日国友の会

ハイラックス

読者カード 用例 2020年03月30日 公開

2019年11月21日 ねじり草さん投稿

用例:ハイラックスの子は、よく育って毛におおわれ、目をすぐ開く状態で生まれるが〈二〉
『哺乳類』 1979年 小原秀雄
語釈:〔名〕(英 hyrax)ハイラックス目(イワダヌキ目)ハイラックス科の哺乳類の総称。体形は齧歯類に似るが、原始的な有蹄類。アフリカのサハラ砂漠以南と、シリア、アラビアの岩場や森林にすむ。体長四〇~五〇センチメートルで、尾はない。耳は丸くて小さく、口の形状はウサギに似る。体色は灰白色から褐色まで変化に富み、ウサギのような毛が密生する。キノボリハイラックス属、イワハイラックス属、ハイラックス属の三属あり、八種に分類される。性質は穏和で、ペットとして飼われることもある。

コメント:用例がなかったので。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:哺乳類

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1979年

著者・作者:小原秀雄

掲載ページなど:28ページ後から3行目

発行元:岩波書店