日本大百科全書(ニッポニカ)

妊娠高血圧症候群
にんしんこうけつあつしょうこうぐん
hypertensive disorders of pregnancy

妊娠時に高血圧(140/90ミリメートル水銀柱〈mmHg〉以上)を認める状態。妊娠高血圧症候群はさらに「妊娠高血圧腎(じん)症」「妊娠高血圧」「加重型妊娠高血圧腎症」「高血圧合併妊娠」に分類される。

 かつては、妊娠中期以降の妊婦に高血圧、タンパク尿、浮腫(ふしゅ)(むくみ)のいずれか一つないしは二つ以上が現れた状態を「妊娠中毒症」と呼称していたが、母児の健康にはとりわけ高血圧の管理が重要であることから、日本妊娠高血圧学会および日本産科婦人科学会は2005年(平成17)に、「妊娠高血圧症候群(pregnancy induced hypertension:PIH)」に名称を改めた。このときの定義は、「妊娠20週以降~分娩(ぶんべん)後12週までに高血圧がみられる場合」とされていたが、その後の国際的な潮流として、妊娠前~妊娠20週までに存在する高血圧合併妊娠についても分類に加える動きが出てきた。このため日本でも2018年(平成30)より新しい定義分類とすることが提唱され、和文名称はそのままに、英文名称がhypertensive disorders of pregnancy(略称HDP)に変更された。

 新分類では、以前の病型分類から「子癇(しかん)」が削除され、これにかわって「高血圧合併妊娠」が加わった。

〔1〕妊娠高血圧腎症(preeclampsia:PE):妊娠20週以降に初めて高血圧を発症し、かつ、タンパク尿を伴うもので、分娩後12週までに正常に復する場合。またはタンパク尿を認めなくても次のいずれかを認める場合。(1)基礎疾患のない肝機能障害、(2)進行性の腎障害、(3)脳卒中、神経障害、(4)血液凝固障害。または子宮胎盤機能不全を伴う場合。

〔2〕妊娠高血圧(gestational hypertension:GH):妊娠20週以降に初めて高血圧を発症し、分娩後12週までに正常に復する場合で、かつ妊娠高血圧腎症の定義に当てはまらないもの。

〔3〕加重型妊娠高血圧腎症(superimposed preeclampsia:SPE):(1)高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降にタンパク尿もしくは基礎疾患のない肝・腎機能障害、脳卒中、神経障害、血液凝固障害のいずれかを伴う場合。(2)高血圧とタンパク尿が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降にいずれかまたは両症状が増悪する場合、(3)タンパク尿のみを呈する腎疾患が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に高血圧が発症する場合、(4)高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、妊娠20週以降に子宮胎盤機能不全を伴う場合。

〔4〕高血圧合併妊娠(chronic hypertension:CH)
 高血圧が妊娠前あるいは妊娠20週までに存在し、加重型妊娠高血圧腎症を発症していない場合。

 なお、収縮期血圧160mmHg以上の場合、拡張期血圧110mmHg以上の場合、および妊娠高血圧腎症・加重型妊娠高血圧腎症において母体の臓器障害または子宮胎盤機能不全を認める場合は「重症」とされる。

 妊娠高血圧症候群の発症原因は完全には明らかにされていないが、近年の研究では、胎盤形成時になんらかの原因で血管の形成不全がおこり、そこからいくつかのサイトカインやチロシンキナーゼが母体血中に放出されることによりおこる血圧上昇が病態の中心であると推測されている。

 安静または入院による全身管理が治療の中心となり、母児の状態にかんがみ必要に応じて慎重に降圧薬等が用いられることもある。根本的な治療法は確立されていないが、通常、症状は妊娠の終結(出産)とともに急速に改善する。ただし重症例では出産後も高血圧やタンパク尿が継続してみられることがある。

[編集部]2020年8月20日

ジャパンナレッジとは
   

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
    日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

 

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る