日国友の会

にやりにやり

読者カード 用例 2020年03月30日 公開

2019年11月18日 ねじり草さん投稿

用例:売出掛はニヤリニヤリ笑つて切符を出さんともせず〈第二信〉
『新聞記者の十年間』 1899年 平田久
語釈:〔副〕(多く「と」を伴って用いる)「にやり」を重ねて、強調、または反復・継続を示す語。

コメント:さかのぼります。461頁上段に明治32年11月とあります。

編集部:第2版では、永井荷風『濁りそめ』(1900)の例が早いのですが、さらに、1年さかのぼります。

著書・作品名:新聞記者の十年間

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1899年

著者・作者:平田久

掲載ページなど:290ページ下段15行目〔『明治文学全集36 民友社文学集』、1970〕

発行元:筑摩書房