日国友の会

きゅうしんりょく【求心力】

読者カード 語釈 2020年07月30日 公開

2020年07月04日 とねさん投稿

用例:一方では、官僚(れう)がなほ明治以來の求(キウ)心力を保持し他(た)方では、政黨(せいとう)が面目こそ潰(つぶ)されたが、明治以來築き上げた求(キウ)心力を失(うしな)ひ切つてゐない。
『読売新聞』 1936年10月9日 長谷川如是閑
語釈:比喩的に、ある物事を中心に進行させる力。他人を引きつける力。

コメント:「遠心力」に語釈(2)があること、特に現代では社会的・政治的文脈で(「遠心力」との対ではなく)単独で用いられることが多いように感じることから。

編集部:第2版では、物理的な意味のみの記述となっていますが、新しくブランチをもうけたほうがいいですね。

著書・作品名:読売新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1936年10月9日

著者・作者:長谷川如是閑

掲載ページなど:東京夕刊1ページ

発行元:読売新聞社