ジャパンナレッジは約1500冊以上の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書」サービスです。
➞ジャパンナレッジについて詳しく見る
  1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 交通機関
  8. >
  9. 電車・鉄道・飛行機
  10. >
  11. パイロット

パイロット

ジャパンナレッジで閲覧できる『パイロット』の世界大百科事典のサンプルページ

世界大百科事典

パイロット
pilot

元来は船の操舵者,水先案内人の意であるが,今日では一般に航空機の操縦者を指すようになった。日本の航空法はパイロットの資格を定期運送用,上級事業用,事業用,自家用の4種に分け,さらにそれぞれの資格を操縦しうる航空機の種類によって限定している。例えば輸送事業用の運航では,定期運送用の資格を有するパイロットが原則としてほぼ全機種を操縦しうるのに対して,上級事業用操縦士は離陸重量1万3650kg以下の,また,事業用操縦士は5700kg以下の機種のみに限定されている(ただし副操縦士としてであればより大型の機種も操縦しうる)。自家用操縦士は報酬を受けて飛行することが禁じられている。このほか,計器飛行や他人に操縦の教育を行うには別にそれぞれの資格が必要となる。機内に複数の乗員が乗り組んでいる場合,指揮,監督する立場にあるパイロットを一般に機長と呼んでいるが,航空会社や軍隊ではそれぞれ内規によって機長,副操縦士などの資格を詳細にわたって規定している。とくに公共輸送機の運航にあたる機長には上記の各資格のほかに,飛行する各路線についての免許の取得,一定の期間内における一定の飛行経験,6ヵ月~1年ごとの技能・身体両検査の受検など,さまざまな要件や義務が課されている。なお,機長のうち,とくに運輸大臣の指名を受けて他のパイロットの技能を審査する資格を有するパイロットを査察操縦士という。また,機長・副操縦士(ファーストオフィサー)のほかに,機関士と予備パイロットを兼ねたセカンドオフィサー(サードパイロットとも呼ばれる)という職種をもうけている企業もある。従来の大型機ではパイロットは操縦に専念し,他の業務は機関士や航法士など専任の乗員が分担していたが,最近では機器が大幅に自動化されたため他の乗員は不要となり,ジャンボのような大型高性能機でさえ2人のパイロットだけで運航されるようになってきた。
→航空機乗組員 →水先案内
[関川 栄一郎]

[索引語]
pilot 査察操縦士
上記は、日本最大級のオンライン辞書・事典・叢書サービス「ジャパンナレッジ」のサンプル記事です。

ジャパンナレッジは、自分だけの専用図書館。
すべての辞書・事典・叢書が一括検索できるので、調査時間が大幅に短縮され、なおかつ充実した検索機能により、紙の辞書ではたどり着けなかった思わぬ発見も。
パソコン・タブレット・スマホからご利用できます。


