日国友の会

らごしょう【羅[目侯]星】

読者カード 用例 2019年03月15日 公開

2017年07月29日 古書人さん投稿

用例:羅喉(ラゴ)星
『撮壌集(「続群書類従 巻889」より)』 1454年 飯尾永祥
語釈:〔名〕九曜星の一つ。この星に当たる者は最凶という。らごせい。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版で、『運歩色葉集』(1548)からの例が早いのですが、さらに、94年さかのぼることになります。

著書・作品名:撮壌集(「続群書類従 巻889」より)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1454年

著者・作者:飯尾永祥

掲載ページなど:272ページ

発行元:続群書類従完成会