日国友の会

おきのどく【御気毒】

読者カード 用例 2019年02月10日 公開

2019年02月10日 江東遊民さん投稿

用例:君の詩を読んで面白いと云ふものが一人もなくっちゃ、君の新体詩も御気の毒だが君より外に読み手はなくなる訳だらう
『吾輩は猫である』 1905-06年 夏目漱石
語釈:〔形動〕(「お」は接頭語)(1)他人の身の上、様子などがかわいそうなのを同情する気持。また、そのさま。

コメント:2版に例ナシ。

編集部:2004年10月5日付けで、ぽんちさんに、長谷川如是閑『搦手から』(1915)からの例をご紹介いただいていますが、さらに、10年さかのぼることになります。

著書・作品名:吾輩は猫である

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1905-06年

著者・作者:夏目漱石

掲載ページなど:521ページ、7行目〔『漱石全集 第一巻』、1965〕

発行元:岩波書店