パイロットの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1187
検索コンテンツ
1. パイロット
日本大百科全書
握る定期便の機長や副操縦士のほか、自家用機やヘリコプターの機長をいう。松下正弘業務と資格航空法で、パイロットの業務と資格が定められている。操縦資格を航空市場によ
2. パイロット
世界大百科事典
輸大臣の指名を受けて他のパイロットの技能を審査する資格を有するパイロットを査察操縦士という。また,機長・副操縦士(ファーストオフィサー)のほかに,機関士と予備パ
3. パイロット
日本国語大辞典
西寛子〉一七「広島に原爆を投下した米軍のパイロットと」(3)ガス用の種火。(4)「パイロットランプ」の略。(5)試験的に行なうもの。「パイロット版」[発音]
4. パイロット[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot] (1)航空機の操縦士 (2)水先案内人 (3)【宇宙活動】スペースシャトルでコマンダーを補佐し,操縦を行う宇宙飛行士.
5. ボブスレー【2019】[スポーツ【2019】]
現代用語の基礎知識
イムレースで、4回滑った合計タイムで順位を競う。一番前に乗りハンドルを操作するドライバーをパイロット と呼ぶ。2022年北京冬季オリンピックから、従来の男子4人
6. パイロット【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
(1)水先案内人。操縦士。航空士。転じて指導者。(2)ガス用の口火。パイロット・ランプ
7. パイロット ガザ計画[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[Pilot Gaza]【政治】中東和平構想実現のため,ガザ地域での和平実現構想.
8. パイロットサーベイ[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot survey]【社会・生活】本調査の前に行う予備調査.
9. パイロットショップ[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot shop]【経営・企業】商品の売れ行きを調査するためにメーカーが設けた店舗.アンテナショップともいう.
10. パイロット自治体[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot local autonomy〈日〉]【政治】地方分権特例制度.特定自治体について分権を試行する制度.国の許認可・補助金の弾力的運用や手続きの簡素
11. パイロットトンネル[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot tunnel]【建築】本トンネルを掘削する準備のために通す小トンネル.
12. パイロットハウス[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilothouse]操舵室.船の舵を取る場所.
13. パイロット番組(← pilot+番組)【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
お試し番組。公開予定の作品(本編)に先んじて制作された映像媒体。〔同義語〕パイロットフィルム
14. パイロットファーム
日本大百科全書
別海町)床丹とこたんや青森県上北かみきた郡などで実施されたが、一般的には前者「根釧こんせんパイロットファーム」をさす。1956年(昭和31)に発足した床丹地区の
15. パイロット・ファーム
世界大百科事典
北海道東部の根釧(こんせん)台地,根室支庁別海(べつかい)町床丹(とこたん)で1955年以降実施された根釧機械開墾事業による集約的酪農実験農場の呼称。第2次大戦
16. パイロット‐ファーム
日本国語大辞典
〔名〕({英}pilot farm )先進的な試みとして理想的な近代経営形態をとった実験農場。わが国では、農林省の手によって北海道の根釧(こんせん)原野などに作
17. パイロットファーム[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot farm]【農業】実験農場.
18. パイロット不足[都市/交通]
情報・知識 imidas
長を遂げ、パイロットの需要が急速に高まったことによる。その一方、パイロットを養成するには長い訓練期間と膨大なコストが必要となり、簡単に増やすわけにはいかない。日
19. パイロット・プラント
日本大百科全書
こうした工業化の実現過程で、安全性、効率性、経済性を検討するため、データ収集用のパイロット・プラントが建設されている。他方では、パイロット・プラントの建設をせず
20. パイロットプラント
世界大百科事典
の実験装置による資料から,いきなり大規模の複雑なプラントを建設しても成功しない場合がある。パイロットプラントの主要な目的は,実験室で得た結果をもとにして,新しく
21. パイロット‐プラント
日本国語大辞典
〔名〕({英}pilot plant )新しい生産プラントの建設にさき立ち、工程・操作・製品の可否、難易などの資料を得るためにつくられる試験工場。[発音]
22. パイロットプラント[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot plant]【経営・企業】実験工場.試験工場.
23. パイロット‐ボート
日本国語大辞典
〔名〕({英}pilot boat )港湾などで船舶を誘導したりする小船。[発音]〓[ボ]
24. パイロットボート[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot boat]【機械・工業製品】入港の船舶を誘導する水先案内船.
25. パイロットランプ
日本大百科全書
電子・電気機器やシステムの動作状態を表示する光源をいう。一般に、小型、長寿命で、振動、衝撃に強く、かつ雑音発生のないことが重要な条件で、小型電球、ネオンランプ(
26. パイロット‐ランプ
日本国語大辞典
〉三「接続を要求して来る信号ランプをパイロットランプと言った」*アパアトの女たちと僕と〔1928〕〈龍胆寺雄〉七「化学室の附属変電室で白昼ともったパイロットラン
27. パイロットランプ[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[pilot lamp]【電気】電気機器などの作動の状況を示す豆電球.表示灯.パイロットライトともいう.
28. パイロット・ランプ【2019】[外来語・カタカナ語【2019】]
現代用語の基礎知識
電気器具に電流が流れていることを示す灯。
29. パイロットフィッシュ
日本大百科全書
→ブリモドキ
30. オートパイロット
日本大百科全書
軽くしようとする一連の航空機操縦システムが用いられており、これをオートパイロット(船舶では自動操舵そうだ装置)という。 オートパイロットの起源は古く、1930年
31. オートパイロット
世界大百科事典
(1)飛行機の方位,高度,旋回時のつり合いなどを保持する装置。操縦者の労力軽減を主目的としたもので,現在では高速・高高度飛行における安定性増大,進入着陸の自動化
32. オート‐パイロット
日本国語大辞典
〔名〕({英}autopilot )船や飛行機などの自動操縦装置。[発音]〓[パ]
33. オートパイロット[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[autopilot] (1)【機械・工業製品】航空機の自動操縦装置 (2)【IT関連用語】【コンピューター】ホストコンピューターへの通信の一連の手順を自
34. クールシティ中枢街区パイロット事業[環境]
情報・知識 imidas
るヒートアイランド現象の顕著な都市中枢部の街区で行われる、複数の対策を組み合わせた集中的なパイロット事業に対して、環境省が補助を行う仕組み。モデルとなる街区「ク
35. コスモノーツパイロット[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[cosmonaut pilot]【宇宙活動】ロシアのソユーズTM宇宙船の船長.ミール軌道科学ステーションに移乗してからはステーション長を務める.
36. ジャイロパイロット
日本国語大辞典
〔名〕({英}gyropilot )ジャイロコンパスを利用して、船舶や航空機などの所定の進路を自動的に保持する装置。[発音]〓[パ
37. ジャイロパイロット[カタカナ語]
情報・知識 imidas
]【機械・工業製品】ジャイロコンパスなどを使った船舶や航空機の自動操縦装置.オートマチックパイロットともいう.
38. テスト‐パイロット
日本国語大辞典
)飛行機の試験飛行を行なう操縦士。*娘と私〔1953~56〕〈獅子文六〉下・五「次便で、Mがテスト・パイロットとして、新型機の試験飛行中の事故であることが、判明
39. テストパイロット[カタカナ語]
情報・知識 imidas
[test pilot]新型機などの試験飛行を行う飛行機の操縦士.
40. マルチクルーパイロット・ライセンス(MPL)[イミダス編 科学]
情報・知識 imidas
とともに、団塊世代パイロットの退職とも重なり、大幅なパイロット不足が予測される。10年2月末、航空法の改正案が国会に提出されたことから、改正法の成立により、新た
41. 民間航空のパイロット不足[航空]
情報・知識 imidas
取得し乗務しているパイロットが出ている。そのほかにも、定年の延長や再雇用、軍などからの転職などの方策も採られている。日本は、経済が急速に成長している国に比べると
42. 瀝青炭液化パイロット・プラントのフローダイヤグラム[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
©Shogakukan
43. ILS画像
日本大百科全書
受信すると、自機の位置が正しい進入コースから上下左右にどれだけずれているかが指示器に表示される。パイロットはこの指示器を見ながらコースから外れないように操縦すれ
44. アクリロニトリル・ブタジエンゴム
世界大百科事典
軍需用としてGR-Aという名称で量産された。日本においても太平洋戦争中は軍需用に研究され,パイロットプラント規模で製造するところまできたが本格生産までにはいたら
45. アサドハーフィズ(al-Asad, Ḥāfiẓ
世界人名大辞典
スリムに多くみられるように,16歳で早くもバアス党に入党.士官学校卒業[1955]後,空軍パイロット
46. アジア地域パスポート構想[証券市場]
情報・知識 imidas
ウやインフラなどをアジア諸国に輸出し、国際金融センターとして台頭することを狙って提唱した。パイロット・プログラムの実施を経て、16年1月から参加国間で本格的な運
47. アジキウェ
日本大百科全書
カン・モーニング・ポスト』の編集を経て、1937年帰国後、ラゴスで『ウェスト・アフリカン・パイロット』紙を創刊、過激なナショナリスト紙に育成し、ナイジェリア各地
48. アジキウェ(Nnamdi Azikiwe)
世界大百科事典
を卒業後,アメリカの大学に学び,講師を務めた。1937年に帰国して《ウェスト・アフリカン・パイロット》紙を創刊し,民族運動を推進した。44年にナイジェリア・カメ
49. アジキウェ(Azikiwe, Benjamin Nnamdi
世界人名大辞典
〔1904.11.16~96.5.11〕ナイジェリアの政治家.北部ズンゲルの生まれ.父は東部出身のイボ人.21歳で渡米し,ハワード大学,ペンシルヴェニア大学など
50. アニメミライ[アニメ]
情報・知識 imidas
約6000万円の巨額を集めた。アニメは企画書やシナリオ等では完成映像がイメージしづらいこともあり、パイロット版(試作映像)制作の好機としても注目されている。 [
「パイロット」の情報だけではなく、「パイロット」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶

パイロットと同じ電車・鉄道・飛行機カテゴリの記事
モノレール(日本大百科全書・世界大百科事典)
高架に設置された1本のレールを通路として使用しながら走行する旅客輸送鉄道。たいてい2両から6両を1編成とする。ほかの鉄道システムとの相互乗入れは技術的にできない。用地の占有面積が少ないため土地の収用費用は低い。短期間で建設ができる
ユーレイルパス(日本大百科全書)
ヨーロッパ鉄道均一周遊券の名称。ヨーロッパの33か国(アイルランド、イギリス、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、北マケドニア共和国、ギリシア、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク
鉄道(世界大百科事典)
軌道(または軌条)や架線などの固定施設によって拘束され,決められた路線で運転される交通機関の総称。鉄道の経済的側面19世紀は〈鉄道の時代〉といわれる。鉄道は,産業革命の先頭に立ったイギリスから普及しはじめ,19世紀中ごろには西ヨーロッパ全土
地下鉄道(世界大百科事典)
単に地下鉄と略すことが多い。狭義には全線地下に建設された鉄道をいうが,一般には,人口稠密な地域において,主として通勤・通学などを目的とする旅客の大量迅速な輸送を使命とし,その大半の路線を地上に比較して地下に設けることが適当とされ建設された都市高速鉄道
蒸気機関車(日本大百科全書・世界大百科事典)
蒸気機関を原動機とする機関車。略してSLともいう。[松澤正二]▲歴史蒸気機関を鉄道車両に応用して蒸気機関車をつくったのは、イギリスのトレビシックで、1804年初めてレールの上を走らせた。その後、1825年にスティーブンソンのロコモーション号は
電車・鉄道・飛行機と同じカテゴリの記事をもっと見る


