日国友の会

はるにみっかのはれなし【春に三日の晴れなし】

読者カード 項目 2021年04月11日 公開

2021年04月11日 ぽんちさん投稿

用例:春无三日晴(ハルハミッカノハレナシ)〈句双紙〉雨滋也<br>〔一〕
『譬喩尽』 1786年
語釈:春の晴天は三日ともたない。春は雨が多い。花曇り七日。〔『故事俗信ことわざ大辞典 第二版』@JapanKnowledge〕

コメント:数日前にNHKの天気予報で耳にした。『日国2版』には見出しがなかったので。

編集部:第2版では、立項されませんでした。引用元の『譬喩尽』は江戸後期のものですが、引かれている『句双紙』自体は、室町から江戸にかけて禅僧が座右の書とした成句集ですね。『故事俗信ことわざ大辞典 第二版』は、その『句双紙』(16C)を引いて初出としています。

著書・作品名:譬喩尽

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1786年

著者・作者:

掲載ページなど:1123ページ4段目後ろから5行目〔北村孝一監修『故事俗信ことわざ大辞典 第二版』、2012〕

発行元:小学館