ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 科学・医学
  6. >
  7. 科学全般
  8. >
  9. 化学
  10. >
  11. DNA

ジャパンナレッジで閲覧できる『DNA』の辞書・事典・叢書別サンプルページ

岩波 生物学辞典 第5版

岩波 生物学辞典 第5版
DNA

deoxyribonucleic acidの略.《同》デオキシリボ核酸.糖成分がD-2-デオキシリボースである核酸核酸研究の初期に,DNAは胸腺から大量に抽出できることから胸腺核酸(thymonucleic acid, thymus nucleic acid)と呼ばれた.遺伝子の本体.塩基としてアデニン,グアニン,シトシン,チミンのほか,少量のメチル化塩基,すなわち5-メチルシトシン,6-メチルアミノプリンなどが含まれる.ある種のファージのDNAはシトシンの代わりに5-ヒドロキシメチルシトシン,チミンの代わりに5-ヒドロキシメチルウラシルあるいはウラシルを含む(⇒メチル化塩基⇒微量塩基).一般にDNAは,ヌクレオシドが3′,5′-リン酸ジエステル結合で連なった2本のポリヌクレオチド鎖が,塩基間の水素結合により右巻きの二重らせん(double helix)構造を形成している.二重らせん構造は塩基間の水素結合形成(⇒塩基対合則)と上下に隣接する塩基同士の積み重なりの力(⇒スタッキング)とにより安定化され,らせんを取り囲む水和分子の集まりによってその立体構造が保持されている.周囲の相対湿度の変化に応じてDNA繊維の規則構造は段階的に変化する.X線回折図の解析から,数種(A,B,Zなど)の型の構造状態が知られている.B型の構造は湿度90%以上(水中状態)に相当し,二重らせん分子の太さは直径2 nmで,ワトソン-クリックのモデルに該当する.相対湿度が減少するとらせんは中心軸方向に縮み,塩基対間隔のせまいA型となる(表).A,B間の変換は可逆的である.他方RNAが二本鎖状態をとる場合にはA型構造だけをとる.高塩濃度下でグアニンとシトシンを交互に連鎖したものを結晶化すると左巻きらせん構造が見られる.この構造は溶液中の塩濃度が変わればB型に変換する.左巻きらせん上ではリン酸基間を結ぶ線がジグザグ(zig-zag)状なことから,Z型DNA(Z-form DNA, Z-DNA)と呼ばれるが,シトシンがメチル化されると生理条件に近い状態でDNA二重らせんはZ型の構造をとりやすく,その実在が示され,生体内機能との関連が注目されている.二本鎖DNAは熱処理やアルカリ処理により2本の一本鎖DNAに解離すなわち変性する(⇒DNAの変性).ウイルスゲノムとしてのDNAの分子量は1~$\ce{200×10^{6}}$で,通例ウイルス粒子1個中に1分子の核酸が含まれるが,環状一本鎖DNAを核酸成分とするファージも存在する.ほとんどの細菌の染色体は1分子のDNAからなり,大腸菌の場合その分子量は約$\ce{2.5×10^{9}}$.また,自己増殖性のプラスミドDNAも知られている.真核生物の細胞では,DNAの大部分が核,特に染色体に局在し,塩基性蛋白質(ヒストン,プロタミンなど)その他と結合してデオキシリボ核蛋白質として存在する(⇒ヌクレオソーム⇒クロマチン).細胞質中のミトコンドリア・葉緑体などにも核のDNAとは異なる独自の少量のDNAが存在し,細胞質遺伝の要因となっている(⇒ミトコンドリアゲノム).現在では,組換えDNA実験技術とDNA塩基配列決定法により,DNA上の遺伝情報が具体的な塩基配列として把握されている(⇒核酸).(図次頁)