「パイロット」は乗り物に関連のある記事です。
その他の乗り物に関連する記事
パイロット(世界大百科事典)
元来は船の操舵者,水先案内人の意であるが,今日では一般に航空機の操縦者を指すようになった。日本の航空法はパイロットの資格を定期運送用,上級事業用,事業用,自家用の4種に分け,さらにそれぞれの資格を操縦しうる航空機の種類によって限定している
飛行機(世界大百科事典)
人間が乗って空気の中を飛ぶ乗物を総称して航空機といい,その中で,ジェットエンジン,プロペラなどの推進装置の力で前進し,その際,固定翼(回転したり,羽ばたいたりすることのない翼)に生ずる動的な上向きの空気力,すなわち揚力によって自分の全重量を支えて飛ぶ
人力飛行機(世界大百科事典)
人間のパワーを利用して飛ぶ飛行機で,FAI(国際航空連盟)のスポーツ委員会によると,次のように定義されている。すなわち,(1)空気より重い航空機であること。熱空気あるいは空気より軽いガスで浮力を助けてはならない,(2)離陸から着陸までの全区間
新幹線(日本大百科全書・世界大百科事典)
日本の主要都市間を結ぶ、時速200キロメートル以上の高速旅客列車専用の特別な鉄道路線。海外でもShinkansenの名称がそのまま使われている。全国新幹線鉄道整備法(昭和45年法律第71号)には時速200キロメートル以上の鉄道と定義されている。一方
蒸気機関車(日本大百科全書・世界大百科事典)
蒸気機関を原動機とする機関車。略してSLともいう。[松澤正二]▲歴史蒸気機関を鉄道車両に応用して蒸気機関車をつくったのは、イギリスのトレビシックで、1804年初めてレールの上を走らせた。その後、1825年にスティーブンソンのロコモーション号は
乗り物に関連する記事をもっと見る


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題の「日本最大級のインターネット辞書・事典・叢書サイト」です。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る▶