日国友の会

かんぼう【閑忙】

読者カード 用例 2019年10月09日 公開

2019年08月20日 若桜木虔さん投稿

用例:〔二・意見十二箇条〈三善清行〉〕故祿之多少各異、閑忙殊務、故物之精麁不同。
『本朝文粋』 1060頃年 藤原明衡
語釈:〔名〕ひまなことと忙しいこと。

コメント:

編集部:第2版では、『公議所日誌‐一三』・明治二年〔1869〕五月付け記事の例が早く、漢籍は引かれていませんが、大漢和辞典では、『福恵全書』の例が添えられています。

著書・作品名:本朝文粋

媒体形式:その他

刊行年(月日):1060頃年

著者・作者:藤原明衡

掲載ページなど:154ページ上段8行目〔『新日本古典文学大系』、1992〕

発行元:岩波書店