DNA1

DNA2

DNA3

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。
DNAの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 4568
検索コンテンツ
1. DNA[欧文略語]
イミダス 2018
(1)[deoxyribonucleic acid]【化学】【生物】デオキシリボ核酸.遺伝子を構成する分子化合物 (2)[distributed inter ...
2. DNA画像
日本大百科全書
ーグは大腸菌の抽出液から、DNAを鋳型として同じ配列をもったDNA複製をする酵素DNAポリメラーゼを精製した。この酵素は、(1)DNAを鋳型として相補性をもった ...
3. DNA画像
世界大百科事典
うな物質DNAにほかならない。DNAはどの生物のどの細胞にも,その生物の全遺伝情報分だけある。細胞が分裂する前にDNAは複製され,分裂後の二つの娘細胞は同じDN ...
4. DNA[生命科学]
現代用語の基礎知識 2019
細胞分裂の際に、ほどけた1本ずつの鎖にそれぞれ元の鎖と同じ並びが合成されることでDNAは複製され、子孫にも伝えられる。DNAの塩基の三つの並びが、生体の形や働き ...
5. DNA画像
岩波 生物学辞典
などにも核のDNAとは異なる独自の少量のDNAが存在し,細胞質遺伝の要因となっている(⇒ミトコンドリアゲノム).現在では,組換えDNA実験技術とDNA塩基配列決 ...
6. ディー‐エヌ‐エー【DNA】
日本国語大辞典
〔名〕({英}deoxyribonucleic acid の略)「デオキシリボかくさん(─核酸)」に同じ。 ...
7. デオキシリボ核酸
日本大百科全書
核酸の一種で、英名の頭文字からDNAと略記される。人間をはじめ、ほとんどの生物の遺伝情報を担う物質。編集部 ...
8. 「DNA印刷」[イミダス編 科学]
イミダス 2018
DNA(デオキシリボ核酸)をインクに混入する印刷方法で、恒信印刷株式会社が開発した。混入するDNAは、J-ARM社が依頼者の用意した毛髪や皮膚から処理を行って ...
9. DNAエレクトロニクス[欧文略語]
イミダス 2018
DNA electronics]【化学】【生物】DNAを使って分子エレクトロニクス部品を構成すること.  ...
10. DNA親子鑑定[新語流行語]
イミダス 2018
DNA(デオキシリボ核酸)を使った親子鑑定サービスが、日本でも本格化してきた。綿棒などで頬の内側の粘膜細胞を採取、20万円前後の料金、1~2週間で鑑定してもら ...
11. DNAオリガミ[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
さまざまな長さのDNAを用いて、折り紙と同様に立体構造を作製することの総称。カリフォルニア工科大学のP.ロスムンド博士によって「DNA origami」として開 ...
12. DNAオリガミ[欧文略語]
イミダス 2018
DNA origami]【物理・理工】長短のDNA(デオキシリボ核酸)を組み合わせて,折り紙のように平面構造体や立体構造体を作製する方法. 2012 08 ...
13. DNA鑑定[バイオテクノロジー]
イミダス 2018
細胞内のDNA塩基配列から個人・個体を識別する鑑定法。ヒトのDNAは終生不変であることから、個人の特定ができることを利用して、犯罪捜査や親子などの血縁鑑定、さ ...
14. DNA鑑定[欧文略語]
イミダス 2018
DNA diagnosis]【生物】ヒトの細胞内にあるDNAの塩基配列から個人識別を行う鑑定方法.  ...
15. DNAコンピューター[AI & ロボティクス]
イミダス 2018
問題をDNAの並びとして表現し、その試験管を振ることによって問題を解決する(解に相当するDNAの並びを得る)、というものである。実際にある問題がこの方法で解ける ...
16. DNAコンピューター[欧文略語]
イミダス 2018
DNA computer]【IT関連用語】【コンピューター】【生物】DNAの4種類の塩基を素子とする生物的なコンピューター.  ...
17. DNAコンピューター/DNAコンピューティング[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
れている。DNAが複数結合したタイル状のものをつなげるものや、DNAの折り紙(→「DNAオリガミ」)の性質を利用した計算、マイクロ/ナノ流路(→「ナノ流体制御」 ...
18. DNA指紋法[欧文略語]
イミダス 2018
DNA fingerprint]【生物】DNAの構造をもとに個人を識別する方法.DNA鑑定法ともいう.  ...
19. DNA修復[バイオテクノロジー]
イミダス 2018
DNA(デオキシリボ核酸)は、化学物質や紫外線による「攻撃」、あるいは複製の誤りなどによって1日に何万回も損傷し、それを放置するとがんなどの疾患の原因になる。 ...
20. DNA修復[欧文略語]
イミダス 2018
DNA repair]【生物】DNAに物理化学的要因で生じた障害や,DNA複製の際に生じた誤りを修復すること.  ...
21. DNA修復酵素[欧文略語]
イミダス 2018
DNA repairing enzyme]【生物】テロメアーゼ.DNA複製で起こる変異を修復する働きをもつ酵素.  ...
22. DNA傷害[欧文略語]
イミダス 2018
DNA injury]【生物】環境要因で DNA に生じた物理化学的な変化.DNA損傷.  ...
23. DNAシーケンサー[欧文略語]
イミダス 2018
DNA sequencer]【機械・工業製品】【生物】DNAの塩基配列を自動的に読み取る装置. 2009 06 ...
24. DNAストレージ[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
現在の記憶媒体であるハードディスクなどの代わりにDNA(デオキシリボ核酸)をストレージ(外部記憶装置)として使用しようという試みのこと。太古のDNAを現代におい ...
25. DNAチップ[欧文略語]
イミダス 2018
DNA chip]【生物】DNAを半導体に規則正しく配列したもの.マイクロアレーともいう.  ...
26. DNAチップテクノロジー[バイオテクノロジー]
イミダス 2018
