日国友の会

のうにゅう【能入】

読者カード 項目 2023年01月23日 公開

2022年12月14日 ぽんちさん投稿

用例:大乗仏典によっても、「信は道の元、功徳の母」(『華厳経』)「仏法の大海は信を能入となす」(『大智度論』)などは有名な言葉です。
『慈雲尊者の『十善法語』を読む』 2020年4月8日 小金丸泰仙
語釈:〔名〕仏の教え、または、悟りの智慧に入るための手がかり。信ずること、信心をいう。〔小学館『例文仏教語大辞典』〕

コメント:2版に見出しがないので。

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:慈雲尊者の『十善法語』を読む

媒体形式:単行本

刊行年(月日):2020年4月8日

著者・作者:小金丸泰仙

掲載ページなど:297ページ3行目

発行元:大法輪閣