートル地点に位置する。縄文時代前期後半(福浦上層式)と古墳時代前期から同後期(月影 ...
「縄文時代」の情報だけではなく、「縄文時代」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る