配列をもつDNA同士あるいはDNAとRNAターゲットが結合する。これをコンピューターで解析することにより、DNAチップ上のどんな配列のDNAがどれだけ発現してい ...
27. DNAチップテクノロジー[欧文略語]
イミダス 2018
DNA chip technology]【生物】DNAチップ上に配列したDNAの発現の度合いをコンピューター解析で調べること.  ...
28. DNAトランジスタ[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
より簡易で安価な手法が求められていたが、微小な孔(あな)をDNAが通過することで、塩基ごとの電気的性質を読み取る手法が開発され、DNAトランジスタと呼ばれている ...
29. DNAトランジスタ[欧文略語]
イミダス 2018
DNA transistor]【生物】【物理・理工】微小な穴にDNA(デオキシリボ核酸)を通過させることによって,塩基ごとの電気的性質を読み取る解析手法.  ...
30. DNAナノ構造体[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
DNAを用いてナノ構造体を構成する技術は、2006年のカリフォルニア工科大学ポール・W・K・ロスムンド主任研究員によるDNAオリガミ法の報告以来大きく発展して ...
31. DNAバンク[欧文略語]
イミダス 2018
DNA bank]【生物】生物全般のDNA情報を収集・管理し,研究者などに提供する機関.農水省が1994年に設立.  ...
32. DNAバーコード[バイオテクノロジー]
イミダス 2018
ーコードのように、ミトコンドリアなど生命体がもつ固有のDNA配列を登録したデータベース。このデータベースが完成すれば、生物の一部のDNA配列から、その生物を容易 ...
33. DNAバーコード[イミダス編 科学]
イミダス 2018
生物種が持つ遺伝情報のDNAを、商品管理で使われているバーコードのように登録した識別コード。DNAからごく一部を取り出して標準化された簡単な遺伝情報タグを利用 ...
34. DNA父子鑑定訴訟[法律と社会]
イミダス 2018
DNA鑑定で血縁関係がないことが証明されても、法律上の父と扱う判決が2014年7月17日に最高裁判所で示された。Aと結婚後に浮気相手Cの子Dを出産した妻Bは、 ...
35. DNA分子マシン[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
DNAオリガミ法(DNAを用いて折り紙と同様に立体構造を作製する手法)などにより作製したナノメートル構造体を利用することで、DNAの進行を人為的に制御するDNA ...
36. DNA分子マシン[欧文略語]
イミダス 2018
DNA molecular machine]【物理・理工】DNA(デオキシリボ核酸)を利用して,これを精密機械のように動かす分子マシンの総称. 2013 0 ...
37. DNA分子モーター[欧文略語]
イミダス 2018
DNA molecular motor]【物理・理工】1本鎖にしたDNA(デオキシリボ核酸)をレールとして,その相補鎖の1本鎖DNAを酵素反応で移動させる分 ...
38. DNA(デオキシリボ核酸)分析[考古学]
イミダス 2018
生物は個体ごとに異なる塩基配列からなるDNAをもっている。その一方で種や集団ごとに、塩基配列の一定のまとまりも存在する。このことを利用して生物遺体から取り出した ...
39. DNA分析[欧文略語]
イミダス 2018
DNA analysis]【生物】【歴史】デオキシリボ核酸分析.生物遺体のDNAを分析して種や系統関係などを調べる方法.  ...
40. DNAマシン[ナノテクノロジー]
イミダス 2018
告したDNAを用いたナノ構造体の合成に関する研究は、バーナード・ヤークらによるDNA分子ピンセット(DNA tweezers)、フリードリッヒ・ジンメルらによる ...
41. DNAマテリアル[欧文略語]
イミダス 2018
DNA material]【生物】DNAを材料として利用する研究方法.  ...
42. DNAメチル化[生物]
イミダス 2018
DNAメチル基転移酵素の働きによって、DNAのCpGという配列の部分のC(塩基)にメチル基が付加されること。高等生物の場合は、シトシンがメチル化される。メチル ...
43. DNAメチル化[欧文略語]
イミダス 2018
DNA methylation]【生物】酵素の働きによって,DNA(デオキシリボ核酸)の一部の塩基にメチル基が付加されること. 2014 08 ...
44. DNAモーター[欧文略語]
イミダス 2018
DNA motor]【物理・理工】1本鎖にしたDNA(デオキシリボ核酸)をレールとして,その相補鎖の1本鎖DNAを酵素反応で移動させる分子モーター.DNA分 ...
45. DNAリガーゼ[欧文略語]
イミダス 2018
DNA ligase]【生物】DNA連結酵素.DNA合成酵素.  ...
46. DNAワクチン[バイオテクノロジー]
イミダス 2018
獲得させる医薬品である。一方、DNAワクチンは、病原体の構成たんぱく質の遺伝子であるDNAをワクチンにしたものである。DNAワクチンを投与すると、細胞内でDNA ...
47. DNAワクチン[欧文略語]
イミダス 2018
DNA vaccine]【医学・生理】遺伝子免疫.病原体などの遺伝子を使い,抗原を体内で発現させて免疫を誘導する方法.  ...
48. DNA-RNAハイブリダイゼーション
岩波 生物学辞典
相補的な塩基配列をもった一本鎖DNAと一本鎖RNAを混合して適当な塩濃度・温度条件を与えることにより,塩基間で水素結合を形成して,ちょうど二本鎖DNAのようにD ...
49. DNA塩基配列決定法
岩波 生物学辞典
ソヌクレアーゼ活性をもたないDNAポリメラーゼと4種のデオキシリボヌクレオシド三リン酸を加えて,プライマーの3′末端からDNA合成を行わせる.このとき1種類のD ...
50. DNA鑑定
日本大百科全書
個体の遺伝情報のすべてがDNA分子の上に保存されている。塩基配列の変異によるDNA多型は従来の血液型より遺伝情報量が多く、またDNA塩基配列を自動解析する自動シ ...
「DNA」の情報だけではなく、「DNA」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

