日国友の会

せいじほう【正字法】

読者カード 用例 2022年01月12日 公開

2021年12月05日 尽波満洲男さん投稿

用例:詞ヲ正当ニ筆記スルノ義ナリ故ニ通常訳シテ正字法ト云フ
『独逸語書取早学』 1886年9月 馬島珪之助
語釈:〔名〕「せいしょほう(正書法)」に同じ。

コメント:溯ります。

編集部:2018年12月12日付けで、古書人さんに、下村宏『南紀人材論』(1914)の例をご紹介いただいていますが、さらに、28年さかのぼることになります。ちなみに、「正書法」の語釈は「特定の言語内で定められている単語の正しい表記方法。または、一言語における正しい表記方法の体系。綴字法(ていじほう)。正字法。オーソグラフィー」となっています。

著書・作品名:独逸語書取早学

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1886年9月

著者・作者:馬島珪之助

掲載ページなど:独逸語書取早学ひ緒言(ページ番号なし)

発行元:誠之堂