日国友の会

先先代【せんせんだい】

読者カード 用例 2018年03月11日 公開

2016年09月19日 古書人さん投稿

用例:吾儕どもの師匠先々代(せんせんだい)圓生が致ましたのを、圓朝が幼少い折に聞いて覚へて居ますお話で御座います。
『餘興(「文藝倶楽部」(第二巻第一編)より)』 1896年1月10日 三遊亭圓朝口演、酒井昇造速記
語釈:〔名〕今の代の二代前。先代の先代。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、石川淳『狂風記』(1971-80)からの例が添えられていますが、さらに、84年ほどさかのぼることになります。

著書・作品名:餘興(「文藝倶楽部」(第二巻第一編)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1896年1月10日

著者・作者:三遊亭圓朝口演、酒井昇造速記

掲載ページなど:159ページ

発行元:博文館