DNAと同じ化学カテゴリの記事
DNA(岩波 生物学辞典 第5版)
deoxyribonucleic acidの略.《同》デオキシリボ核酸.糖成分がD-2-デオキシリボースである核酸.核酸研究の初期に,DNAは胸腺から大量に抽出できることから胸腺核酸(thymonucleic acid, thymus nucleic acid)と呼ばれた.遺伝子の本体.塩基としてアデニン
ミトコンドリアゲノム(岩波 生物学辞典 第5版)
mtゲノム,mtDNAなどと略記.《同》ミトコンドリア核様体(mitochondrial nucleoid),ミトコンドリア核(mitochondrial nuclei),ミトコンドリア染色体(mitochondrial chromosome).ミトコンドリアが保有する独自のゲノム.一般に環状二本鎖DNAであるが


「DNA」は自然科学に関連のある記事です。
その他の自然科学に関連する記事
フラボノイド(日本大百科全書・岩波 生物学辞典)
クロロフィル、カロチノイドと並ぶ一群の植物色素の総称。ベンゼン環2個が炭素3個で結ばれ、かつ中央のC3が酸素を含むヘテロ環をつくった構造をしている。ヘテロ環の酸化還元状態の違いによってフラボン類、イソフラボン類、フラボノール類
ミトコンドリアゲノム(岩波 生物学辞典 第5版)
mtゲノム,mtDNAなどと略記.《同》ミトコンドリア核様体(mitochondrial nucleoid),ミトコンドリア核(mitochondrial nuclei),ミトコンドリア染色体(mitochondrial chromosome).ミトコンドリアが保有する独自のゲノム.一般に環状二本鎖DNAであるが
DNA(岩波 生物学辞典 第5版)
deoxyribonucleic acidの略.《同》デオキシリボ核酸.糖成分がD-2-デオキシリボースである核酸.核酸研究の初期に,DNAは胸腺から大量に抽出できることから胸腺核酸(thymonucleic acid, thymus nucleic acid)と呼ばれた.遺伝子の本体.塩基としてアデニン
死 [改訂新版](文庫クセジュ ベストセレクション)
死[改訂新版] 文庫クセジュ60 ポール・ショシャール著/江上 不二夫訳/三浦 義彰訳 自然科学 第一部 生細胞の死 第一章 生命の特質 トレヴィラヌスとともに生物学(Biologie)ということばをつくった人であり、変異説の提唱者として有名なラマルクは、生物学


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る