日国友の会

きゅうしんは【急進派】

読者カード 項目 2021年09月13日 公開

2018年11月08日 古書人さん投稿

用例:一方で、急進派の一部がこれを詰問してゐるといふ此の俯瞰撮影は、一見したところでは、いかにも急進派の方が正しく、賞讃大衆の方が、いけないので―彼等によれば「反動的」で―あるらしい印象を起させる。
『撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)』 1929年12月1日 武田忠哉
語釈:〔名〕急進(2)の傾向の強い人々の一群。また、,急進主義を報ずる人々の集団。

コメント:取り敢えず

編集部:第2版では、立項されませんでした。ちなみに「急進(2)」の語釈は「目的、理想などを急速に実現しようとすること。←→漸進。」となっています。

著書・作品名:撮影所中心主義から小型映画運動へ(「映画評論」(第7巻6号)より)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1929年12月1日

著者・作者:武田忠哉

掲載ページなど:596ページ

発行元:映画評論社